晩秋を堪能する。

このところカブの整備ばかりで

ツーリングへ行ってませんでした。

もう限界っ!

↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログランキングへ


ツーリングの前日の夜・・・

1号 「明日、ツーリング行ってくる。」

2号 「私も行きたいな~。」

1号 「ゴメン、思い切り走りたいの・・・」

(-.-)p”ブーブー

2号 「ハイハイ、行って来な~
    でっどこに行くの?」


1号 「しらびそ高原っ!」


と言うことで走りに行って来ました。
昨年、妻と近くを走ったのですが
しらびそ高原へ行けなかったんですよね~。


今年は、紅葉もゆっくり見てないし・・・
天気も良いからちょど良いね。
でっ5時に出発です。


いやー、寒い寒い・・・
もう冬ですね~。
オーバーパンツ履いて出かけます。


手袋は春秋用で問題ないです。
だってグリップヒーターに
ハンドルカバーのコラボですから(笑)


首元にはネックウォーマー装備です。
宮ケ瀬からR20を通り韮崎あたりで
夜が明けてきましたよ~。



韮崎付近から望む富士山
韮崎付近から望む富士山 空気が澄んで冬みたい・・・



ひぇー寒いっ!
まるで冬の朝のように空気が澄んでます。
おかげで富士山が綺麗に見えます。



入笠山林道
入笠山林道、標高が高くなったら曇っちゃっいました。



R20をさらに進み、富士見まで来たところで
入笠林道を経由して高遠へ抜けます。
以前から通りたかったのですが機会がなくて~



千代田湖畔
千代田湖湖畔、キャンプ場もあって凄く綺麗なところでしたよ~。



ここからR152を南下します。
紅葉がそろそろ終わりですが、
天気も良くて素晴らしい眺めを堪能します。



R152沿いの紅葉
R152沿いの紅葉



しらびそ高原までやってまいりました。
しらびそ峠はカラマツの黄色い世界が広がり
とても幻想的な感じです。



しらびそ峠
しらびそ峠、松の枯葉がヤバイほど滑ります。



でも、散った松の葉は、ヤバイほど滑ります。
対向車が遠慮なく入ってきますから
ラインを外すとスリリングですよ~。


初心者にはお勧めできない峠です。
当日、大型バイクの方が松の枯葉に乗り上げて
転倒されてましたのでちょっと助けました・・・


さてさて峠を登り詰めるとしらびそ高原です。
天気も良く空が抜けるように青い。
いやー綺麗ですね~。



しらびそ高原
しらびそ高原



でも、すげー寒いっ!
昼近くなのに日蔭は凍ってました・・・
夜はどれくらい冷えるのよ?



日蔭は凍ってます。
日蔭は、白く凍ってます。



冬はすぐそこまで来てますね。
晩秋のしらびそ高原を堪能しました。
さて、次のミッションは・・・


伊那市の「たけだ食堂」さんで
ソースかつ丼食べます。
まえから行きたかったのですが
中々行けなかったんです。



伊那市「たけだ食堂」さん
伊那市「たけだ食堂」さん



13時ころ到着です。
人気店らしく、1時間待ちました~。
お得ソースかつ丼1,590円を注文。




たけださんのお得ソースカツ丼



うん、美味しいです。
ころもがカリっとしていて、
お肉はジューシーでグッド。



あーお腹一杯っ!
高遠経由でR20を帰りますが
大月付近から大渋滞・・・(泣)


我慢できずに都留から秋山へ回り
クネクネを宮ケ瀬まで帰って来ました。
あー、楽しかった。



しらびそ高原ツーリング
しらびそ高原ツーリング



当ブログは下記2つのブログランキングの
カブ系・バイク系カテゴにリに参加中~。

しらびそ高原は間もなく冬を迎えますね~
走るなら早めに行って下さい。
次、雪が降ったらクローズですよ~。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ


FC2バイクブログ ランキングへ

コメント

No title

とても良いコースですね!

入笠山から高遠方面へ出ずに
山の中を走り直接R152へ出る道が
通れるなら行きたいです。(ダート無しで)

バディ子を連れてなのでダートも
茅野~高遠の高速峠もキツいんです(^-^;
オンボロバーディーゆっくり旅なので。

R152って…何故か凄い寒いですよね。

しらびそ高原(((o(*゚▽゚*)o)))

景色、紅葉ともにめっちゃえ〜とこじゃないですか〜
画像だけでも楽しめました^ ^
思いっきり走りたい…お気持ちわかります
私もここ最近は同僚ツーで、自分のペースで走れていません
今度の日曜に思いっきし堪能してきますo(^-^)o
次回は2号さんをエスコートしてあげて下さいね

禁断症状(笑)

昨日2号さんのツイートで禁断症状で走りに行っちゃったと拝見していましたが、雨ガエルさんらしくガッツリ走ってこられましたね。
もう既に山の路面は冬模様なのですね。
ついこないだまで暑い暑いと騒いでいましたが、もう凍結路面に注意が必要って感覚の切り替えが追いつきません(^^

No title

しらびそですか~愛知からなら日帰りはラクラクですが。
500キロくらいですか~お疲れ様です。

雨ガエル様

紅葉いいですねぇ。

見たいっ!と言うことで行って来ました!
四国の屋根剣山の周りにあるスーパー林道です。ベンリーでトコトコと。
天気は所によってエクストリームでした。徳島が見渡せるビューポイントは視界10mありませんでした(;_;)が無事紅葉を感じることができました!

今週末には更に進んだ紅葉を晴れてる状態で見たい!行けるかなぁ。

バディ男 様


ありがとうございます。

入笠林道としらびそ高原は行ってみたかったのです。
期待通り素晴らしいルートでしたね~。
でも、道幅が狭いし松の枯葉は相当ヤバイです。

> 入笠山から高遠方面へ出ずに
> 山の中を走り直接R152へ出る道が
> 通れるなら行きたいです。(ダート無しで)

はい、そのルートもいつか行きたいと思います。
途中ナビが効かなくなりますから気を付けないと
場所がわからなくなります・・・

> R152って…何故か凄い寒いですよね。

はい、渓谷沿いの道なので日が当たりませんから寒いです。
私もトコトコペースですからバーディーさんと同じようなものです。

ごん太 様


ごん太さんこんにちは。

ありがとうございます。
行ってみたかったですからね~
期待通り素晴らしい景色が広がっていました。
いつかこの周辺でキャンプしたみたいですね~。

でも、四国も素晴らしい所いっぱいありますからね~
いつかそちらでもキャンプしたいと思っています。

> 次回は2号さんをエスコートしてあげて下さいね

はい、自分のペースはありますからね~。
日曜日楽しんで来てくださいませ。

はい、妻とのツーリングは既に予約を入れてあります。

八馬力 様


あれ~そうですか・・・ツィートしましたか~。
一緒に行きたいと言われましたが、
ちょっと距離がありましたし、道がスリッピーでしたから
妻には留守番してもらいました。
来シーズン、条件の良い時にエスコートしようと思います。

山を走り回れるのも今月いっぱいくらいですかね~。
だんだん冬が近づいているのを感じます。

班長@愛知みよし 様


こんにちは。

そうですね~しらびそ高原は、愛知からの方が近いですね。
はい、神奈川からですと500位でした。

がぁぁ 様


こんにちは。

お元気ですか~。
はい、紅葉を楽しんできました。

がぁぁさんも楽しまれていますね~。
しかし、ところによってエクストリームとな・・・
恐るべし四国パワー。
でも、紅葉を感じられて良かったですね。

いけます。
信ずればなんとかなりますから(笑)
綺麗な紅葉を見れると良いですね~。
非公開コメント

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: