風化をさせないために・・・

我々は、日々様々な脅威に

さらされて生きているのですが、

つい忘れがちになってしまう・・・

↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログランキングへ


3月11日(土)で東日本大震災の
発生から6年が経ちます。
地震によって亡くなられた方に祈りを捧げたいと思います。


また、被災された方々にあらためて
お見舞い申し上げます。
まだまだ復興半ばとは思いますが応援しております。


自然災害は、近年日本中いたるところで発生しています。
昨年は、熊本でも大地震が発生してしまいました。
自然災害に対して人は無力であることを痛感いたします。



気仙沼
気仙沼 津波に打ち上げられた船



それでも、何が出来ないものか・・・
そんなことを漠然と考えます。
確実に言えることは、この教訓を忘れてはならないと言うことです。


そんな気持ちでいたところ
何となくというかどうしようもなくと言うか、
被災地を訪れずにはいられませんでした・・・。


未曽有の大災害の事実を
自分の目で見て確かめて
現地の状況をいつか自分の言葉で
伝えていけたらと思うのです。



陸前高田の一本松
陸前高田の一本松



そして、共感していただけた方が
また、被災地を訪れて自分の目で確かめる。
そんな感じに繋いで行けたら良いのかな?


震災から数か月後・・・私は東北へ行きました。
その時、陸前高田市の仮設コンビニのおばちゃんに
「来てくれることが嬉しい」
と言われたのを忘れられません。



大船渡
大船渡



少しは、復興のエネルギーに
なるかな~と勝手に思い込んでいます。
実際は、何も出来ないのですが
気持だけでも伝えたい・・・
そんな感じなんです。


今年も東北や熊本へ行きたいな~。
ずいぶん復興したな~と感じる場所。
まだまだ復興半ばだな~と感じる場所。
ほとんど手つかずの場所。


自分の目で見て、被災地の現状を感じてみたいです。
そして、多くの方と語って行きたい。
それが震災を風化をさせないための
方法なのかな~と思っています。



当ブログは下記2つのブログランキングの
カブ系・バイク系カテゴにリに参加中~。

本日も訪問ありがとうございます。
皆さんも少しだけ考えてみて下さい。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ


FC2バイクブログ ランキングへ

コメント

早6年‥未だ6年

こんばんは〜‥早いもので明日は、東日本大震災から6年が経とうとしておりますね、今日は、どこのテレビもこの震災の特集をしております。丁度あの時あの時間非番の私は、リビングでうたた寝中に地震発生‥電気は止まるは‥何があったのかわかりませんでした。夕方に、家族揃ったところで、車のワンセグテレビでことの大きさを知りました。未だ、復興は道半ばです‥後、何年経てば皆んなが安心して住めるのでしょうか?お亡くなりになられた方々に合掌。少しづつ前に進んで行きましょう。

浜の方よりはひどくありませんでしたが
水道の復旧が遅れ、原発のことでも不安な日々だったのを思い出します
雨ガエルさんが出会ったコンビニの方の
来てくれることがうれしいという言葉、被災地の総意だと思います
本当にありがとうございます

そうですね。

当時、私の現場でも相当な揺れを感じて
尋常ではない感じを受けたのを思い出します。

その後のあの大津波、その映像・・・

いま、かの地と思っていたところで仕事をしていて
明日はここで慰霊祭が行われるようです。
明日は私も仕事場ですが黙祷をささげようと思っています。

ほんの少しですが
こちらにいるあいだ
いろいろなところに行ってと
思っています。

No title

こんにちは。とても大事なお話、忘れてはならない話ありがとうございます。
自分は阪神大震災でした。もう日本全国各地で大きな地震がありますがその反面、みんなが共感できるから応援、協力、復興も早くなってると思います。
微力ながらできること、を考えて自分も行動したいと思います。

No title

地震当時、カブで配達途中でした。
尋常でないその揺れに、建物から離れようと思ったのですがカブ支えてるだけで精いっぱい。
建物の雨樋から泥水が降ってきたのを昨日のように覚えています。
同級生が住んで居た海の近くの辺りは今でも草ボウボウ。
建物の土台だけが残っています。
そういう風景は6年前と変わっていないんですよね。
周辺の道路は随分整備されて、重機の音が響いています。
少しずつですが前に進んでいるのが救いです。
当時、その風景を目の当たりにした時、10年で元に戻らないだろうなと思いました。
未だに見つからない方達がいらっしゃいます。
そんな方達、家族の為にも私たちが頑張っていかないとなと、改めて思っています。

たっちゃま 様


当日は大きな揺れに驚き、次から次へと入るニュースに
大変なことが起きてしまったと動揺しました。
あまりにも大きな被害に他人ごととは思えない気持ちとなりました。

あれから6年未だに復興半ばと言う状況です。
地域のコミュニティーも分断され
地域や個人に格差がみられるように感じます。
いつか皆が心安らかに住める日が来ることを願っています。

マルコメ 様


そうですね震災経験者ですものね。
大変だったこと、辛かったこと・・・
沢山伝えて行ってください。

私は、個人的に思うところがありまして
未だに無力を感じずにはいられません。
人は自然には無力なのか、
防災、減災何でもいいです。
震災を教訓に、人が心豊かに過ごせる
社会を願わずにはいられません。
これからも被災地を静かに応援していきたいと思っています。

Nちたん 様


本日黙祷を捧げさせていただきました。
二度と起きて欲しくないと思いますが
二度と起きない保証が出来ないのが自然災害です。

それにあわせて人災と呼ばざるを得ない原発のメルトダウン
考えられませんでした。
この世の中に絶対はないんだとあらためて思い知らされました。

我々一人一人が人類の教訓として
心に刻みながら生きて行かないといけないと思っています。

オッカブP 様


とんでもございません。
個人的に思うところがありますので
自分に対しても言ってるのであります"\( ̄^ ̄)゛ハイ!!

個人の出来ることは限られています。
でも、多くの方の思いがあれば少しずつ
進んで行けるのかなと思っています。

postpapa 様


地震当日ももとより震災後の
業務は熾烈を極めたことと思います。
私も別の観点から見たわけですが、
人間の力が及ぶものではありませんでした。

もう二度と起きて欲しくないと思っていたのに
熊本で再び大きな地震災害が発生してしまいました。
本当に自然とは凄い物でありむごいものだと思いました。

関係機関の皆様には、これからもまだまだ尽力いただき
少しでも復興が進むことを心から願ってやみません。

頑張ってとは言いません。
無理をしないで欲しいと思っています。

神&仏

6年前、ニュース映像を見ながら、この世には神も仏もいないことを悟りました。そうでなければ、あれだけの命が理不尽に奪われることはなかったでしょう。
いまもふと思うのです。人間にとって宗教とはなんなんだろうと。これだけ明らかに神も仏も否定されたのに、人はなぜまだ信仰をやめないのだろうと。
肉親を亡くした人々のことを思うと、いまもやりきれなさで心が沈みます。

tama_photo1 様


こんにちは。

神も仏も・・・そんな気持ちになりますね。
どうしてこんなことになってしまうのか、
信じていても救われないな~と思いました。

どうか穏やかに過ごしてもらいたいと思います。
そんな簡単に言うことはできないのかもしれませんが・・・
本当にやりきれないです。
非公開コメント

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: