昨年、この景色を一緒に見たよな・・・

今日は、悲しい話をします。

バイクシーズン真っ盛りに、
水をさすようですが、どうかお許し下さい。

気楽に乗れるカブだって、
転倒すれば大きなダメージを受けるし、
場合によっては死ぬことだってあるんです。


先日、カブ友が事故で亡くなりました・・・

そもそもバイクは危険な乗り物です。
私も若いころは無茶をしました。
今、こうしていられるのは、
運が良かったのかも知れません。


だけど・・・

人が死ぬということは、大変なことですね。
本人はもとより家族、友人、知人、
沢山の方に影響を及ぼします。


もし、無茶をしていなければ、

昨年と同様この場所で

「こんにちはー。」と笑顔で挨拶を

交わしていたかもしれません。

昨年は、この景色を一緒に見たよね・・・。
昨年、この景色を一緒に見たよな・・・



これからやりたいこと沢山あったでしょう、
将来に多くの可能性を秘めていたことでしょう。

彼と一緒に撮った写真を見て悲しくなります。
なんだかやるせない気持ちで一杯です。

先日、妻と二人でお別れに行って来ました。
故人のご冥福をお祈り申し上げます。

皆さんも楽しく乗り続けるために
もう一度、自分の走り方を
見つめ直してみませんか。


下記2つのブログランキングに参加しています。
   明日は我が身と思って気をつけたいと思います。
    無茶はしないようにしないといけません。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村




コメント

何と!!

ご愁傷様です。
お力落としの無いよう。心中お察し申し上げます。
おっしゃるとおり、全身露出ですからくれぐれもお気を付け下さい
アナログ爺の歳になりますと、日常茶飯事の如く発生いたします。
寂しい限りです。
それでも、カブ菌感染者で走りたい病を発症してしまうと、
これはどうにもなりません。
無理をせずに、楽しくカブライフを楽しみたいと思います。
くれぐれも御自愛賜られる様申し添えます。

あれから毎日

人づてに聞きネットで情報を調べまくりました
どうしても信じることが出来なくて…
でも現実でした。

調べれば調べるほどそのときの様子が手に取るように解りました。
もしかしたら彼ではなく私だったかもしれない
たまたま彼だったのかもしれない
あれから毎日自分に問いただしながら通勤してます。

ご両親の事を思うとやるせなくて堪らなくなります。
ご冥福をお祈り申し上げます。

No title

私の友人もバイクで亡くなっています・・・

だからこそ、バイクで死ねないと考えていますね・・・
でも、死は突然降り懸かりますから
悔いのない様に生きています(笑)

No title

若いってだけで未来もあるのに
彼は特別の何か有能もありましたね
気が早いかもしれませんが
今年のCC青山が少しガッカリです
とにかく ご冥福を祈ります。
自由と命を引き換えにしてはいけませんね

No title

急なお別れは
特に驚きと悲しみがとても大きいですよね…
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします

No title

故人のご冥福をお祈りするとともに、1号さんがおっしゃるように、カブのみならず車の運転も含め、今一度自分の走り方を見つめ直してみたいと思います。

No title

 私も、タンデムさんから聞いた時には、俄に信じられませんでした。新聞の記事を見せられても何かの間違いだろうと思っていました。彼の屈託のない笑顔を思い出すと悲しくなります。ご冥福をお祈りいたします。

No title

御冥福をお祈りいたします。私にはどなたのことかわかりかねますが、お若い方のようなので残念です。私自身も最近、危険性を甘く見ていた事に改めて気付きました。カブ好きの方がこの様な事になってしまい残念です。

アナログ爺 様

こんにちは。

とても残念な気持ちになっています。
自分も歩んできた道なのですが
運が良かったとかたずけて良いのか・・・

何故、スピードを求め出したときに、
違う方法を薦めなかったのか
後悔に似た感情が沸いて来ます。

長後街道 様

とても元気で明るい青年でしたから
とても残念です。

私は、これからも二輪車に乗り続けますが
無茶はしないように乗りたいです。

お互い気をつけていきましょう。

官房長官 様

こんにちは。

はい、長年乗り続けていると友人を
失った経験はありますね。

私も転びたくないですし、怪我もしたくないです。
命を落すようなこともしたくない・・・

でも、明日は我が身と気を引き締めて
楽しく乗り続けたいと思います。

Ducky ! 様

気持ちが沈むのは当たり前の話しですが、
同じ過ちを繰り返さぬよう、
語り続けながら、乗り続けて行きたいです。

本当にもったいないです。

マルコメ 様

本当に突然でした。

これからと言う人の悲しい出来事は辛いですねー

同じ過ちを繰り返さぬよう語り続けて行きたいと思います。

かんとく 様

楽しいだけではないバイクライフ・・・
私自身も自分を見つめなおしたいと思います。
お互い気をつけて乗りましょう。

レンゾー 様

本当に驚いたのと、何故・・・が最初に思ったことです。
明るく元気な好青年でした悲しいですね。

蝦夷地のオヤジ 様

こんにちは。

若者の死は辛いです。

蝦夷地のオヤジさんのように捉えていただくと嬉しく思います。
ベストシーズンに水をさすようでしたが、
注意喚起のつもりで書かせていただきました。

またいつか元気な顔でお会いしたいですね。ハイ(^-^)/

久し振りです。

久し振りですm(_ _)m 僕も3月21日にタクシーと接触して 骨盤と足を数箇所の骨折しました。その後に血栓になって肺動脈が詰まって大手術になりました‥まだいつ退院か見当もつかない状態です。 プコカブも残念ながら廃車になってしまいましたT^T これからもお互いに安全に楽しくバイクを乗りましょう。毎回 雨ガエルさんのブログを楽しみに拝見してます(^^)

超歌舞 様

こちらこそ、ご無沙汰いたしております。
いつも応援ありがとうございます。

それほど大変なことになっているとは知りませんでした。
どうかお体ご自愛ください。
もし、気晴らしになるようでしたら、
気軽にコメントをしてください。

ありがとうございます。
妻共々気をつけて乗りたいと思います。

また、元気に復活できることを願っております。

バイク

こんにちは (^-^)

大切な仲間が亡くなられたのですね (>_<)
私も昔、身内をバイクの事故で亡くしています、
バイクは自動車と違って、事故になってしまった場合
危険度が非常に高い乗り物です。
時々、急いでたりしてスピードをだしてしまうことがあります
(>_<)
そんな時も焦らず、落ち着いて乗らないと! と反省です。
みんながこれからも、バイクとの楽しい想い出を心に刻めることを、雨ガエルさんの大切な仲間のご冥福を祈ってます!

カフェオレ号 様

こんにちは。

バイクは危険な乗り物とわかっていても、
いざ知り合いが亡くなると辛いですね。

それが自分よりはるかに若い人だと
余計に辛くなります。

昔は、仲間が事故で亡くなっても
悲しいと言う気持ちは同じでも
お前の分まで乗ってやると言う気持ちになりました。

今では、若い人の分まで乗れないし
彼らの足元にも及ばないですから・・・
やっぱり虚しいですね。

お互い気を付けましょう。

先ずはその方のご冥福をお祈り致します。

快楽と危険を表裏に含むバイクと言う乗り物、乗り手の意思次第ではどうにもならない事も多分にあるでしょう。

だからこそ乗り手は意識高く運転に心掛けねばなりませんね。

No title

初めまして

バイクは風を肌で感じることができる乗り物の1つです。
それだけに危険な乗り物であることも確かです。

私もその乗り物にずっと乗ってまいりましたが、今こう
して元気でいられるのは、雨ガエル1号さんの言われる
ように運が良かったです。

自分だけではなく家族がいるんだということも考えて
気をつけて通勤・ツーリングを楽しみたいと思います。

べんぞう 様

乗り手の意識でだいぶリスクは減らせますね。

上手く言えませんが、何とかならなかったのかなと
残念でなりません。

それでもバイクに乗り続けています。

papacub110 様

こんばんは。

こちらこそ、はじめまして。

私も明日は我が身ですから何とも言えませんが
誰もが通る道なのかなーと思ったりもします。

ただそこを運よく切り抜けたものが>我々なのかなーと
思ったりもします。

若いときはイケイケで怖くなかったバイクも
結婚して子供を持ったらもう怖くて仕方ありませでした。

失うものの尊さを忘れないように
乗り続けて行きたいですね。

お互い気をつけて楽しみましょう。

No title

まさかとは思いますが、先日の質問の意味はもしかして・・・

私自身、自爆で何度も死にかけましたし、一緒に走っていた友人が突然事故に遭ったこともありました。
バイクに乗る限り、リスクは背負い続けるものという気持ちを忘れないようにしたいです

Baker7 様

こんばんは。

そうです、そのまさかです。
あの元気な明るい笑顔が見れなくなりました。
悲しいですね。

お互い気をつけて乗っていきましょう。

雨ガエルさん
好きなバイクで友人を亡くすのは辛いですね
オラも友人を何人もバイク事故で亡くしました。
だから群れて走る事をやめました。
ツーリングも現地集合でやってます^^;
群れて走るのはサーキットでやってます
雨ガエルさんも気を付けて楽しいバイクライフを楽しんでくださいませ^^v

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

風小僧 様

風小僧さん、こんにちは。

はい、私も何度か経験しておりますが
捉え方がだんだんと変わってきました。
悲しい気持ちはおなじなのですが、
もったいないですとか、虚しいとか
やるせない感じです。

私もソロで走ることが多いです。
サーキット走行も離れてから何十年もたちました、
スキルもすっかり低下しています。

ありがとうございます。
楽しく乗れるうちは、
気をつけて乗っていこうと思います。

鍵コメ 様

> 場所はわかりますでしょうか。

そちらのブログに返しておきましたが、
メアドいただけると助かります。

No title

知人の死は、辛いです。

バイクに乗る時点で、リスクはあります。
なので、自分でリスクを少なくなるように「意識」が、大切なのでしょうね。

スピード、パワー、道路状況、装備、体調、体力などでしょうか・・・
事故に巻き込まれることもあるでしょうし・・・

お互い、命と家族、走っている時の周囲の人々を、守りたいですね。

ご友人の、ご冥福を祈ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

心からご友人のご冥福をお祈りいたします。

馬力が小さいカブは、他のスポーツバイクほどスピードの出るものではありませんので、自滅等による死亡事故は少ないのでは?とは思いますが、とはいえ、やはり、バイクはバイク。

むき身で走っている以上、ぶつけられたりスピードが出ている時に突っ込めば、結果は目に見えています。

それが故に当方の愚妻やおふくろ様の脳内には、バイク(カブ)=死の危険!」という方程式が成り立っているようで、当方はたかがカブでも皮のつなぎこそ着ませんが、基本、フルに近いプロテクションを装着しています。

好きで乗っているものだからこそ、周りの人の想いも考慮しなくては!」と考えています。

taka 様

こんばんは。

バイクに乗ること自体リスクですものねー。
漠然と乗りがちですが「意識」もたなければいけませんねハイ(^-^)/

どうしても避けられないときもありますが、
それでも生きて帰らなくてはいけません。

家族のために・・・

気をつけてのって行きましょう。

鍵コメ 様

こんばんは。

いやー、とにかく残念です。
親御さんのことを考えてしまいますねー。

Kamezy 様

こんばんは。

> 心からご友人のご冥福をお祈りいたします。

ありがとうございます。
現場を通るたびに花束が増えていて、
故人の人柄が伺えます。

バイクは危険な乗り物、本当にそう思います。
何年乗っていてもヒヤリハッとがあります。

装備は、しっかりしたいものです。
しかし、近所のコンビニへちょっと・・・
そんな時、半ヘルにノーグローブだったりします。
いけませんね。
非公開コメント

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: