昨日の続き・・・カブで「金精峠」を走る!

昨日は、「いろは坂」をレポートいたしました。
今日は、「金精峠」です。


金精峠は、国道120号線で栃木県と群馬県を結ぶ交通の要で、
日光から沼田に抜ける大自然の中を走る素晴らしい峠道です。


冬季は雪に覆われ、閉鎖となり通行できませんが、
群馬県側には、沢山のスキー場があります。
冬場は、スキー&スノボーダーには馴染みがあるかと思います。


戦場ケ原で小休止
戦場ケ原で小休止。
前方にある松の木が・・・説明文読んでない(^^;)



戦場ケ原の駐車場で休んでいると、何だかワクワクしてきます。
これから金精峠を走るから興奮してきたのかな~。
いくつになっても子供ですね・・・┐(‘д’)┌


前回、金精峠を走った時、私のカブはノーマルでした。
でも、結構楽しかったのを覚えています。


今回は、色々と改良していますから、
何処まで楽しくなってしまうのでしょうー。


さて、走り出しましょう!
沼田方面に向かって走り出すと、湯の湖を左手に金精峠に入ります。
前半は、峠の登りですから高回転まで引っ張らず、
無理をしないで走ります。


奥日光、戦場が原とボア・アツプカブ125+BRDチューン。
奥日光・戦場が原とボア・アップカブ125+BRDチューン。


数台のスポーツバイクが軽快に抜いて行きます。
トンネルを抜け、群馬県に入ると、いよいよ下りです。
ここからは、二輪車として性能を発揮できます。
と思ったら・・・黄色の線で追越し禁止。


でも、先頭の車がバイクに道を譲っています。
バイクの皆さん挨拶して抜いて行きます。
私もバイクの方と一緒にありがとう!って
挨拶しながら抜いて行くと・・・


運転手さんたら、鬼の形相で睨んでいます( ̄◇ ̄;)エッ
私も、一緒に行って良いと思ってしまいましたが・・・
違ったみたいです。


あれ~やっぱり、カブには譲ってねーよ
と言わんばかりの猛チャージ・・・
ごめんなさい!怒らないで下さいM( ̄― ̄)m ゴメン


カブってゆっくりトコトコのイメージ強いですよねー。
一般のドライバーさんは、カブに抜かれることなど
想定していないと思います。


でも、スポーツバイクの後ろをついて走っていると、
車の姿も見えなくなり一安心ですε=Σ( ̄ )ホッ


タイヤが良い感じで使えます。
タイヤが良い感じで使えます。


金精峠の下りは、大きく回り込むアールの緩やかなコーナーや、
長い直線の先にヘアピンのようなコーナーあるので、
先日のいろは坂よりスピーレンジが高いです。


心と体がルンルンで、ボア・アップで太った中速域のトルクは、
コーナーからの立ち上がりを気持ち良くし、
操っているという幸せを感じます。


ただし、長い直線後のコーナー進入時に調子に乗り過ぎると、
ブレーキが・・・です。


それに、路面が結構波打っている箇所があるので、
高速コーナーを気持ち良く通過すると、
前後輪が違うラインをトレースしているんじゃないかと
思えるほど、グニャグニャした動きになってびっくり仰天・・・
ヘルメットの中で大笑いできますヾ(@^▽^@)ノわはは


いやー、オレのカブ最高です!
こんなに良く走って、乗りやすい・・・ボア・アップ万歳です。
今の所、ノーマルと比較して、
著しくバランスは崩れていないと思います。


道の駅、秩父で休憩・・・20時ころ。


でも、エンジンを回し過ぎないようにしています。
ボア・アップ前のように回るところまで回すような乗り方をせず、
各ギアーともメーター表示の許容速度内に収めています。
やっぱり、耐久性が一番気になりますから。
それでも充分楽しく走れています。


あくまでも個人的感覚ですよ。
パワーを追求している人には、物足りないかもしれません。


ギヤー比をもう少しハイギヤードにして、
燃費を稼ごうかと思っていましたが、
峠を走ってみて、アクセルの開け方に対して、
バイクがリニアに反応するので、とても乗りやすいと感じます。
もう少しノーマルのキヤー比で遊んでも良いと思いました。
燃費は悪くなりますが・・・


ボア・アップカブ思ったより乗りやすいです。
I LOVE CUB!


↓下記2つのブログランキングに参加してます。
 ボア・アップカブとても扱いやすいです。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村・カブ系ブログ一覧へ




コメント

No title

金精峠気持ちよかったでしょうねー。ほとんど手付かずの自然の中って感じですもんね、雨ガエルさんがニコニコしながら走っている姿が想像できました。
今度ためしに夜走ってみてください。恐怖で顔がひきつりますよ(笑)

お疲れさまでしたm(__)m
コーナーは微妙なブレーキングが大事ですよ~( ̄▽ ̄;)

良い感覚

こんにちは。
私はバイクではわかりませんが営業の仕事のときに
そういう感覚を感じることが有ります。
相手の感覚と自分の対応が妙に有って来たり、自分の言いたいことが上手に伝えられたり。
感覚的なものですけど・・・。

すみません。バイクと関係なくて。

No title

110のフレームがよれますか!
スピードレンジの高さが伺えます(笑)

パスタおやじ様

はい、とても気持ち良かったです。
昔、この峠である種のライテクに目覚めたことがあり、
とても相性の良いところなのです。!
知らない人が視たら不気味でしょうねー、
ヘルメットの中で笑っているのですから、、、

とは、言え夜は厳しそうですねー!
パスタさんはあの峠を暗い中走ったのですよねー。

芝の隆様

ブレーキがコントローラブルだと、もっと楽しかったかな~。
それとも、攻めすぎてコケてかもしれない(笑)

Kimuchi様

いえいえ、そういう物事を上手く文章や形で表せないことって沢山あります。
それでも感覚としてとらえることができるのが人間の素晴らしいところではないでしょうか?

Kimchiさんが自身の経験値で感覚的な部分について、
共感していただけたこと嬉しく思うと共に、人間的深さを感じました。

人との対話も、バイクとの対話も感覚的にとらえる部分と言うのは、
同じなのかもしれません。(笑)

シャコタンカブ様

いえいえ、大きなうねりだったので、振られただけかもしれません。
スピードは、下りですから少しは出ていたかもしれません(汗)

No title

世間のカブに対するイメージですね~
でもイメージだけで判断してはいけませんね。
金精峠は群馬に居た時にCB550で走ってました。
カブで走ったらどんな感じなんだろう・・・
峠に行くとやっぱりフロントにディスクが欲しくなりますか(笑)

postpapa様

はい、カブのイメージは国民に根付いています。(笑)
これはしかたのないことですから、上手く付き合って行きます。
それにデメリットだけじゃないですよねー!
箱付きカブだと業者さんと間違えて、観光地でもどこでも入って行けます。

550と比較すると、、、カブの素晴らしさが突出てしまうかも!
走りの質は違うのですが、とても気楽に走れてしまう感じです。

ディスクブレーキは、あればあったで楽しいのでしょうが、
それなりにバイクに負担をかけてしまうだろうなー、
ドラムでもかなり楽しいです。(((^^;)
非公開コメント

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: