今年も旬の恵みがやって来ました。

目に楽しく、舌に美味しい春!
今年も竹の子の季節がやって来ました。


旬の食材は、味が良く美味しいのはもとより、
季節の移ろいや自然の生命力を
ダイレクトに感じることが出来て最高です。


今年もバイク友達から、
掘りたての初物をいただきました~。
早速、料理して夕食に!


竹の子のくるみ味噌焼き。
竹の子のクルミ味噌焼き。


竹の子ご飯はもちろんですが、
今回は、こんな風にオーブン焼きにしました。
焼くと、より風味が立ちますね。


クルミを入れた味噌のちょっと焦げた塩梅と
ホクホクな歯触りの竹の子が香ばしくて、
ダイエット中だというのに
ご飯が進んでしまう・・・ヤバイ(汗)


これは、つくしの佃煮。
これは、つくしの佃煮。


妻2号さん実家の里の味で、毎年お裾分け貰っています。
綺麗にハカマを取り、アク抜きしたつくしを
梅干と小女子、醤油、酒、みりんで
あっさり炊いた佃煮は、ご飯にもお茶漬けにも。


食卓に日本の四季を感じる物が上ると、
嬉しくてしみじみするお年頃となりました。
フキノトウやタラの芽なんかも
天ぷらで食べたいな~。


この時期、カブでトコトコ出かけると、
あちこちに旬の食材を見つけられますね(笑)
あっ!でも、獲っちゃダメな所も
多いですから気を付けて下さいね~。


雨降り前にお散歩。
雨降り前にお散歩。


それから、この時期冬眠から覚めた
熊などの野生動物もいますので、
山菜採りは充分気を付けて下さい。


楽しく、美味しく、
春の味覚を堪能しましょう。


当ブログは下記2つのブログランキングに参加中!
カブ系・バイク系ブログが沢山参加しています。

 季節ごとの旬な食材を頂くと、
 すごーく幸せな気持ちになります。


にほんブログ村カブ系ブログランキングへ
にほんブログ村カブ系ブログランキングへ


FC2バイクブログ ランキングへ

コメント

お晩でございます

周囲の桜は、蕾の状態です。
最近、頂き物の手作りバッケ味噌を粥に入れて食べましたが、この苦味が口から春を教えてくれました。
季節を五感で感じる、大事ですね~。

百豚 様


こんにちは。

東北の桜も本番を向かえそうですねー。
見に行きたいな~ボソ。

そうなんです。
旬の恵みを感じると、
心と体が活動体制に入ります(笑)

No title

こんばんわぁ~
相変わらず美味しいものを頂いてらっしゃいますねぇ~♪
特に土筆は、この時期だけの味ですから、あたしも先日ちょっと摘んできて胡麻和えで頂きましたァ~♪
けど、お仲間さんからの筍、裏山C~♪

ライ・スケ 様


こんにちは。

つくしや竹の子は、毎年楽しみにしています。

旬の食材を食べて、季節を感じると気持ちが癒されますね。

また、バイクのシーズンがやってきます。

沢山楽しみましょうね~。



非公開コメント

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: