33時間の旅 - 春の東北へ -

今日からゴーデンウィークの始まりですね!
皆さんは、どちらに行かれるのでしょう?
私は、近場でちょろちょろ遊ぼうと思います(泣)


でも、ゴールデンウィーク前に
東北からの春の便りをいただきましたので、
山形市まで行ってきましたよ~。


米沢付近で桜を見る。
米沢付近で桜を見る。


毎度のことではありますが、
限られた時間で行きましたので、
ゆっくり観光なんて出来ません・・・


お昼頃、自宅を出発し、
ガソリン補給以外、走り続けること10時間以上。
夜22時過ぎに山形市内に到着。


でっ、仮眠を取り、翌朝帰路につきます。


米沢・上杉神社の桜。
米沢・上杉神社の桜。


山形市までの往路は、日暮れ以降、
真っ暗な闇の中をひたすら走りましたが、
復路は、明るく別世界!


わっとばかりに春へ突入した感じの東北は、
花々が一斉に咲き乱れ、
百花繚乱、極楽浄土の世界。
まさに素晴らしいの一言です。


蔵王方面を走ろうと思いましたが、
火山活動の影響で通行止めでした・・・


西吾妻スカイバレーの様子。
西吾妻スカイバレーの様子。


今回は、このまま磐梯方面へ下りましょう。
国道13号線を南下し、米沢から県道2号を通り、
西吾妻スカイバレーを使って桧原湖へ下ります。


西吾妻スカイバレーの様子その2。
西吾妻スカイバレーの様子その2。


湖畔は、キラキラ春の雰囲気満載です。
正面には、雪の残る磐梯山!
はあ~ほんと綺麗だな~。


桧原湖畔から見る磐梯山。
桧原湖畔から見る磐梯山。
シーズン終了した裏磐梯スキー場が見えます。



ここまで来たら、ちょっと遠回りだけど、
磐梯吾妻スカイラインを浄土平まで行きましょう。


路面は、所々雪解け水が流れていますが、
それ以外は、ほぼドライ状態です。
浮き砂が多々あるのは
雪解けシーズンのお約束ですから、
注意しましょうね。


磐梯吾妻スカイラインを通り、浄土平へ。
磐梯吾妻スカイラインを通り、浄土平へ。


浄土平に着くと、さすがに寒いっ!
そうです、ここは標高1,600メートル。
寒いのは、当たり前です。


浄土平駐車場から吾妻小富士を見上げる。
浄土平駐車場から吾妻小富士を見上げる。


階段でサクサク簡単に登れそうに見えるでしょ?
実際登ると、かなりゼーゼーします。
最後に登ったのは何年前?みたいな。


ということで、私はもう満足(笑)
よしっ、帰るよ~。
最短コースを走って、今日中には帰宅したい。


国道4号線に出て、休憩もそこそこで
21時過ぎに帰宅です。
写真ありませんが、今回は、
季節の味覚フキノトウをお土産に。
天ぷらにして貰って塩で美味しく食べました。


相模原~福島~山形ルートマップ
相模原~福島~山形ルートマップ


いやー、疲れたけど満足しました!
また、行きたいですね~。



【33時間の旅】
走行距離 約860キロ
燃費 約63キロ/リットル

ガソリン    約1,900円
食事      約1,600円
寝カフェ    約2,000円
費用合計    約5,400円



当ブログは下記2つのブログランキングに参加中!
カブ系・バイク系ブログが沢山参加しています。

 で・・・何しに行ったの!?
 走りに行ったんですよ~(笑)


にほんブログ村カブ系ブログランキングへ
にほんブログ村カブ系ブログランキングへ


FC2バイクブログ ランキングへ

コメント

こんにちは(^^)
カエルさんやはりタフですねぇ(^^;
真似出来ません(^^;

No title

こんばんは
去年の今頃スカイライン走りましたよー

浄土平はネーミング ピッタリw

近くの有料道路はすべて無料になってますねー

道の駅土湯にはバイク・車好きがよく集まってます(笑

なんともタフガイですね

過去の雨ガエルさんのブログを読ませてもらいタフで行動的な御仁とは知ってましたが、先日の長野方面・今回の山形とたふ・タフ・タフマン(古)ですね。周りが雪って良いですね・・・
北の国の知床横断道路も5/1に開通(時間制限あり)するようです。爺も行って来るかな

でた! 参った!

前回記事で又、腰をヤったのかと心配しましたが
奥君の心配もせずに遊び呆けている…

これぞカエル流!
ちょっとだけ尊敬、後は呆れてます(笑)

やっぱり

ロングネタが少ない気がすると思っていたら、やはり出かけていたんですね。
自分も(若かりし頃に)東北の背骨を南下した時に、吾妻小富士に登りましたが、ゼーゼーしました(^^)
山寺もゼーゼーしましたけど(^^)
東北は見応えありますよね。

風小僧 様


こんにちは。

時間がないもので、ついつい
こんな感じになってしまいます・・・

走れば良いと言うものではないな~
と思いつつです(汗)

masa 様


こんにちは。

昨年行かれましたか~!
この季節、新緑の緑が優しくて
とても気持ち良いですよねー。

> 浄土平はネーミング ピッタリw

そうですねっ。
でも、行い悪いと極楽にはなりませんから・・・
そうなんです。
3ライン無料になりましたから、
ドンドン遊びに行ってください。

道の駅土湯に寄りました。
当日も沢山の車・バイク好きがよく集まっていました。

北のCUB爺 様


こんにちは。

いやーお恥ずかしいです。
時間が取れないものですから、
ついつい駆け足で、
行ったことに満足してしまう性分のようです。

雪解けの季節は、緑が優しく、花が綺麗で
空もさわやかに感じるので私も好きです。


おお~、知床横断道路5/1に開通ですか~!
また、走りたいですね~。
楽しんで走って来てくださいね。

Ducky 様


心配ご無用・・・(笑)

だって、家にいても私は何の役にも立ちませんから・・・
奥様を静かに休ませる意味で
出かけているんです。ハイ

> ちょっとだけ尊敬、後は呆れてます(笑)

アハハ、尊敬だなんて、照れるな~。

えんつご屋 様


こんにちは。

この季節の東北は、とても綺麗ですから、
ついつい惹かれて行ってしまいますね~。

東北行かれているのですね(笑)
もっとゆっくり行きたいのですが、
時間が取れなくて、どうしても走るだけで・・・

いつかはゆっくり観光しながら走ってみたいですねー。

No title

こんばんわぁ~
仮眠はどちらで取られたんでしょ?
ネカフェor屋根付きバス停&駅の待合室等なら良いですが、そのへんでゴロリ・・・は危険が危ない?
しかし、相変わらずタフですねぇ~♪

No title

雨ガエル1号さんおはようございます。

お疲れさまでした。
33時間860Kmは魅惑のツーリングです。
私もそんなツーリングをしてみたいなと
思います。たいへん疲れますが充実して
いますね。

行くならば国道19・18・8・7・4・20・153号
などを使いまして1500Km強ぐらいですか。
タンデムツーリングで行けるならば、なお
いいと思います。
残念ながらこの連休中は実現できそうに
ありません。来年かな?

また充実したツーリングをたくさんしてくだ
さい(^o^)/

ライ・スケ 様


こんにちは。

仮眠はもちろん寝カフェです(笑)

私用もありましたので、
気合入れて走ってきました~。

papacub110 様


こんにちは。

もう少しゆっくりツーリングをしたいのですが、
休みが取れないし、でも行ってみたいし・・・
でっこんな感じになってしまいます。

充実感は味わえますが、どうなんでしょうね~(汗)
いやいや、タンデムツーリングは凄いですよ~。
私にはとうていできそうにありません。

私も連休中は、近場でちょろちょろと走っています。

papacubさんも、有意義なお休みを
お過ごしくださいね。
非公開コメント

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: