クロスカブCC110&CT110比較試乗in八ヶ岳!

昼間はポカポカ暖かく、
カブに乗っていても気持ち良いですねー。
でも、朝晩はちょっと寒い。

そんな気候の中、キャンプツーリングへ行って来ました。
今回、お誘いいただいたのは、
クロスカブ乗りのMさんです。


2台のクロスカブin八ヶ岳
2台のクロスカブin八ヶ岳


長年バイクに乗り続けて来られたそうですが、
昨年、クロスカブに乗り換えて、
私のブログを見ていただいたそうです。

そのMさんの紹介で、八ヶ岳の麓にあります・・・

BE-PALなどでご存知かと思いますが、

「シェルパ斉藤」さんの活動拠点、

チームシェルパへお邪魔させていただきました。


チームシェルパ
チームシェルパ


お庭がキャンプ泊出来るようになっておりますので
テントと寝袋持参で参加させていただきました。

昨年の秋、カブ友と道志でキャンプをした時、
恥ずかしながら寒くて辛かった記憶が蘇ります。
今回は、しっかりした装備で行かなくては(⌒^⌒)b うん


テント設営完了
テント設営完了


シェルパ斉藤さんの所へ到着すると、
早々にテントを設営して、夜に備えます。
日も暮れるころには、沢山の方々が集まり談笑です。

自己紹介のあとは、斉藤さんのトークショーで盛り上がりました。
さすが楽しさを伝えることを仕事にしている方ですねー。
見ること聞くこと思わずやってみたいと思ってしまいました(^^;)

まだまだ話しは尽きませんが、午前様を回ってしまいましたので
本日はお開きといたします。

さーて、寝ましょうヽ(* `O´ *)ノファーーァ!

防寒対策をして大正解。
明け方、なんと4度くらいまで気温が下がりましたー。
夏用の寝袋をダブルで使用しましたので朝までグッスリ。
超快適に朝を迎えることが出来ました。ヽ(^◇^*)/ ワーイ

朝食は、釜炊のご飯と自家製のお漬物でいただきます。
うーん、美味しいねー。
コーヒーを飲みながら、斉藤さんとMさんとカブ談義・・・


CC110とCT110比較試乗
CC110とCT110比較試乗


CT110オーナーでもある、シェルパ斉藤さん。
クロスカブに乗ってみたいとのことで、
シェルパ斉藤さんのCT110が登場いたしまして
急遽比較試乗会となりましたー。


シェルパさんのCT110
シェルパ斉藤さんのCT110
大型リヤキャリア、アルミリム、吸気・・・など等カスタムされています。



八ヶ岳の麓をCC110とCT110が快走です(^o^)v


比較試乗中
比較試乗中


シェルパ斉藤さん・・・

クロスカブってCTよりカッチリした乗り味だねー
さすが新型!スピードが出ても安心感があるし、
エンジンやシフトがスムースだねー。
エンジンが良く回って、高回転域がパワフルだからスピードがでるね!
だそうです。



私・・・

CTに乗ってみて、確かに速度があがると不安定な
感じは否めませんが、60キロくらいまでなら
クロスカブよりトルクフルで乗りやすい印象を受けました。
それに、なんと言っても全体の雰囲気がとても良いです。



短い時間でしたが、両車を乗り比べてみて
CC110とCT110は、別物バイクだと思えました。
テストコースのようなところで試乗をしたら
またまた、違う印象を持ったのかもしれませんが、
一般道を常識的な速度域で走るとなると
上記のような感想になります。

もし、これがダートだったらどうなのでしょう?
いずれにしても速く走るためのバイクではないので
乗りやすさ、扱いやすさに主眼が置かれるのでしょうね。


それぞれの魅力・長所・短所があると思いますが、
両車を所有出来れば幸せですねーo(*^▽^*)oあはっ♪

簡単な比較試乗になりましたが試乗会は終了です。
しかし、CT110魅力的なバイクです♪
悪い虫が騒ぎ出さないようにしなくては・・・(汗)


お世話になりました皆さんに、挨拶をして引き上げましたー。
とても楽しい時間をありがとうございます。

また、機会があったらお邪魔したいと思いました。
お誘い下さったMさんありがとうございます。



下記2つのブログランキングに参加しています。
   一晩では、皆さんと話しが終わりませんでした~。
   また、行ってみたいですねー。



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村



コメント

斎藤氏...

 今晩は、シェルパ斎藤さんとご一緒したのですか?
私も以前「リッター60Kmで行く!日本全国スーパーカブの旅」を読んで、ファンになり感化され、カブで巡礼めぐりをした事があります。斎藤氏の良い人柄が本を読んだだけでも分かりますよね(^◇^)

僕らも

昨年11月にシェルパ斉藤氏を訪ねましたよ、同行の知人はヒッチハイクしていたかれを拾ったようで話は尽きませんでした。2013年11月8日の日記に書いてあります。

No title

相変わらずのロンツーで尊敬します。当方一応ギリギリ30代のプチおやじなのですが、カブだとロンツーは厳しいですね。そこでお尋ねしたいのですが、①カブだとタンクが小さいので燃料が厳しいかと思いますが、ガソリンスタンドの少ない辺鄙(へんぴ)なコースは避けていますか?②高速道路ですと、パーキングのベンチで仮眠したりできますが、一般道ですとそれができませんがどうしていますか?

羨ましい〜

僕にとってビーパル誌上だけの伝説の人物に逢えるとは羨まし過ぎです。
そしてキャンプツーリングに出掛けたくなりました(^^)

キャンプ、ナイスです!

こんばんは。ご無沙汰しております。

チームシェルパ、知りませんでした(´Д`ι)アセアセ
スゴク楽しそうなところですね!

こんなさわやかなキャンプ場での朝食&モーニング
コーヒーは最高でしょうね!

八ヶ岳でしたら岐阜からも行ける距離ですので
すぐにでも行きたくなってしましました!(笑)

ナイス情報ありがとうございます!

No title

いつも楽しく見させていただいています。シェルパ斉藤さんと
カブで走るなんてすごいですね。シェルパ斉藤さんの生き方は
憧れます。ちょっと現実離れなところがあり、うらやましく思
ってます。きっと素敵な方なんでしょうね。
雨ガエルさん 今後もHP楽しみにしています。

レンゾー 様

こんにちは。

私もシェルパ斉藤さんのスーパーカブの旅は、知っていますよー。
レンゾーさん感化されたのですか?(笑)
何となくわかります。
シェルパ斉藤さんの、話しを聞いていると自分もやってみたくなりますねー。

班長 様

こんにちは。

班長さんも行かれたことがあるのですねー。

初めて行ったのですが、とにかく鉄人揃いでして、
何千キロも歩く方や日本列島を往復するくらいの
トライアスロンやら・・・
聞いてるだけでビビリました。

でも、シェルパさんのライフスタイルの一部でも、
体験してみたいなーと思いました。ハイ(^-^)/

やす 様

こんにちは。

確かにツーリングバイクに比べると疲れますし
燃料タンクの容量も小さいですねー(^^;)

お尋ねの件ですが、

①について
ツーリングの際は、予備燃料を専用容器に入れて持参しております。
行き場所によって、0.5リットルと4.0リットルを使い分けています。

②について
一般道でも道の駅や公園など、迷惑にならないようなところで
休憩したりします。
テント泊は、むやみにできませんので、
専用サイトなどに設営しています。

寒かったり、荒天時は、無理をせずにビジホへ泊まります。

ottoberry 様

こんにちは。

アウトドアの達人と言う感じで素晴らしい方でした。
カブは、旅の足、お出かけの足として利用されている方ですので、
クロスカブについても楽しくお話しをさせていただきました。

CTも奥から出してきてくれまして、
気がつくと試乗会となっていましたので、
行動的な方だなーと感心いたしました。

沢山出かけて楽しみましょう。

モリスケ 様

こちらこそ、ご無沙汰いたしております。

そうですねー、私も良く知りませんでした(^^;)
今回、カブ友のMさんの紹介で連れて行っていただいたので
斉藤さんに、お会いすることが出来ました。

普段は、お仕事で飛び歩いているそうですから、
八ヶ岳には、不在がちだそうです。

奥様が、お店を併設していますから、
いつでも休めると思いますので、
機会を見つけて訪れて見て下さい。




>
> こんなさわやかなキャンプ場での朝食&モーニング
> コーヒーは最高でしょうね!
>
> 八ヶ岳でしたら岐阜からも行ける距離ですので
> すぐにでも行きたくなってしましました!(笑)
>
> ナイス情報ありがとうございます!

No title

素敵な経験をされたようで、素直にいいな~って思います(笑)
シェルパ斉藤さんは郵政カブの大型キャリア付けてたんですね。
やっぱりなって感じです。
カワサキシェルパが停まってるのに笑ってしまいました。
クロスカブの方が圧倒的にスムーズだなと思います。
ハンターカブにクロスカブのエンジンを載せて、足回りをちょっと弄ったらなぁ・・なんて妄想してます(笑)

koshi 様

こんにちは。

いつも応援ありがとうございます。
カブ友の紹介で斉藤さんに紹介いただきましたので
とてもお話しがしやすかったです。

斉藤さんの生き方というか、楽しみ方はスケールが大きくて
素晴らしいと思いました。
私も、その一部で良いですから、やってみたいなーと思いました。

こちらこそ、これからもよろしくおねがいします。

postpapa 様

こんにちは。

はい、楽しい時間を過ごさせていただきました。

> シェルパ斉藤さんは郵政カブの大型キャリア付けてたんですね。

はい、おかげで吸気口のカスタムが必要になったそうです・・・

> カワサキシェルパが停まってるのに笑ってしまいました。

自分と同じシェルパと言う名前に惹かれて所有したそうです(笑)


確かにクロスカブは、新しいですからスムースです。
CTにクロスカブのエンジン積載・・・
良いかもしれませんねー。

いっぱい妄想して下さい。
凄い、カブが出来上がりそうですねー。

CC110もCT110も候補にあげ検討しましたが、僕は今JA07プロ。CCは足つきが(>_<)CTはよいタマが(T ^ T)でもこの2台に負けない位に無骨な感じがお気にデス。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

下道で 八ヶ岳!

二月から 乗り出した クロスカブ 。 孫守と自転車乗りの 合間のクロスカブ なかなか距離が 延びません(^O^)
連休明けたら 道志みち 走りたいですね。

べんぞう 様

こんばんは。

JA07プロは、素晴らしいですね。
フロントの剛性ある作りは魅力です。

CCかCTかどちらかを選ぶことは悩ましいです。
でも、自分が一番と思うバイクが最高なんでしょうね♪

鍵コメ様

こちらこそ、お世話になりました。
また、連絡させていただきますね(笑)

おがた 様

こんばんは。

カブの楽しみ方は人それぞれ楽しいと思うペースで良いですねー!
暖かく、新緑が鮮やかな中をトコトコ走ると生き返りますよー。
連休明けの静かな道志道もまた素晴らしいです。
また、お会いしましょう!

No title

こんばんわァ~
チームシェルパに行かれたんですねぇ~
八ヶ岳の麓にシェルパ斎藤さんがキャンプ場兼お店兼自宅を設けられたとBe-Palで読んだ?のはン十年前でしたが、行ったことはありませんでしたぁ~(キャンプ先は関越、東北道方面ばかりでしたので・・・)
バイクなら行けそうだなぁ~♪

No title

シェルパ斉藤さんですか~^^
羨ましいです!
私はテーラーでの旅が印象的で何度も笑わせて貰いました^^

ライ・スケ 様

はい、カブ友さんにお誘いいただき、行って参りました。

チームシェルパさんは、お土産と軽食、キャンプなどアウトドアを楽しめる
自然豊かな場所にあります。
シェルパ斉藤さんは、多忙な方ですのでほとんど、旅をしているそうですが
奥様が留守をお守りしています。ハイ(^-^)/

カブでも行ける場所ですよー。

官房長官 様

そうですねー、メリーテーラーで旅をされたのですよねー。
とにかく楽しみを伝えることを仕事にされている方なので
色々と学ぶことが多かったです。
もっともっとカブを楽しむ事が出来そうです。

No title

ご回答ありがとうございます、非常に参考になりました。

やす 様

> ご回答ありがとうございます、非常に参考になりました。

何かの参考になれば幸いです。
楽しいカブライフを送りましょう。
非公開コメント

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: