健康とは素晴らしいもの。

見た目元気そうな妻の雨ガエル2号さん・・・
以前少し話しましたが、
片眼に病気を持っています。
眼球内や視神経に炎症が起こり、
段々視力が失われるかも知れない病気です。


発症したのは、今から9年位前でしょうか。
妻が、朝、仕事へ出ようとしたとき、
まぶしさと霧がかかったように視界が霞み、
物が見えにくいと訴えたことから始まります。


地元の眼科で診て貰ったところ、
状況が厳しいので、すぐ大学病院で
精密検査を受けて欲しいと紹介され、
その足で地元の大学病院へ向かいました。


眼と全身の精密検査を受け、病名が判りました。
今の医学では治療法が確立されていない病気でした。
治療はその大学病院では難しく、
セカンドオピニオン、サードオピニオンと渡り、
専門外来のある新宿区内の大学病院に落ち着きました。
信頼できる主治医の先生に巡り合ったのが大きいです。



通院先の病院。


主に投薬による対症療法しかないので、
出来るだけ症状を悪化させないよう、
そして、もう片方へ広がらないように通院しています。
たぶん一生続くでしょう。


眼の病気は全身疾患が関わる事が多く、
様々な病気が疑われ、その度に
各部の精密検査を受けてきました。
妻の場合は免疫異常が関わっているそうですが、
それ以上のことは今でも判っていません。


投薬は、内服と眼球への注射で行っています。
当然、色々な副作用がありまして、
炎症が強い時期は薬の量も多いので、
副作用がきつくて寝込む場合もあります。


薬のコントロールが肝心な訳ですが、
季節の変わり目や疲れが溜まったりした時は、
通常のコントロールでは追い付かず、
炎症が起こりやすくなります。
ひとたび炎症が起こり対応が少し遅れると、
急激に悪化していきます。


そうなると失明の危機に迫られるので、
日常生活に気を付けなければならないし、
併せて周囲の理解も必要になってくるのです。


そんな矢先、2号さんが、
眼の奥が痛いと訴えて、急きょ病院へ行きました。
案の定、炎症がひどく、頻繁に通院するよう
言われました(泣)



朝いちの様子。
これからコミコミになります。



もし、投薬が効かない場合は、
別の手段による投薬をするため、
入院になるかも知れないとも言われ、
私は非常にビビりました。
でも、注射が効いて、何とか通院で乗り切れそうです。


こんな事をもう何年も繰り返しています。
慣れた妻はあっけらかんとして、
「入院したら、自分のことは自分で全部やるんだよー」と
ニコニコしています。



待ってる間のおやつ。
ダイエット一時中断(笑)



初めの頃は、失明の恐怖や
治療と日常生活との両立の難しさで、
夫婦とも精神的にも追い詰められ、
大変な思いをしましたが、今では、
なるべく無理をしないライフスタイルに変え、
病気と共存する体制になっています。


しかし何といっても、
通院先は重症患者さん専門の外来ですから、
妻より深刻な状況の患者さんも沢山・・・
白杖の患者さん、失明の宣告をされる患者さん、
視力のあるうちに点字の勉強を始めるよう
指導を受けている患者さんもいます。


そんな厳しい状況から比べると、
私たちは恵まれ過ぎていると思います。
私も自分のことは自分でやれるようになりましたよー。
過去に入院・手術の時があって、
何度か父ちゃん主夫をやりました。


妻も目の調子が安定しているときは、
カブにバンバン乗っています。
先はどうなるか判らないけど、
見えるうちにカブに乗っておかないと
もったいないって・・・


このブログをご覧の方の中にも、
ご自身が、又はご家族が、病気や怪我を
抱えてるという方がいらっしゃるかも知れません。
どうか快方へ向かいますようにお祈りします。


妻も私もずいぶん強くなりました。
健康とは素晴らしいものです。


皆さんも健康管理に十分留意してくださいませ。


当ブログは下記2つのブログランキングに参加中!
カブ系・バイク系ブログが沢山参加しています。
 
  健康ならいくらでもカブに乗れますからね。
  ちなみに今日は調子が良く、二人でカブ通院できました!


にほんブログ村カブ系ブログランキングへ
にほんブログ村カブ系ブログランキングへ



コメント

No title

 奥さんの事心配ですね。

眼の病気ほど深刻ではないですが、うちの家内も小さい時から、耳の器官が弱く何回か手術をしています。

 自分の病気は、大丈夫ですが家族の事となると、男ってだめですよね。

奥さんの眼の具合が良くなる事を、心より願っています。

お大事になさってください

 お久しぶりです。カブ夫婦の”まさみ”です。もうお忘れになってしまったかもしれませんね。
 私の職業は看護師なので、雨ガエルさんご夫婦の気持ちや事情がよくよく伝わってきます。
 人間って、どんなに言って聞かせても、自身や大切な人が病気や怪我にならないと健康の有難さは心までは染みないものですよね。
 ストレスへの完全回避と完治は不可能かもしれませんが、できる範囲で充実した生活や楽しみを存分に行っていくことが大事だと思います。
 ・・・生意気申し上げスミマセン<m(__)m>

No title

それは大変な病気ですね・・・、
目が見えなかったりぼやけたりするのは辛いこと、よくわかります。
僕も病気ではありませんが、眼鏡を外すと30cm先がほとんど見えません。
もう眼鏡を外して生活することはできないです。

2号さんの病気が早く良くなりますように・・・・。

お大事になさって下さい。

アテクシも患ってみて感じましたが…眼が不自由なのはほとほと困ります。
見えないというのは、何をするにもとても不自由です。
突然見えなくなったら、人の手を借りずにはいられないでしょうね。
ホント、眼は大切だと思います。

しかし、2号さんは凄いな~!
投薬はわかるけど…眼球への注射ですって?
アテクシは聞いただけで気絶してしまいそうです。

それにしても、2号さんのその前向きな発想。感服いたします!
人生一回限り、色々な試練もありますが、それを前向きに乗りきって頑張って下さい。
そして、お身体ご自愛ください。

アテクシも、来月の水晶体手術頑張ります。
内心ちょっとv-399ビビッてますが…v-222



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

身体のサイン

目がよろしくないとはお聞きしてましたが、想像を遥かに超えてますね。
どうかお大事に。

健康第一!

こんにちは^^
以前お話しされていた「出来るときに楽しむ」という事を思い出しながら書いています。
たしか免許を取りに行かれる前に入院の話が出てました
以後少し心配していましたがそうだったのですね。

私んちのおかぁちゃんも去年の今頃から調子を崩し
年明けまで入院してました、元々体が弱く何年かに一度入院しますが
私ってこういった時本当に使えないんです。

目は大切ですから心配ですね、少しでも早く良くなりますように祈っております。

お大事に

自分も目の病気で進行しないように点眼薬の日々です。
楽しめたことも楽しめない、暗いともう見えないカブ走行。
慎重に徐行しながらヒヤヒヤもの、無灯火の右側通行チャリは特にヒヤリ。
できるだけ長く乗りたいですし、安全運転になります。
当たり前の日々も、いつまで続くのかは誰にも分からないこと。
限りのある人生を楽しみましょうね。

びっくりしました

雨ガエルさん こんばんは!二号さん目が悪かったんですね(T_T)本当にかわいそうで(>_<)でも二号さんは強くてたくましくて素晴らしいお方です どうかこれ以上悪化しないようにお祈り致します。一号さんも大変でしょうが二号さんを支えてあげて下さい 良くなりますように!

お大事にして下さい。

1号さん、2号さん、こんばんは。

私は、大きな病気をしたことがないので直接苦労は分かりませんが、きっと大変なご苦労が有るのでしょうね。

気の効いたことが書けませんが、無理をなさらぬようカブライフを楽しんで下さい!

ご無沙汰してます

奥様の目が大事に至らない事をお祈りします。

我がかみさんも女性特有の病を抱えており、毎日のホルモン剤の服用と、月一の診断が欠かせません。
一人では回らない稼業ですので、山ほど心配はありますが、頑張って治るものでも無いので、上手く付き合うしか無いですよね。
本当に健康が一番大切だと思います。

辛くても楽しく。
そう思いながら日々を生きてます(^^)

お大事にしてください。

奥様の目、本当に心配ですね。

何事も無く平常の日常生活を送るのは本当に大変な事だと感じます。
人は皆何かしら問題を抱えてると思いますが
雨ガエルさんのブログを呼んで勇気付けられたと思います。
オイラもその一人です。
特にこれから目の手術を控えてるBENちゃんはきっと勇気を貰ったことでしょう!

自立出来てるかと問われたら・・
かみさんにおんぶに抱っこのオイラはまだまだ自立出来てませんv-394
しっかりしないとダメですねー。

あっけらかんでニコニコ顔の奥様、思い浮かべながら
少しでも奥様の目が良くなる様に祈ります。

お大事になさって下さい

こんにちは
2号さんお大事に
オラも右目は光を無くし心臓に難病を抱え左足に障害(^^;
医者からはバイクはやめろと言われてますが未だに乗り続けてます(^_^)v
健康って本当に大切ですよね
これかもお互いに楽しいバイクライフを楽しみましょう(^O^)

レンゾー様

こんにちは。

耳の手術、私など想像しただけでも怖くなります。
感覚器官の不調は、ご本人が抱える辛さも多いと聞きます。
レンゾーさんが最大の理解者なのでしょうね。
どうかお大事にして下さい。
我々亭主陣は、大黒柱としてこれからも支えていきましょうね。
ありがとうございます。

まさみ様

こんにちは。覚えておりますよー。

生意気だなんて、まさみさんのおっしゃる通りです。
本人も私も、元気なのが最大の取り得で、
長年、時間的にすれ違いのハードな生活をしました。
まずいと感じながらも、病気にならないと止まらなかった。
無理とストレスの果てに今があると思ってます。
できない事は続かないですよね。
できる範囲で・・・本当に大事な心掛けだと感じています。

Linercubtec様

こんにちは。

ありがとうございます。
今はパソコンやスマホ、その他もろもろ、
目を傷める要因が昔より格段に増加しています。
私の方はいま老眼進行中で、もう老眼鏡なしじゃ不便きわまりません。
お互い眼の健康には気をつけましょうね。

BEN CHAN様

こんにちは。

眼への注射は私も多分無理・・・
妻の場合には一番効果的らしく、
悪化した時は、早く打ってーとさえ言います。Mかも。
男性患者さんはしばらく動けなくなる方もいるようですが、
やっぱり女性は強いのでしょうか。

BENちゃんこそいよいよ手術が近づいてきました。
眼が不自由なのは何をするでも困りますよね。
患った本人でないとわからない事、沢山あると思います。
でも、内心ビビる気持ちはわかりますよ・・・気持ちだけ・・・
しっかり治療して治ったら、またカブで思い切り走り回れますよ!
一緒にツーリング行けるのを楽しみにしています!
良くなったら妻もまたお会いしたいそうですよー。
祈りながら待ってますから。

鍵コメ様

こんにちは。

命にかかわる器官で大病を患うのは、治療中も現在も
こちらが計り知れない御苦労があるだろうなとお察しします。
周りからはわかりにくい事、話しにくい事も多々あると思います。
時々同病の方と会ってお話をするのって大事な事ですよね。

バイクに乗ることは、車の運転以上に直接身体への負担がありますから、
本当に体調を気にかけながら、になるかと思います。
私自身は今のところ大病はないのですが、
せっかく繋いでもらった命を有意義に・・・というお言葉は、
ご本人ならではの重みがあり、その考え方に共感します。

うちも妻のバイクは、正直心配です。
趣味だったスキーは、白い雪面だと見え辛いそうでやめました。
で、カブに乗ってみたら、似た感覚が味わえると喜んでいます。
視界の確保が絶対条件ですから、ずっとは無理かも知れませんが、
免許要件が満たせるうちは、安全に楽しく乗れる様に
サポートしたいと思っています。

長い人生の間に皆さん大変な事を抱えながらも、
気力を強く持ち、積極的に生きているなーと感慨深く読みました。
コメントありがとうございました。
元気いただきましたよー!
冷えますからくれぐれもお身体ご自愛くださいね。
そして目一杯楽しんでください。

作務衣カブライダー暁様

こんにちは。
ありがとうございます。
傍で見てると心配ですが、長患いで本人は悟りを開いてる感じもします。

師走も近いですが出来ましたらお会いしたいです。

長後街道様

こんにちは。

はい、良くなったらと思ったら再発の繰り返しで、
完治は難しいしないだろうと言われてるので、
一生のお付き合いになりそうです。
カブも乗れるうちに乗って貰いたいです。

師走の頃って本当に体調崩しやすいですよね。
わかります・・・
寒いのと忙しいのが重なるし、風邪やインフルも流行したりと、
お母ちゃん達にとっては鬼門の時期かも知れません。

奥さん入院すると食べるのは何とかなっても、家の中が・・・(汗)
お互い大事にしましょうね。
ありがとうございます。

風ささき様

こんにちは。

進行しないように点眼薬・・・とあったので、
もしかしたら妻と似たような状況かも知れないと思っています。
私は老眼だけでも不自由を感じているので、
同じ状況になったらどうなってしまうだろうと・・・
そうですよね、安全運転しながら可能な間はカブに乗り続けて、
楽しんでいきたいものですよね。
風ささき様もどうかお大事になさって下さい。
少しでも進行しないように、快方に向かうように祈っています。

カブ様

こんにちは。

もともと元気だったのに、ある日突然始まりました。
人生、一寸先は闇という言葉は、だてじゃないなと思いました。
ありがとうございます。
妻を支えながら生活楽しんでいきたいです。
寒くなりましたからカブさんもどうぞご自愛下さいね。

ドリカブ様

こんにちは。

私も大病の経験がないので、そばに居ながらも
本人の苦労が分かってるようで分かってないかも知れません(汗)
でも、無理をしないで楽しむのが肝心ですよね。
歳を重ねてくると、無理をしないで楽しむことが如何に大切かを実感します。
ありがとうございます!

ottoberry様

こんにちは。

この記事へのコメントだけでも、ご自身や奥様が、
病気を抱えながら・・・という方が多いですね。
いずれも前向きな書き込みに、励ましと勇気を頂きました。
ottoberry様の奥様もお身体が心配されますね。
一緒にお仕事されているご様子。どうか少しでも良くなりますようにお祈りします。

コメントにあった、辛くても楽しく、という言葉。
しみじみ感じるいい言葉だなと思いました。
ありがとうございます。

タンデム様

こんにちは。

歳を重ねてくる程に何かしら出てきますよね。
病気になったり色々なことがあってからは、小さな幸せが嬉しく感じて、
気持ちの面では、昔より今の方が幸せかも知れません。

BENちゃんは手術近づいてきましたね、頑張ってほしいです。
眼をいじられる怖ささえ耐えれば大丈夫!
・・・なんて俺はやったことないから説得力ないよね(汗)

自立できてないとおっしゃるタンデムさんへ(笑)
以下はマジレスです。
妻は、タンデムさんの華やチャーハンで
かなり元気づけられているんですよー。
彼女史上最高チャーハンは、華やさんのだそうです。
前にお店へ行った時に、定食メニューも色々あるのを見ていて、
次は定食が気になる~、と言ってます。
また連れて行きまーす!(笑)

風小僧様

ありがとうございます。

風小僧さん、妻より遥かに大変な状況・・・
記事を通じて、同じバイク乗りさんが
困難に負けず前向きな思考を持っていることがわかり、
大変勇気づけられます。

特効薬やips細胞など、医学が進歩して、
難しい状況の方々が回復し元気になりますよう願います。
風小僧さん、どうかくれぐれもお大事にして、
これからもバイクライフ楽しみましょうね。

No title

こんばんは
奥様が少しでも回復致しますよう
お祈り申し上げます。
お大事にして下さい。

No title

奥様と一緒に歩むカブライフですね。
症状がこれ以上悪くならないように、出来るだけサポートしてあげて欲しいです。
うちの嫁様はバイクには後ろにも乗りませんが、私の趣味としてのバイクには文句の1つも言いません。
これだけでも世のお父さんライダーより恵まれた環境だなと、改めて思いました。
今出来る事をやっておく・・・仕事も遊びにも大切な事ですね。

奥様、無理をなさらずに・・・
急がず無理せず頑張らず・・です(笑)

postpapa 様


こんにちは。

なるべく症状が悪化しないことを祈ります。

でも、ビクビクしていてもしょうがないので、
調子の良い時は、バンバン遊んじゃいます。

仕事は、真面目に!
遊びは一生懸命です(笑)

KONS様

ごめんなさい!こちらの見落としで返信漏れしてしまいました。

暖かいお言葉ありがとうございます。
お陰様で今回は危機を脱する事が出来そうです。
何につけ無理なく程よくやっていこうと思います。
非公開コメント

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: