初心者のための街乗り講座・・・なんてね!

このところライテクレッスン行ってませんねー。
でも、難しいことばかりだと面白くない!
楽しくなければカブじゃないですから。


そこで、妻の2号さんを街乗りに連れ出して、
実践的にレッスンです。


題して、
初心者のための街乗り講座・・・なんてね!


雨ガエル2号さん、街乗り実践講座中・・・
雨ガエル2号さん、街乗り実践講座中・・・


市街地を走っていると、様々な
「ヒヤリ」「ハッ」とすることがありますよねー。


それに気がついていれば問題ないのですが、
2号さんたら、全く気がつかずに通過していることがあります。
そんな時、信号待ちなどでアドバイスです。


例えば、普段ガンガン走っているタクシーが、
制限速度付近で走っている時は、客を探している時・・・かも?
いわゆる「流し」ですねー。
こんな時、客を見つけると、急に左に寄って
止まる場合があるので、気をつけないといけません。
だから、ゆっくり走っているからって、
車間を詰めたりしてはダメですよー。


また、トラックなどに煽られ、怖いからと端に寄っても、
抜いて行くトラックドライバーの資質によっては、
幅寄せ等の進路妨害をあからさまにして行く
輩も少なくないので、譲る場合も
場所を考えないといけませんねー。


渋滞を走行中です。
渋滞を走行中です。


交通社会の中で、モラルとかルールなどを叫んでみても、
自分の身を守る防衛運転に徹しないと、
怪我をしてからでは遅いです。


バイクは生身で走っているのですから、
積極的に危険を回避するよう努めなければなりません。
少しでも早く危険から逃れるためにも、
危険予知の引き出しを沢山持って、
事故になるような状況を事前に察知し、
近づかないようにしたいものです。


不幸にして危機的状況に遭遇した場合でも、
回避できるようなライテクスキルを
高めておくようにしましょう。


お父さん帰りに買い物して行きましょう・・・で買い物して帰るところです。
お父さん帰りに買い物して行きましょう・・・
で、買い物して帰るところです。



交通事故を他人事と思わず、明日は我が身と思って、
気を引き締めていきたいと思います。


皆さんも、無事故で楽しいバイクライフを送りましょうね。


↓下記2つのブログランキングに参加してます。
 気をつけていても事故には遭遇するかもしれません。
 でも、遭遇する可能性を低くするよう心掛けたいですね。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村・カブ系ブログ一覧へ




コメント

思い当たります。

貴殿のブログを毎日、楽しみに拝見しております。
新しいバイクは小さくてかわいいですな。
私は、初心者ですから難しい話は理解しかねますが、
トラックに詰められたり、タクシーに嫌がらせを受けたりは日常茶飯事ですな。
防衛運転、全くその通りだとおもいます。
カブとは言え、少しは上手にならんといけません!
貴殿から、これからも学んでいこうと思います。

雨ガエルさんこんばんはです(*^▽^*)

街乗りはホント注意しないと、怖いですよね(゚Д゚;)

特にタクシーなんかは、ウィンカーを出さずに曲がったりとか、バス停でバスが停車してて、バスの前から人が出て来たり、ホントにヒヤッとした事が何回もあります(゚Д゚;)

あとは・・
動物の飛び出しですね・・σ(^_^;

誰かさんみたいに接触事故には気を付けて下さいね~(^◇^;)ハハハ~

ホントにそうですね

ガススタやコンビニが左側にある場合、突然左折する車もちょくちょく見られますからね~(;´∀`)
普段そのような場合はすり抜けはしないようにしています。

No title

おっしゃる通りですね。
防衛運転、大事です。
先日、夜に左によって走っていますと、右ライトが切れた四輪が遠くにいると勘違いして脇道から飛び出てくる
車と激突するところでした。それからは、夜には少し中央寄りを走るようにしております。
皆さんの無事故をお祈りしています。

さすがですねぇ~

こんばんわ
バイクの危険度を十分わかってらっしゃる1号さん、さすがですぅ!

何よりも、「危険予知」は非常に重要ですねぇ
先日も、C-70で福島に行く途中、渋滞している車の左をすり抜けていて(一番危険ですが)、フッと予感がしてブレーキ、一瞬の間でウィンカーも出さず左折した車がいました。
なんとなくですが、直前に若干右に寄ったように思えます。
北関東の方は、左折するときに少し右による方が多いように思われますが、地域により差があることでしょう。
一種の予知能力は、養っておくことが自分のためですよねぇ~

カブは特に幅寄せなど嫌がらせに会いやすいですからね。
気を付けないといけませんね。
初心初心…言い聞かせて。

No title

無事に家に帰って風呂入って一杯やれるのが幸せですね。
一歩道路に出たらゴルゴ13並に神経を尖らせていないと
殺されます。

No title

私が住む大阪でも、通勤時は怪しい動きの車と、初心者サイクリストで危険だらけ(^_^;)
でも、注意していると次の動きが大半読めますよね。
しかし、「大半」なので、読みが外れることも・・・。
ですが、公道では他車の動きを予測し、自分の走行位置や、抜くタイミングを考える事が、自分の身を守る事につながりますからね。
予測を意識して、経験を積むことが大切ですよね。

No title

おはようございます。
やはり、カブは煽られやすいのですね(*_*)
 自分はJAFMateの危険予知のコーナーを毎回欠かさず読んで、研究しています。免許持って30年以上経ちますが、毎日が勉強です(^_^;)

悪人タクシー

タクシーはニャアァァ.....奴ら稼ぎが少ないと、後方に二輪が憑いたと見るや、信号の真ん中でわざと急ブレーキ踏んづけ、尻で当たり屋をして示談金踏んだくろうとゆう悪人が居るからご注意。

街中で危険なのは幼児で、突拍子で駆け出したり物陰から出てきたり.....送迎バスを見たら要注意ですニャ。

還暦デビュー 様

おはようございます。
毎日、応援ありがとうございます。m(_ _"m)ペコリ
バイクを乗って楽しいと感じるのにベテランも初心者もありませんので、
楽しめる内容は思いきり楽しんでいただき、
難しいなーと思われたらコメント下さいませ。
妻が超初心者なので、乗り初めて間もない方が、
一緒に見ていただけるかなーと思ってるのですよー(⌒^⌒)b うん
寒いですが、バイクライフを楽しんで行きましょう。

lovecub 様

おはようございます。

そうですねー、動物の飛び出しは注意が必要です。
一昨年、地元の道志道と言うところで、大型バイクと鹿がぶつかって
ライダーが重症を負ったという事例がありました。(^^;)
動物の飛び出しは、笑いごとでは済まされないですね。

タクシーやバスの乗客・・・
あらゆる要素が事故の要因としてありますので、
これがと言うのは特定できませんから大変です。
とにかく気をつけて行きましょう。

サモハン 様

そうですねー、コンビニ付近は、事故発生率高いです。
私も乗用車にぶつかってしまったバイクを目撃したことありますし、
私自身も右折と直進で跳ねられそうになったことあります。
ガススタ、コンビニインプットしておきましょう。(⌒^⌒)b うん

No title

職場でも毎日危険予知と対処をやってます。
事故って条件が3つ以上になった時に起きやすいと言いますね。
経験と判断がとても大切ですが、それ以上に心構えが大事だなと思います。
事故は起こさない貰わないで行きましょう。
2号さんも安全で快適なカブライフを送りましょうね~

夷地のおやじ 様

夷地のおやじさん、おはようございます。
北海道は、かなり寒いというか真冬ですねー・・・

確かに、北海道はライトが大切ですね。
小樽から函館を夜間走行させていただきましたが、
真っ暗で速度域が高くて怖かったです・・・

ありがとうございます。
おやじさんも、寒いですが、体調管理に気をつけて、
元気にバイクライフを送って下さい。

中高年ライダー&スケーター 様

おはようございます。

防御運転や危険予知に終わりはないですよねー、
ライテクスキルと一緒で、乗らなくなると低下してしまうでしょうね。
だから沢山乗っている今が、妻に伝授するには一番良いのかなーと思っています。
自分も、初心者のころはベテランライダーと一緒に走って、色々学ばせてもらいました。

スケーターさんの言われる予感は凄くわかります。
何か感じるんですよねー。
それが何かといわれると、些細な事だったり、抽象的なことだったり・・・
第6感とでもいうのでしょうか?
このへんの感覚は、教えられるものではないですよね。

左折時のふくらみは、教習所で教えているはずなのでしょうが、
擦りたくないから、中々出来ないと言うところなのでしょう。
それでも気をつけないと危ないですね。

いーじゃん 様

それそれ、初心忘れべからずです。
幅寄せされたからと言って、
幅寄せを仕返したらカブの場合、あの世行きですものね~。
逃げろーが基本です(⌒^⌒)b うん

シャコタンカブ 様

(  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!!
シャコタンサンの後ろに、立ってはいけないのですね・・・(笑)

ホント神経を使います。
でも、バイクに乗るとボケ防止なるそうですからねー。

No title

KYT ですね。

最近、自分の周りで事故の話を聞くことが多いので
安全運転、ゆとり運転に努めています。

いや~、

勉強になりますね!2号さんは免許を取ってすぐに乗り始めて、スイスイ走られている所を見ると、思い切って乗ってみれば、意外に私も走れるのかも知れませんね!

交通戦争の中で

教習所を思い出します。

ミラーでは見えない部分、物陰(ブラインド)になって見えない部分などをシュミレーションで講習を受けたおかげで、今のところは無事故ですが、常に自らが危険なポジションにいるという意識は大切ですね☆

JAFメイトを毎月購読してますが、二輪車のことも乗っていて、参考になります☆
無理をせず焦らずカブライフを楽しみたいものです☆

taka 様

そうです、交通の流れや動きを読むことはとても大切ですね。
みなさん、それぞれの感性で養ってきていることと思います。
その先読みが、見ごとに外れてしまった友人もいます。
それでも読まなければ、事故にあうリスクはもっと高くなると思いますので、
いつも感性を磨いておくようにしないといけないですねー。
バイクに乗っていると、脳を鍛えられるらしいですよー(笑)
お互い、気をつけて行きましょう。

レンゾー 様

こんばんは。
そうですね、毎日が勉強です。
交通ルールを守っていても、煽ったり幅寄せしたりする人間は、
ルール違反であることを承知してやっているので、
腹を立ててもつまらないです。
そんなことより殺されてしまったらもともこもないので
スキルを磨くことに優先したいですねー。
JAFメイトに掲載されていますね。
私も見ていますよー(笑)

丹下ニャン平 様

タクシー運転手さんの中にも、色々な方はいるでしょうねー。
お巡りさんが痴漢をしたり、飲酒運転する時代ですからねー┐('д')┌
子供の事故はやりきれないですから、親がしっかりと
交通社会の危険性を子供に教えてもらいたいと思いますねー。
とにかく、運転は気を使いますよね~。

postpapa 様

そうですねー、postpapaさんは仕事柄交通教育は
専門的に受けられていることでしょう。
各職場によって交通教育のやり方は違うでしょうが、
近年の複雑な交通状況からか、
頻繁に研修や教育を受けているようで疲れますねー(泣)

ぷるぷる 様

そうです。
KYTは近年頻繁に行われていますねー。
このように、皆で危険について語ることも、
危険予知訓練になりますので、大いに役立つと思います。
ゆとり運転、大変素晴らしいと思います。(⌒^⌒)b うん

暁(あかつき) 様

最近、教習所では危険予知の訓練を取り入れているようですねー。
いわゆるシュミレーターがそれにあたりますね。
私は、シュミレーターの経験が無いのですが・・・(^^;)
JAFメイト私も購読しています、そうですね大変役に立つと思います。
無理をしないのが一番ですから、自分のペースでカブライフを楽しみましょう。

としちゃん 様

こんばんは。
そうですねー、免許を取りましたら教習所乗りが身についているうちに、
どんどん乗って体に覚えさせてしまうのが良いようですよ。
頑張って、乗ってみて下さい。(⌒^⌒)b うん
非公開コメント

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: