【3月11日】東日本大震災から7年・・・

春っぽい天気ですね~。

うーん、花粉が凄くて泣けてきます(´;ω;`)ウッ…

毎年のことですが、辛い!

↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログランキングへ


7年前の3月11日 14時46分

東日本大震災が発生しました。

犠牲となった方々にお祈り申し上げます。




カブで長距離を走るようになったきっかけが
被災地へ行くための手段だったかもしれません。
震災後、現地へ中々行けませんでした。



道路寸断や燃料インフラの崩壊もあり個人的に行くのを断念していました。
結局、被災地へ行けたのはその年の秋。



被害の一部を見ただけで人間の無力さ弱さを感じずにはいられませんでした。
私達の防災とは何だったのか?



結局、行くだけ行って何をしたのか・・・
何も出来ませんでした。
それでも、次の年も被災地を回って来ました。




20125気仙沼
震災から一年以上経った2012・5の気仙沼



被災から1年以上経つのに、まったく手付かずの
街並みを見て、溜息以外なかったです。
毎年、この地を訪れて見届けようと考えたのはこの時でした。



それから数回、東北の被災地を巡り
復興している場所、手つかずの場所を
見ながら心の中で応援をしていました。



20125 大船渡
2012.5 大船渡



そんな時、熊本でも地震が発生し大きな被害が出てしまいました。
こんな短時間に大きな地震が発生するなんて・・・
熊本も応援したい、そんな気持ちで熊本に訪問しました。



その際、被災地を案内してくれたのがKCC熊本の方々でした。
震災復興を掲げて全国に広めてもらいたい。
東北の方とも力をあわせて復興応援をしていきたい。



私の思いKCCの思いが同じことに共感を受け、
KCC神奈川として東北熊本の懸け橋として
全国に復興応援を広めたいと思いました。



KCC復興の精神
KCC復興の精神



具体的に何かするのか・・・?
なにも出来ません。
でも、震災を風化させない。



20170605080118786.jpg
2017カフェカブ京都にて
復興フラッグ掲げさせていただきました。
事務局様ありがとうございました。
今年もフラッグ掲げられたら嬉しく思います。




東北と熊本が一緒になって繋がれば元気も出るでしょう。
そしてツーリングで被災地を訪れることで
交流がはかられ共感していただけたら嬉しいですよね~。



これからも細々とですが、復興応援のシンボルとして
ツーリング先、イベント等などでフラッグ掲げて行きたいです。
復興応援に共感いただけましたらフラッグ掲示と
記念撮影に協力いただけたら幸いです。




当ブログは下記2つのブログランキングの
カブ系・バイク系カテゴにリに参加中~。

これからも復興応援にご理解いただければ幸いです。
↓ 共感いただけましたらポチッとお願いします。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ


FC2バイクブログ ランキングへ

コメント

出来る事は少ないですが・・・

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

後輩がいわき市出身という事もあり
ここ数年、何度かお邪魔してます。

津波の傷痕を自分の目で見てショックを受けました。

また、お隣茨城の大洗や那珂湊にも
ちょくちょく足を運ぶようになりました。

出来る事は少ないですが
出来る事を続けたいと思っております。

Yahoo!で3.11検索しました(//∇//)

(*´ー`*)

一人一人は僅かな草の根の運動でも時がたてばとても大きな森になると思います。
('ε'*)

No title

阪神淡路大震災のとき、多数の知り合いが被災しました。
亡くなるものが、いなかったのが救いです。
被災翌日には、現地に救援物資を送り、現地では仲間が
手分けをしてバイクの機動性を生かして物資を運搬しました。
復興のありさまを何年にわたってみてきました。

地下鉄サリン事件のときは、中野坂上の職場に向かているときで
何が起きたかわからない、大規模テロの中に置かれました。
いまだに様々なことを考えさせられ続けています。

東日本大震災では、
知り合いが幾人か被災しました。
亡くなった者もいます。
あまりにも大きな災害で、原発事故まで絡み
考えも、言葉もいまだにまとまり切れません。

広島の水害による土石流で亡くなる方が出た災害、、、
福岡へ帰省しているときに起き、災害救助部隊が
多数走る高速道路を並走して、何が起きてるんだ?
と思いました。
その爪痕を広島を旅しながら戻るときに目の当たりにしました。

熊本は、地震の前も、毎年毎年、水害に見舞われ
そのたびに、立ち上がっては、水害、、、
そして、大地震です。

福岡に帰省して、両親との初めての旅行先です。
二年ほど続けて、両親と阿蘇を旅しました。
その間の水害と復興を見てきて、そして阿蘇の噴火、、、
そして地震、、、
大好きな阿蘇、熊本の心からの復興を願い続けています。

今年は、家族でいろいろ災害について
今一度話したりしました。

忘れないこと

生かすこと

考えは深く深く、、、、迷走を続けます。。。

一風 様


こんにちは。

お知り合いがご出身なのですね。

> 津波の傷痕を自分の目で見てショックを受けました。

人の無力さを痛感します・・・

何かをするというわけでは無いし
何かを出来ると言うわけでもありません。
でも、訪れて応援している気持ちだけでも届けたい。

3.11検索、それも応援です。
私も検索しました。

粛々とライフワークでしょうかね。

(´・ω・`)芽は出ています!様

> 一人一人は僅かな草の根の運動でも時がたてばとても大きな森になると思います。


ありがとうございます。
一人でも粛々と続けて行きたいと思います。
訪問して祈る、それだけのことですが続けて行きます。

いしばしぃ 様

こんにちは。

災害は起こるものなんだと諦めるようになりました。
防災はとても困難であると痛感しました。
減災は可能かもしれません。
皆で意識を少しだけ高めてもらって
自然災害発生時に被害を軽減出来たら嬉しいですね。

あってしまったことは仕方ないです。
私にできることは応援するきもちを届けるだけに
なっしまいますがそれでも何もしないよりは自分がらくです。
これまでも、これからも・・・

東北の春

私は宮城ですが、昨日は震災の時間に1分間の黙祷をし、あの時の事を、また被害で全てを失った人たちの気持ちを思い涙が流れました。復興は思うように進まないところも多いですが、東北の人間は皆我慢強くそして明るく前に進んでおります。なのでどんどん宮城県へお越しください!もちろん岩手・福島・東北へ遊びに来てくださいね~!

No title

心の傷が癒えていない方々の番組を見て
いろいろと考えさせされました。

でも、わたしのできることは少ないですが
少しでも何かをして行こうと思います。

なので、今シーズンの目標は!
カブで東北をまわること~!!!(^^)
どこかでまた会いましょうね~(^^)/

dirtcub 様


被害に遭われた方々の辛さ苦しさをわかりようが無いのかもしれません。
でも、辛かったであろう苦しかったあろうことをわかろうとする気持ちは大切だと思っています。
けして風化させてはいけない、これからもいつまでも。
はい、東北遊びに行きますよ。
フラッグ立てて応援しようと思っています。

Nちたん 様


震災を経験された方の心の傷は、
私には計り知れないものであると思います。

はい、東北行きますよ~
東北でなくても応援出来ますから
北海道でもフラッグ掲げて応援しましょう。
非公開コメント

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: