3泊4日ツーリング・東北お邪魔しました。

先日、旅先から須賀川カブフェスの

模様をお伝えしました~

あれから山形へお邪魔して帰って来ました。

↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログランキングへ


須賀川カブフェスに参加された皆様、
関係者の皆様、大変お疲れ様でした。
おかげで楽しく盛り上がることが出来ましたね~。



前夜の打ち合わせ
前夜の打ち合わせスタッフの皆様と。



そんなカブのお祭りが終わり
帰路につくカブの集団を見ながら
何となく寂しい気持になる雨ガエルでありました。



雨の中ご苦労様です。
大雨をものともせず集まるスタッフの面々ご苦労様です。




楽しかったね~。

盛り上がって良かったね~

皆さん、またお会いましょう。




準備完了
準備完了  おくさんさんいつもお世話になりますm(_ _"m)ペコリ



そんな感じですかね~。
会場の後片付けが終わり、
スタッフの方々と昼食を食べて解散です。


私は、このまま帰らずに山形へツーリング。
神奈川の仲間とお別れして
福島の皆さんとR4を北上し山形へ向かいました(笑)


翌日、山形で一日過ごしたのち
帰路につきました~。


この時期の東北山間部・・・寒かったです。


朝5時30分出発です。
外気温7℃でちょっとヤバイっ!
春装備にカッパですから辛かった。



山形から米沢へ向かって快走中
山形から米沢へ向かって快走中



米沢付近へ来ると青空が広がり
俄然ペースが上がります(笑)
しかし、檜原湖へ抜ける白布峠が寒い。



良い感じの温泉旅館
良い感じの温泉旅館


もう我慢できないくらい寒い。
走っていて体がブルブルしてきて、
クネクネを楽しむ余裕が無くなりました。



白布峠の残雪
白布峠付近の残雪



この時の外気温手元の温度計で6℃でした。
装備が軽すぎましたね~
やはり真冬の装備が必要でした。


ちょっと甘く考えていたかな~。
標高が下がって会津若松を走っていると
( ‥) ン?・・・雨です。


ふぇ~、また雨ですか~┐( -"-)┌ヤレヤレ...
もう、カッパはしまっちゃったよ。
今日は降らないと思ったのに~。


…( ̄。 ̄;)ブツブツ言いながら
カッパを着込んで再出発します。
R121鬼怒川あたりまで来ると・・・



やっと太陽が・・・
やっと太陽が・・・



ジンワリと暑い。
ヤバイっ!カッパを着てると辛いかも
コンビニでカッパを脱いで休憩です。



日光の神橋
日光の神橋 信号待ちでパシャリ


暑かったり、寒かったりと疲れるな~
今回のツーリングは、ウエアーのチョイスが難しい。
昨年、こんな感じだったかな~????



渡良瀬渓谷の緑が優しい
渡良瀬渓谷の緑が優しい



日光を抜けてR122渡良瀬渓谷沿いを走り
帰って来ましたよ~。
帰宅時間は15時です。



夕飯いただきます。
入浴後、夕飯食べてグッスリ寝ました~。


帰路は、帰ることを目的に
ひたすら走りましたので早めに帰宅できました。
早々に風呂に入りご飯を食べたら
猛烈な睡魔に襲われてそのままバタンキューでした。



東北ツーリング
東北ツーリングルート


ツーリングデータ

総走行距離 約850キロ

燃料使用量 約14リットル

平均燃費  約61キロ/リットル

ガソリン代 約1,900円
宿泊代   約4,500円
飲食代   約8,000円

合 計    14,400円



当ブログは下記2つのブログランキングの
カブ系・バイク系カテゴにリに参加中~。

ご訪問ありがとうございます。
寒さで疲れ倍増でした・・・


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ


FC2バイクブログ ランキングへ

コメント

風を感じるのがバイクだぜぃ!

などと意気がってみたところで寒いものは寒いですね(^_^;)
カブフェス当日夕方の神橋でじゅえるクンが写真撮ってた時で14度ぐらい、日の落ちた金精峠は残雪どころか道の脇は雪の壁で6度でした( ̄▽ ̄;)

来年は念のためラクダの上下でも持って行こうかと考えてます(≧▽≦)

そうなんですよ~!

そうなんですよね~!
なんだか、結構寒い感じです。
これが山ならなおさらです!
ここ数日は晴れた昼間は暖かいですけどね~

ともかく!無事楽しまれたようで何より~!!!
そして写真の新緑~!いいですね~!
山形、そばを食べに行きたいのですね~(^^)

山間部はまだ冬

こんにちわ
須賀川カブフェス、お疲れ様でした。
翌日は山形へ行かれたのですか。
峠は寒かったと思います。
まだ冬季の通行止めが解除されていない道路がありますので・・・
今の時期は春と真冬のウエアを用意しておかないと
私は寒がりなので、3シーズンウエアのインナーを外してそれも持って行きました。
復路ではレインウエアを脱いだのでインナーを入れて帰ってきました。

おかえりなさ~い(^o^)丿

東北は5月でも雪が残ってるんですね~

写真の新緑が眩しいです。

雨ガエルさんのブログを読んでいると
すごく煽られてしまいます。

これからも応援させて頂きます!

No title

ミーティングにツーリングとお疲れ様でした。

私も久々に夜Cubで福島まで帰省しましたが
スリーシーズンジャケットに中はユニクロダウン着てても
2時間も走るとガタブルでした。

この時期、ウエアーのチョイス難しいですね。

No title

お疲れさまでしたー(^^)/
いろんな方のブログでカエルさんのスタッフ姿を拝見しておりました☆
それにしても帰りの天気のよい写真、お見事ですね!新しいお色が映えております!(^^)!

八馬力 様


風を感じ過ぎましたね~┐( -"-)┌ヤレヤレ...
ほんと寒いとどうにもならなくて疲れました~。
じゅえるさんや彼の友達は皆パワフルで羨ましいです。

私も夏でも夕方以降は寒いので防寒装備は持って行こうと思います。
もう、若くないですから・・・

Nちたん 様


もう寒くて寒くて歯をガチガチやりながら耐えていました。
麓へ下りて来た時は顎まで疲れていました・・・
いやはや次回からはしっかり防寒装備を用意して行こうと思います。

山形ですね~
酒田でも行きますか~(笑)

mabotaro 様


山形へ行くのに栗子トンネルを抜けたのですが
さすがに寒かったですね~
帰路はまっすぐ猪苗代へ抜けたのですが
残雪多く寒すぎました。

それでいて日光に来るころには
暑すぎて汗をかくほどでした。
バイクって厳しい乗り物だと痛感いたしました。

一風 様


こんにちは。

はい、しっかり残雪ありました~。
気温が6℃ですから相当寒かったです。
それでもふきのとおやらこごみなどの山菜がニョキニョキと
顔を出していて思わず拝借いたしました・・・

カブはバイクとしての性能は決して高くないのですが
不思議と出かけたくなります。

これから応援だけでなく一緒にカブを楽しんで行きましょう。

yoshidon 様


やはり寒かったですよね~。
正直、寒さで疲労こんぱいとなりました。

春の東北、舐めてましたね・・・m(_ _;)m ゴメン!!
また、東北へお邪魔しますので
お目にかかれましたら絡んで下さいませ。

オッカブP 様


こんにちは。

今回は、スタッフをさせていただきました。
車両の誘導は中々難しいものですね~
上手くやらないとグニャグニャになってしまうし
予定台数を停めることが出来なくなってしまいます。
大変良い勉強になりましたよ~。

帰りの天気・・・
青空は結局この時だけだったのです(-"-;A ...アセアセ
非公開コメント

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: