スーパーカブの未来は・・・?

近年の日本における二輪車販売台数は、
年間40万台と言われております。

この数字が多いのか少ないのか?
ベトナムやタイでの年間販売台数は、
年間300万台~500万台くらい。

さらにインドネシアに至っては
800万台くらいだそうですよー。
正確な数値ではないので参考程度に聞いて下さいませ。

数値だけ見れば、世界の二輪車市場で、
日本がいかに小さいかわかります。
作る側としてみれば、どちらのニーズに合わせて、
車両を作るのかわかってきますよね。

昨今の品質に限っていえば、世界のニーズは
日本人が求めている高品質ではないのかも知れません。

テレビがそうであったように、
グローバルな視点でとらえると、
高品質のテレビは一部の富裕層が購入するにとどまり、
その他の一般人はまずはテレビを手に入れること、
そして壊れなくて映れば充分!
という考えがグローバルスタンダードなのかも知れません。

二輪車も例外ではなく、品質に関しては、
日本人が求めているレベルにはないのかも知れません。
安全はないがしろにしてはならないと思いますが・・・

しかも新興国においてもオートマの流れになっています。
カブの変速機を開発するより、
スクーターの駆動系を開発する方が、
商いとしては美味しいのかもしれません。

電動バイクも高性能な電池が開発され、
コストの問題が解決すれば瞬く間に普及しそうです。
内燃機関のバイクに乗っていられるのも
あとわずかだったりするかも知れませんよー。

内燃機関のカブに乗っている今を
大切に楽しまないといけないのかも知れません。


ヤマハPES1
ヤマハの電動バイク PES1 ヤマハさんお借りしました。


ヤマハ発動機2013東京モーターショー


東京モーターショーで展示されていた
ヤマハの電動バイクに乗ってみたいです。

音もなく物凄い勢いで走っているプロモーションビデオを
見せていただきましたが、電動バイクの時代は
すぐそこにある感じがしました。

スーパーカブの未来は、どうなって行くのでしょう?

下記2つのブログランキングに参加しています。
   バイクもまだまだ進化するのでしょうね。
     あー楽しみです!ワクワク♪


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村



コメント

丸目から角目デザインになったのも東南アジア諸国のユーザーの好みに合わせたというはなしですよねー。日本のユーザーの方がはるかに少数ですから、、
電動は楽しみですけど、航続距離と充電時間がまだまだですかねー。現行ガソリンエンジンなら私みたいに、東京ー青森20時間一気走りとか可能ですけどバッテリーではまだまだ無理かなあ。
21世紀になったんだから、原二も空ぐらい飛んでくれないかなあ、なんて思ってます(笑)

同意

僕も考える事があります。
化石燃料を焚いて走るバイクはCO2問題を抱えていますが、その燃費性能からECOな乗り物だと言う事で、今は由としてくれませんかね? (^^)
この楽しい乗り物を奪わないで下さいと切に願っています。

No title

寂しくもありますが、時代の流れですねぇ~。

蒸気機関車から電車へ・・・。

そのうちに、

「爺ちゃんが若いころはなぁ、ガソリンを炊いて走るクルマがあってな、走らせるヤツの腕で引き出せる性能も違ったモンじゃったが、今は誰が動かしても同じでつまらんのう・・・。」

・・・なあんて時代が来るのでしょうか?

No title

バイクやクルマも、
環境に優しい乗り物に移行していくのは必然かもしれません
でも、内燃機関の楽しさだけは手放せられないですね(^-^)
モーターショーに行って来ました
未来のカブがありましたよ(@_@)
それと、バイク雑誌「U4」に
雨ガエル2号さんが載っておりましたね♪

No title

電動バイク(カブ)になっても全然抵抗ありません。

でも、安全の為にエンジン音の擬音を流す必要がある
気がします(静か過ぎるので)。

一時期ヨーロッパでプリウスが静か過ぎて危険だと因
縁付けられていましたね。

電動にする利点は多いです。マフラー、クラッチ、ミ
ッションが不要。特にマフラーですが触媒にパラジウム
と言う高価な貴金属を使っているのでアホみたいに高い
ですけど、こんなもん要りません。既にモーターは良い
物が出来ています。蓄電池をもう少し何とかしたらいけ
ると思います。

で、おそらく安価で本当の意味でのメンテナンスフリー
のバイクが出て来るんじゃないでしょうかねー。


.

No title

C100がデヴューした時に
一体何人の人が50年後にこのカブが乗れると想像していたでしょうか!
安心してください。
50年後も、きっと。

長距離カブ110 様

こんにちは。

はい、どうしても沢山売れる場所の好みになってしまうのは仕方のないことですね。

バッテリーの開発は色々進んでいるようですねー。
しかし、内燃機関からモーターへ時代が移る時は、
産業構造が大きく変わるのかなーと思います。
電池が時代の鍵を握っているかもしれませんね。

空を飛ぶようになったら免許は現行どうりで良いのでしょうか?(^^;)

ottoberry 様

こんにちは。

はい、ottoberryさんに共感します。

内燃機関は化石燃料を燃やしていますから
環境負荷はあります。

バイクのエンジンは、心躍ります。
回転の高まりと、排気音はライダーの醍醐味です。
恐らく音も無く走るバイクにこの躍動感は感じられないかもしれません。

時代がどのように動いていくかわからないですが
いつまでも楽しみたいと言う気持ちは凄くわかりますよー(笑)

気動車おやぢ 様

こんにちは。

> 寂しくもありますが、時代の流れですねぇ~。

はい、2ストから4ストへ時代が変わりましたから
今度は・・・

移動の手段として見た場合、
2輪車が残るのかどうかもわからなくなりますねー。

ヨーロッパでは3輪スクーターが流行ってきましたから・・・
世界の流れを見ていると時代が動いている感じがして、
少々寂しい感じを受ける私であります。ハイ(^-^)/

まも☆ 様

こんにちは。

モーターショー行かれましたかー(笑)
毎回、思いますが、メーカーの姿勢が垣間見えますねー。

今でも2ストを元気に乗られている方がいるのですから
時代が電動バイクになっても、内燃機関のバイクを維持し続けて行く方は
沢山いることと思います。

私のような凡人は、維持が出来なくなって、
あっさりと時代の波に飲まれ、
電動バイク最高!なんて言いながら乗り回しているのでしょうねー

o(*^▽^*)oあはっ♪
色々と雑誌に載せていただいてます・・・(^^;)

ねこ級

こんにちは。

既に市販されている、電動バイクですが
恐ろしく静かでビックリします。
これは、危険ですらあると思ったことがあります。ハイ(^-^)/

そうですねー、動力がガソリンエンジンから
モーターに変わることで、必要のなくなるものが沢山あるように感じます。

やっぱり蓄電池の性能次第なのでしょうか?
もし・・・電動カブの性能が、航続距離200キロ少々で
充電のインフラが整備され、尚且つ価格が現行カブ程度なら
購入しても良いかもしれませんねー。

シャコタンカブ 様

こんにちは。

そうですね、50年後も乗り続けている方がいることでしょうね(笑)
それを見て、感心している私のような人間もいることと思います。ハイ(^-^)/

wave

こんにちは。
途上国でもカブタイプよりもwaveタイプが売れてきてます。
スクーターも増えました。
でもそんな進化が楽しみにもなってきます。
環境の関係でキャブ車が少なくなりましたが電動に変わるのは未だ先みたいな気がします。
願望も半分有りますけど。

Kimuchi 様

こんばんは。

途上国でもカブタイプよりもwaveタイプが売れてきてます。
> スクーターも増えました。

そのようですねー。

電動化のネックは、インフラ整備と
コストの問題だと思いますので、まだ先のことでしょうね。

電気で音も無く無断変速で走るカブ・・・
味気ないようにも思いますね。
非公開コメント

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: