チェーンに注油の話。

また、台風が来てる(-""-;)ムム・・・

おかげで朝から雨がちな天候です。

今年は台風の当たり年?勘弁してくれ~(泣)

↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログランキングへ


カブに乗る前は、旅先でチェーンに
オイルをさした記憶があまりないですね~。
北海道・九州・四国・・・何処に行こうがです。


でも、カブに乗り始めてからは、
必ずオイルをさすようにしています。
特に雨中走行後は必須ですよ~。


以前、雨中ツーリングの帰りに
リア周りからキュルキュルと音がしだして
構わず何百キロも走ってしまいました。


するとチェーンの油っ気が飛んでしまい
潤滑不足でドライブチェーンが延びて
ダメになってしまいました・・・(汗)


カブに乗る以前のことを思い返してみると~
長距離ツーリングも行ったし、
雨中走行もしたけど注油をした記憶がないような・・・?


何で?
シールチェーンを使っていたからかな~?
認識が甘かっただけかな?


あっそうそう、カブにも一度だけ
シールチェーンを使用したことありますよ。
交換直後は凄く静粛性が高くて良かったですね~。


でも、1万キロほど走ると駆動系にパワーを
食われる感じが顕著で注油をしても改善されず、
それ以来カブにシールチェーンの使用は控えてます。


あっ本題にもどりましょうかね~(汗)


そうそうカブの前はシャフトドライブの
バイクにしばらく乗っていました(笑)


そのせいかもしれませんが、カブになってからは
チェーン注油が頻繁に感じるのかもしれません。


カブはチェーンがカバーに覆われているので
チェーンが汚れにくく、長持ちすると思うのですが、
見えにくいのでメンテを忘れがちになりますのでお気をつけください。


私のチェーンメンテは、添加剤入り
エンジンオイルの廃油を再利用して注油しています。
正直、貧乏臭いのですが頻繁にやれば中々有効です。


しかし、雨中を走行したり、長距離ツーリングへ
行くと直ぐに油切れをおこしますので面倒臭い。
でっ旅先ではコイツを携行します。



じゃーん。



ワコーズのチェーンルブ
ワコーズのチェーンルブ180ml 1,600円



ワコーズのチェーンルブ
スプレー式でノズルもワンタッチなので
実に使いやすいです。



ノズルも使いやすい。
ノズルも使いやすい。



結構、良い値段しますが、
オイルも飛び散り難く良く馴染む感じで、
チェーンへの潤滑も良く出来ています。
これなら普段から使用しても良いかな~


当ブログは下記2つのブログランキングの
カブ系・バイク系カテゴにリに参加中~。

自転車でもかなり広く使われているそうです。
ベタベタせずに垂れにくい、とても良い感じですよ~。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ


FC2バイクブログ ランキングへ

コメント

メンテお手入れ気遣い心配りとても大切ナリ♪

此方のワコーズのスプレー缶のものはたしか雨天走行後の濡れたままでもOKのオイルでしたでしょうか?
缶のサイズも手頃で上記の使用法も便利で携帯使用していた頃が有りまする。
(*´ω`*)

小生はチェーンカバーをハーフタイプにしてチェーンがこんにちはしておりますのでちょいちょいとオイルをさして上げておりますル☆
(*´∀`*)チェーンヨロコブ♡

カブにシールチェーンは不要?

カブのチェーンはフルカバーだから、長く持つだろうとつい注油を忘れてしまいます。
実際、7000キロ走って注油したのは1回かな? それも、異音もなにもまったくしませんでした。
シールチェーンはむき出しのバイクに効果があるような気がしますね。カブには無用の長物なのでしょうかね~。

No title

やはりそこから給油が正解でしたか。こないだワタシも給油してみようかと試みたところカバー外すのも面倒だしここからでいいかな?なんてやってみました。ただローラ?の所あたりにシュっとしたくらいなので肝心な可動部にいってないかもね なんてレベルなんですが(笑)。人様のバイクを見させてもらう時チェーンを見るクセがあるんですがそこを見るとバイク愛度合がなんとなくわかる気がするんですよね。愛している人はチェーンがビックリするくらいキレイというか。ワタシはというと…ムチしかあげてません…。

走る距離が普通じゃないから(笑)

私の使ってる円陣屋至高CPO-Rは持ちが良くないと言われがちですが、それでも500Kmや1000Kmは普通に持ちます。
ツーリングの出先でチェーンが油切れ起こすのはカブ村でも一握りのヘ○タイの方々ぐらいではないでしょうか(笑)

チェーンカバーに穴を開けてブローバイホースを差し込んでブローバイのオイルをチェーンにって細工をどなたかの記事で見た記憶があるのですが、効果ありますかね~(^^;

No title

私は、チェーンのメンテは2~3百キロ毎に実施しております。

にも係わらず、純正チェーンは8千キロで伸びきってご臨終になりました。

その後、知人のオススメのシールチェーンを使ってますが、これはほとんど伸びません。

既に3万5千キロ以上使用していますがほとんど調整不要です。この勢いだと余裕で5万キロ以上もちそうです。

しかしながら、ノンシールと比べて駆動抵抗は感じますね。

No title

旅先でチェーンにオイルを・・・。
しまなみ海道の伯方島でオイルをさしているのを観ましたよ。私の目の前で(笑)。

私は、バイクに使用していたホワイトルブが残っているので、それを使用しています。
なくなったら、ワコーズのチェーンルブにしてみよう。
と言っても、バイク屋さんがサービスでチェーンに注油&調整をしてくれるので、自分でメンテナンスをすることが滅多にないという贅沢な悩み(笑)。

ノーマルチェーン 様


はい、携帯に便利なだけでなく使用感もとても良いと感じます。
チェーンが濡れていても注油可能です。

チェーンカバーを外していても
このチェーンルーブは使いやすいですね。('0')/ハイ!

tama 様

カブでも無用ではないと感じます。
チェーンカバーとシールチェーンの組み合わせで
静粛性と耐久性は抜群でした(笑)

しかし、パワーを喰われる感じがありますので
私はノンシールを選択しています。

やはりチェーンカバーがないバイクには
ゆうこうなのでしょうね~(笑)

斎藤乱舞 様


チェーンカバーの点検窓・・・ここから注油しています。
私は、タイヤカバーを外したとき、ついでにチェーンの清掃を
実施しているていどですからピカピカという状態ではありませんね~。

八馬力 様


そうですね~私も1,000キロくらいで注油しています。
でも、雨が降ると流れてしまうのかな~
エンジンオイルは雨に弱いですね。
それを承知で使っているので旅先では・・・
スコットオイラーみたいな感じですね(笑)
それ良いかもしれません。

on&off 様


こんにちは。

シールチェーンは持ちますね~。
そこは素晴らしいのですが、駆動抵抗がなんとも・・・

ボアアップ前のプコカブに使用していたので
ほんとうにはしりが悪くなりましたね~。
今のクロスには使えるかもしれませんね~(笑)

5万キロいけたら費用対効果も上がりそうです。

きゅー様


あれー、きゅーさんの前で注油してましたね・・・
散々雨の中を走って伯方島で使いましたね~(笑)

チェーンオイル、無いとダメですが何かさしていれば
大丈夫だと思います(笑)

バイク屋さんでやって貰えればそれがベストです。
私も旅先以外はそれほど気にしていませんから。
非公開コメント

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: