伊豆半島お泊まりツーリング!

ある晩のこと・・・

あー、出かけられないなー。
スカッと晴れた中を走りたい・・・
ハァーッッ
思わず吐いた溜息が、妻と重なりました(笑)


2号 「ねー、次に晴れるのいつかなー?」

1号 「近いうち2日くらい晴れるみたいだよ。」

2号 「ならさ、温泉ツーリング行きたい。」

1号 「おっ、どこか見つけたね。」

2号 「この前ドラマで映ってた迫力ありそな温泉に行ってみたいのよね。」

1号 「ミーハーだねー。でっ、どこよ?」

2号 「伊豆の大滝温泉(おおだるおんせん)。」


なるほどー。ドラマとは、ミーハーだが・・・
温泉ツーはだいぶご無沙汰だしね、ま、いっか(笑)
思い立ったが吉日ということで、伊豆半島へちょっと出かけてみました。


国道1号線から伊豆市を経由し
国道414号線下田街道を南下します。
天城峠付近にさしかかると旧天城峠の標識が目に入ります。


川端康成の小説「伊豆の踊り子」にも登場する
旧天城峠の天城山隧道を通りましょう。


ただし・・・旧天城峠は未舗装路なんですよね。
バイクに乗り慣れた人は楽勝ですが、
2号さんには、ハードル高いかしら??


旧天城峠・・・ジャリ道でーす。
旧天城峠・・・ジャリ道でーす


ジャリ道走行初心者さんに、
「フロントブレーキは弱めだよー」とレクチャー後、
ゆっくり走ります。


フラットなダートですから大丈夫だと思いますが、
時折現れる雨水で掘れた溝が曲者です。
避けて通れば何の問題もないのに、
そこをジッと注視するものだから、近づいてしまうらしい(笑)


視覚吸引作用・・・


見ないようにしてね、と言っても無理かー?
ここはゆっくり走ることが先決です。
幸い路面状況は良く、緑も綺麗でしたから
ところどころ休んでのんびり走ってクリアです。


旧天城トンネル内を走行中です。
旧天城トンネル内を走行中です


はい、旧天城トンネル(天城山隧道)到着です。
これがまた昼間だというのに真っ暗ですから、
妻はドキドキしている様子です。


1号 「怖いですかー(笑)」

2号 「ヒェー、真っ暗なのねー。何か居そう。」


大騒ぎしながら、抜けましたー。


旧天城峠の天城トンネル通過しましたー。
旧天城峠の天城トンネル通過しましたー


ここからは、未舗装路の下りです。
「フロントブレーキは、なめる程度にして
エンブレとリアブレーキで速度調整するように」

伝えてスタートです。


何度かバランスを崩していたようですが
転倒せずにジャリ道を制覇。
カブで初めてのダート走行でしたね。


2号さん曰く、面白ーい、余裕だったわ!オホホホ・・・・


フッ、次は転ぶかもね( ̄ー ̄)


天城のループ橋を快走中。
河津のループ橋を快走中


国道414号河津ループ橋
国道414号河津ループ橋です


再び国道に合流し、河津ループ橋を下ります。
グルグルと走りますから、最後の方は何となく変な気持ちになりました。
ループ橋を下りてすぐ、迫力の温泉宿、
大滝温泉「天城荘」に到着です。


チェックインして早々に温泉に入ります。ヽ(^◇^*)/ ワーイ


大滝温泉を流れる河津川
大滝温泉を流れる河津川


天城荘の河原の湯は、大滝の滝壺から流れる
河津川に沿って露天風呂が配された国立公園内の温泉。
ロケーションが良いので、最近では「テルマエ・ロマエ」や
国営放送の「55歳からのハローライフ第1話」で
使われたそうです。ハイ(^-^)/


大滝温泉、天城荘の河原の湯
大滝温泉、天城荘の河原の湯


とてもワイルドな感じですが、良く整備されていて、湯船綺麗です。
混浴ですので日中は水着にて入浴。
自然のままの源泉かけ流しですから、お肌ツルツルになりますよー。


天城荘館内の露天風呂
天城荘館内の露天風呂


お宿で温泉三昧・・・
館内には内風呂・露天風呂があり、露天からはループ橋が眺められます。
計三回入って、リラックス出来ましたー。
翌日は、ゆっくりチェックアウトです。


西伊豆仁科峠
西伊豆仁科峠


湯ヶ島からクネクネ道を通って仁科峠に上がり、
西伊豆バイパス経由で1号線を走り、
箱根までやって来ましたー。


大観山でクシタニカフェに寄ろうとした所、
貸切で入れません(泣)
スズキのV-Storm1000のプレス試乗会をしていました。


広報車両で撮影していましたー。これって掲載マズイのかな?
広報車両で撮影していましたー


どんな感じのバイクなんでしょうねー。
興味沸いちゃいますo(^-^)o ワクワクッ


さて、昼も過ぎていますから、何か食べたいです。
妻の2号さんもピーピー騒ぎ出しました。
こうなると、ヒナの餌を探す親鳥の心境です。


仙石原で「腸詰屋」さんの前を通りかかったので、入ります。
ハムとソーセージのお店ですよー。
昔、軽井沢の店舗で食べた時にフランクのホットドックが
けっこう美味しかった事を思い出し、入店決定。


仙石原「腸詰屋」さんの生ハムサラダとソーセージの盛り合わせ。
仙石原「腸詰屋」さんの生ハムサラダとソーセージの盛り合わせ


テイクアウトも可能ですが、今回は店内でいただきます。
生ハムサラダとソーセージの盛り合わせとパンを頼みましたー。
生ハムはしょっぱくなくて、薄味好みの私にはありがたい。
うーん、やっぱり美味しいね。お腹も一杯!
2号さんも「お父さん、ナイスチョイスだったわ!」と満足顔。
また来ようと思いました(笑)


さーて、帰りますよー。
長尾峠を気持ち良く走り抜け、山中湖経由で帰りましたー。
全行程400キロ強の1泊2日温泉ツーリング。
帰宅して20分後、雨がザーザーと降って来ました。
セーフ(^_^;)神様仏様ありがとう。


箱根から山中湖方面へ
箱根から山中湖方面へ向かう途中に霧です


2号さんも大変満足のツーリングでしたので、
バイクに不慣れな方でも楽しめるコースだと思います。
今度は、どこに行こうかなー。


伊豆ツーリングルートマップ
ちょっとアバウトな今回のルートマップ


下記2つのブログランキングに参加しています。
   無事、ジャリ道クリアです。
    色々な所に行けるようになってもらいたいですねー。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村




コメント

No title

こんにちは

滝を見ながらの温泉は最高ですね。(^^;)

ループ橋、過去に通った事ありますが
大滝温泉はその近くに有るんですね。

いいですね。

いいですね伊豆の大滝温泉。
僕も天城の旧道は走りましたよ、BMWでしたが締まったダートでしたのでそれホの恐怖も無かったな~。
しかし愛知からですと伊豆一泊ツーは少し遠いです。

いいですなぁ(^^)

楽しそうですね(^^)
道も滝もいい感じですね(^^)
私も温泉行きましたが残念な感じでした(-_-;

No title

トンネル、絶対何かいますって(笑)
これはすごいですね…交通量は少ないんでしょうか?
ワクワクしちゃうツーですね~(´∀`*)

400㎞ですか!スゲーですね。私は岡山の倉敷の田舎もんですので県北に行けば温泉地もあるのです。サッカーの湯郷温泉でも行ってみたいですが、お尻痛くなりませんか?通勤にしか使用したことがないので、リタイアしたら挑戦しますかな。いいところにお住まいで羨ましく思いますが倉敷もなかなかですよ。またブログ楽しみにして。カブで頑張ってるみなさま楽しみましょう。

ツーリング

こんばんは (^-^)

おお!
温泉 ♪♪♪ 良いですねぇ (*^_^*)
道中の道のりもなかなか楽しそうな感じですね (*^_^*)
雨ガエル2号さんもかなり楽しめたようで (^◇^)
本当に良い旅になったみたいですね!

あっ (*^_^*)
それに生ハムやソーセージ美味しそう (^v^)
食べてみたいですねぇ (^O^)

あぁ 私もどこかに行ってみたいなぁ (^-^)

あぁ裏山C~

こんばん うぅ~ワン!
ごめんなさい、裏山シ過ぎて本音が・・・
だぁって、思いついたが吉日で、温泉にご夫婦連れ立って1泊2日なんて、あたしにゃぜェったぃ出来ませんものぉ~
けど、往復400Kmでしたらダートありでも2号さん「楽勝!」ってところでしょうねぇ?
1号さんのルート選択、ムチとアメの塩梅はさすがの一言ですねぇ♪

yoshidon 様

こんにちは。

昔、ったことがありましたかー(笑)

ループ橋をはじめて走った時、
山中に突然巨大な構築物を見て、
感動した記憶が蘇ります。

伊豆半島は、走って良し、
泊まって良しの素晴らしいスポットです。

班長 様

ありがとうございます。

そうですねー、愛知からですとちょっと距離がありますねー。
はい、旧天城峠は、とても良く整備されていて、
四輪車の轍も無いくらいフラットで走り易かったです。

是非、また行って見て下さい。(笑)

NB 様

こんにちは。

あれー、温泉行ったのに駄目でしたかー・・・
でも、そちらは素晴らしいところが沢山ありますから
またリベンジして下さいハイ(^-^)/

マルコメ 様

やっぱり何かいますかー(゜m゜*)プッ
交通量は少なかったです。
静かで緑が気持ち良いので
とても癒されましたよー。

ソフトクリームは、売っていませんが・・・(笑)

さとしり 様

こんにちは。

岡山の倉敷、行ってみたいですねー。
でも、カブですとかなり時間がかかりそうです。
神奈川から東は行き易いのですが、
西は大都市をいくつも抜けますので
距離以上に時間を要します。
時間が必要ですねー

でも、いつか行ってみたいですねー。
私もリタイヤしたらo(*^▽^*)oあはっ♪

カフェオレ号 様

こんにちは。

ありがとうございます。
とても走り易いダートです。
旧天城峠と言えば、伊豆半島のガイドブックにも掲載されている
メジャーなツーリングコースです。

今回の温泉も、撮影に使われるくらいですので
とてもロケーションの良いところでした。

妻が楽しめたので、ツーリングコースとして、
初心者でも楽しめるルートだと思います。
ソーセージと生ハム・・・グッドでした。

カフェオレ号さんも、梅雨の合間に、
是非、ツーリング行って来て下さいませ。
カブは、楽しいですねー。

ライ・スケ 様

こんにちは。

旧天城峠のダート走行は、普通に走れる方なら大丈夫と
言えるほどフラットなダートですねー。

妻が行こうと言ってくれるので、気持ちが乗っているうちに
楽しい思いをさせておけば、もっと好きになるかなーと
結構ルート選びも真剣です(;^_^A アセアセ・・・

ライスケさんも、奥様をさそって近場の温泉如何ですかハイ(^-^)/

楽しそう

緑と滝の温泉、気持ちいいでしょうね。
宅の家内より、ここ行きたいと指示が飛びました。車になりますが(爆)

にわか検索し、とりあえず基本情報把握できました。ただ昨今の混み具合等わからなかったので(汗)雨ガエルさんの時の状況を教えていただけたら幸いです。
また、水着とのことで体を洗ったり着がえはどんな風になるんでしょうか?
質問ですみません。

mako 様

こんばんは。

行かれますかー(笑)
お風呂を楽しんで来てください。
水着は宿の内湯で着替えが出来ますので
女性でも安心です。

あとは、河原の湯まで5分ほど下りますので
羽織るものを持って行かれると良いかもしれません。
私は、海パンにバスタオルでした。

混雑具合はわかりませんが、
先週末はとても空いていまして、
お風呂は貸し切り状態でした。

内湯も中々のものですよー。
家族風呂も狭いですがありました。

楽しんで来てくださいねー(笑)

いつも楽しく見てます(=゚ω゚)

カブでの温泉ツーリングいいですね(=゚ω゚)
私は今教習所に通ってて最初に乗るバイクはクロスカブにするつもりなのでいろいろ参考にさせてもらってます(#^.^#)

ツーリング羨ましいです!梅雨と休日出勤で全然乗れません(涙)伊豆は良いですよねえ。

おいちん 様

こんにちは。

はじめてのバイクがクロスカブかもしれないのですねー!
クロスカブは、標準のカブより少々大柄のポジションで
オートバイ的です。
でも、扱いやすや、経済性はカブそのものです。

カブで温泉ツーリングも楽しいものです。
私のブログから、カブが楽しそうだなと
思っていただければ幸いです。

是非、カブライフをはじめて見てください。
教習頑張ってくださいね。

パパベリー 様

こんにちは。

お疲れ様です。
そろそろ乗りたくなりましたかー?

また、近場をご一緒願います(笑)
非公開コメント

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: