300馬力のスーパースポーツ(汗)

どうも~!
絶賛、ぎっくり腰療養中の雨ガエルです。


毎日、横になってボーッとしている日々・・・
布団の中でスマホを弄りたくても
腰がいたくて思うように見れません。


でも、ちょっと調子の良い時に、
頑張ってネットを見ていてとても気になったのが・・・


カワサキ H2R ストリップ。カワサキさんお借りしました。
カワサキ H2R ストリップ。カワサキさんお借りしました。


カワサキNinjaH2R
なんとスーパーチャージャー装着の
300馬力となっ!


カワサキ H2R レーシング仕様
カワサキ H2R レーシング仕様


さすが男カワサキっ!やってくれますね~。
久しぶりにワクワクドキドキする
化け物をリリースしてくれました。


あっ、でもよく読んでみると、
H2Rはレーシングバージョンで、
保安部品が付いてないのね。


市販タイプは、H2で200馬力だそうです。
気になる価格は、H2Rで600万円
H2で300万円くらいだそうです。


H2と言えばこちらですよね~。と思う人はおっさん決定です(笑)
H2と言えばこちらですよね~。と思う人はおっさん決定です(笑)


まったくびっくりしちゃいますねー。
サーキット仕様のH2Rにしても
公道仕様のH2にしても、
どんな人が乗るのでしょうかね?


カワサキ H2公道仕様
カワサキ H2公道仕様


性能云々と言うよりも、
スーパーチャージャジドエンジン搭載の
スーパースポーツバイクがリリースされている
というだけでも嬉しくなりますね~。


カブだって究極のバイクですが何か・・・?
カブだって究極のバイクですが何か・・・?


オーナーになんて、とてもなれないですが、
チャンスがあったら乗って見たいなー・・・
とっ、興味津々の雨ガエル1号でした。


当ブログは下記2つのブログランキングに参加中!
カブ系・バイク系ブログが沢山参加しています。
 
 これはある種、カブの対極に位置する
 バイクですねー(笑)


にほんブログ村カブ系ブログランキングへ
にほんブログ村カブ系ブログランキングへ


FC2バイクブログ ランキングへ

コメント

No title

私 やはりおっさん決定ですねー H2・・・ Z2とか
カワサキ独特のコードネーム?
実は吸収合併前のメグロから受け継いでいます

メグロ製作所フラッグシップのT1は W1・W3の650に受け継がれています

マッハの500はH1 350はS2 250はS1でしたよー

そのむかし サーキットで市販2ストレーサー TZ250(50馬力くらい)乗りましたが
お○っこちびりました

現在のH2Rならう○こちびりますね~~

マッハですね(^-^)

雨ガエルさんこんばんは
スマホイヂるのも難儀する程とはかなりキツイですね(-_-;)無理なさらずに
マッハは2stであって欲しかったですがやはり時代なんですね(-.-;

No title

こんばんは

NINJA H2、カッコイイですね。
カワサキワールドで、実車をみてきました。

コスト度外視で、性能を追求した感で溢れています。
技術屋の私としては、震えるほど興奮しました。
近年、こんな事感じませんでした。

いやぁ、カワサキさん、
やるときゃぁ、やりますね(*^_^*)

300馬力…

想像もつかない馬力ですね、恐ろしい…
300馬力スーパーチャージャーの対をなす存在は4.5馬力の芝刈機エンジンですか…
面白いですね!!
いつかはカブの対を乗りこなしてみたいものです。

クロスカブ改

カブさんにスーパチャージャー組むというのはいかがでしょうか。

No title

こんばんは。
ちょっとブログを覘かないでいたら、エライ事になってたんですね。
私も何回かありますが、雨ガエルさんのはかなり酷そうですね。
お大事になさってください。
私は当然H2と言えば2スト3気筒って思ってます(笑)
白煙渦巻いて加速して行く姿は圧巻でしたね。
今の技術の300馬力は、使える300なんでしょうかね~
必要不必要と様々な御意見はあるでしょうけど、やっぱりこういうマシンがあるのは嬉しいですね(笑)

No title

こんばんわぁ~
H2Rと言えば、あたしはやはり2stトリプルですねぇ~
清原選手が乗っていたような記憶が・・・
今、あの車体があったら、ビンテージレーサーとしてどんな価値があることでしょ?

おはようございます(^^)
凄いバイクが売り出されるんですね(^^;
宝くじが当たれば買いたいですね(^^)d
サーキット専用のZX-12rにはニトロを積んでますが(^^;
レース屋にカブにニトロを積みたいと言ったら殴られそうになりました(^^;
でもターボなら可能だと言ってました^^v

masa 様


こんにちは。

私が乗り出したころ、
まだ750SSに乗られている方がいたのですが、
あっという間にZ2にとってかわって、
あっという間にオーバー1リッターになってしまいました。

W1がメグロの流れだと言うのは、
父親に聞いて知っていた程度なんですねー。

乗りこなせるわけありませんが、
メーカーがこのようにパワーのあるバイクを
作ってくれると活気が出ますよね~。

NB 様


こんにちは。

薬が効いているうちは、動けるのですが
切れてしまうと・・・(泣)

> マッハは2stであって欲しかったですがやはり時代なんですね(-.-;

はい、時代ですねー。
パワーも桁違いですが、多分乗り易いと思いますよ~。

見ているだけでワクワクしますよねー。


taka 様


こんにちは。

おおー、カワサキワールドで実車を
見てこられたのですかー!
いいですねー。

私なんぞ、乗るだけの
超一般ユーザーからしても
こんな尖がったバイクをつくるメーカーには
敬意を表しますよ~。

オーナーになんてなれないと思いますが、
それでもこんなバイクが世に出てきたということに
歓びを感じてしまいます(笑)

ライカブ 様


凄いバイクですね~。

こんなバイク自在に操って見たいものです。
全開走行したらどうなっちゃうんでしょうね・・・

いやー、素晴らしい。

ひんろ 様


こんにちは。
イベント用に、過給機装着したカブがありそうですね~。
きつと面白いと思います(笑)

postpapa 様


こんにちは。

ありがとうございます。
今回のぎっくり腰は、自分史上最悪の状況でした。
もう、二度とごめんですね~。

はい、私の年代以上の方はH2と言えば2スト3気筒になりす(笑)
もちろん昔のH2のような感じでは無いみたいですねー。

さすがスーパーチャージャーと言う感じです。
川崎重工は全て自社で開発出来るそうですから
コストを犠牲にすれば他のメーカーには
出来ないものが作れるようです。

よくぞやってくれましたと言う感じです。
とても買えないですけどね~。

ライ・スケ 様


カワサキの名車と呼ばれるバイクは、
キヨさんこと清原選手が
テストライダーを務めたそうですねー。

いまでも大切に乗られている方おりますねー。
ほんとうに素晴らしいと思います。
いつまでも乗り続けていって欲しいです。

風小僧 様


こんにちは。

そうなんです、H2Rはサーキット専用となっていました。
いわゆる走れるレースもないでしょうし、
騒音が凄いらしくて、サーキットを走るにしても
騒音レベルを確認して走行して欲しいと書いてありました。
もちろん保証なし・・・(笑)

公道仕様のH2は1年間の保証付、
しかも予約販売で簡単には買えなそうですね~。
まぁ、価格が既に購入できないところにありますが・・・

カブをトコトコが分相応だなーと
つくづく思います。
非公開コメント

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: