あなたはどのように楽しんでますか?

皆さん、カブ乗ってますか?

寒くなってきましたから

暖かくして乗ってくださいませ。

↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログランキングへ



カブに興味のない方から見れば
カブはどれも同じに見えるでしょうね~
JA07・10・44なんて形式で言われてもわからん。




カブのレッグシールド
それぞれのカブ



各モデルとも特徴あるんですけどね~(笑)
一般的に最新モデルが最良ですよね~!
でも・・・



最新が最高とは限らないっ。
それは、好みの問題があるからです。
私も最新型が最高とは思ってません。



自分がどんなカブに乗りたいのか、
どのように走り使いたいのか、
好みにあうカブに乗れたら幸せですよね。



基本的に古いとメンテは大変になるしお金もかかります。
各部の劣化もあるでしょうし、
パーツの供給もどこまで保証されるのか心配。




宮ヶ瀬にて



それでもカブのパーツは豊富ですから、
物凄く古くなければ問題なく手に入ります。
スキル次第で自分で出来ます。




ただし、メンテナンスのスキルは人それぞれ・・・
かなりの差があることを忘れないで下さいよ。
「カブはメンテが簡単だから大丈夫っ!」




そんな言葉に乗せられてやってみたら(^_^;)
やっぱり無理でした・・・なんてことアルアルです(笑)
メンテのお勉強をされたい方は別ですよ!




古いカブを愛でながら乗るっ!
これは最高に贅沢で羨ましいと思います。
実際乗ってる方々に話を聞くと・・・



「バンバン乗って問題ないよー。
普通に乗れるしそうそう壊れない。
メンテナンスも簡単ですよ。」





カブと山中湖
カブと山中湖



バンバン乗れて簡単なメンテで乗れるっ!
それなら私も欲しい・・・
私も古いカブ好きなんですよ~。



でっ昭和の頃のカブを乗って見たところ・・・
軽微な故障がちょこちょことあったりします。
例えば!



エンスト、燃料漏れ、電装品のトラブル・・・
どれも馴れている人には可愛くもある日常です。
これを笑って楽しめる人は幸せだと思います。



昭和カブ1
昭和カブ



そもそもトラブルも含めて楽しむものであって
ガンガン走るの意味が微妙に異なる解釈だった・・・
私は、長距離ツーに乗っちゃダメじゃない?




でっぶっちゃけ古いカブのオーナーに聞くと、
やっぱりインジェクションの方が扱いやすいそうです。
そうでしょ~!



それでも楽しいのはわかります。
私もちょっと古いカブを愛でながら
楽しみたいと思います。



長距離を走る時は最新型が良いっ!
同じバンバン乗るでも微妙に違う解釈・・・
カブって面白いですよね~。



あなたはどのように乗りますか?




当ブログは下記2つのブログランキングの
カブ系・バイク系カテゴにリに参加中~。

今日も読んでいただきありがとうございます。
明日も元気に参りましょう。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ


FC2バイクブログ ランキングへ






コメント

それもカブ~あれもカブ♪きっとカブ~

私も古カブ&新カブをシチュエーションに合わせて乗り換えています。
07(FI)は今のメイン!ツーリング主体です。CT110は林道遊びに、中距離ツーもOK!
C50はこれからの季節にご近所ツーで活躍してくれます!

いづれのカブもそれぞれに個性が違い、どれに乗っても違う楽しみがありますね~♪
ホント!カブはライフスタイルにすっと馴染む最高のパーソナルビークルです!

タイヤの太さがネック

JA10からタイヤ表示が変わり太くなってます
07に乗ってますが2.50とかの安さが助かります
知り合いが10に乗ってますけどタイヤ交換は高いよ~💧と言ってました
そのうち乗り換えるとも思いますが、やはり最新の44に乗ると思います
HONDAさんが太いのがいいんだよ なら太いほうがいいんでしょう

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

かぶ゚♡

大変ご無沙汰しております。11/27本日天候がすぐれず家でダラダラしてしまっております。
平日休みの為イベントに中々参加出来ません。しかしご近所さんでカブ菌を撒き散らし増殖中です。車種もおのおの好きなカブに乗っておられ、現行カブ・リトルFI・タウンメイト90・90カスタム・CT110など車種構成に合わせ 平日に100〜400キロツーリングをたまに開催しております。

私と言えば自己都合で現行クロスJA45からJA44に乗り換えてしまいました。ツーリングメインで使用しております。やはりインジェクション+110+4速はツーリングの使い勝手が良いです。125にすれば良かったかも知れませんが。

実は鉄カブ90DXも有ります。こいつの乗り味がまた大好きで3速25キロ位からトロロロロ〜と楽しんでいます。レストアしつつ比較的近距離往復300キロ以内の平地用です。

又 リトルカブの88ボアアップ+ハイカム+マフラー+FIコントローラー+強化サス仕様も楽し〜い。近場のクネクネ仕様でしたが、カブ増殖計画で友人に譲ってしまいました。

困った事にカブ楽し過ぎです。皆さん自分の大好きなカブ乗って楽しく走りましょう!!
どこかで合えばカブ主仲間です。カエル樣もリハビリテーション辛いと思いますが又お会いする日を楽しみにしております。

No title

いやいや、結構ほんとにガンガン乗りましたよ~!
と言ってもFIモデルに乗っていないので
参考になりませんね(^^;
でも、乗りやすさも信頼性を含めて性能は
間違いなく新しいモデルに軍配が上がることでしょう!
でもでも~あたしゃも少し時間が欲しい~( --)
なんだか変わらないコメばかりですみません!

dirtcub 様


こんにちは。

素晴らしいっ!
07と言っても初期からだと10年です。
古いカブと言うのは何年物から言うのでしょうね~
私の角目は30年以上ですがマニアから見ると
まだまだ新参者らしいですから・・・

丸目小僧 様

カブのタイヤ交換色々ありますね~。

2.25と2.50ではタイヤの価格は凄く違いますね。
それでも大型バイクのタイヤ交換を考えると嬉しい限りです。

サイズアップすると特性が変りますから
その辺を楽しむのも面白いですよね。

鍵コメ 様


こんにちは。
C125のフロントは110に比べてかなり硬いと思います。

チューブレスタイヤはパンクしにく、修理が容易などなど
メリットが多いですね~
でも、タイヤ交換はビードが硬いのでコンプレッサーが無いと上がりません。
出先でビードを落としてしまうと手持ちの工具で修理は不可能など
デメリットも存在します。

鍵コメ 様

> 私も、カブで楽しんでます。

はい、お互い楽しみましょう。

竜足 様


こんにちは。

ありがとうございます。
りはびりがん張らせてもらっています。

JA44系のエンジンはとても良く出来ていて
パワーも出ていると感じます。
ノーマルでJA07、JA10より気持ち良く走る感じを受けます。
C125は回して楽しいエンジンではないですが
排気量の割にトルクフルなエンジン特性ですからユックリはしるには最高です。

それぞれのカブの特性を味わって楽しんで行きましょう。

Nちたん 様


バイクは性能だけじゃない・・・
性能だけと言われたらカブ自体の存在が怪しくなりますから(笑)
乗って何ぼですね。
楽しければそれで良いと思います。
時間ないのですね~、なんとか乗れる時間作って下さいませ。
非公開コメント

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブに乗り換えた

バイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と

亭主につられてカブに乗り出した雨ガエル2号(妻)の

二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: