【前編】夫婦カブ・紀伊半島三泊四日1000kmツーリング。

3年前までバイクのバの字も知らなかった雨ガエル2号さんが

紀伊半島までカブでツーリングに行きました。

カブって素晴らしいし、楽しいと思います!

共感していただけたら、ポイントアップにご協力下さいませ。

皆さんでカブの人気を盛り上げて行けたらと思っています。

↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログランキングへ


こんにちは。
12日の夕方、三重県の松阪市から
一気に帰って来ました。
天気予報では、12日は雨が降り出して、
13日は朝から雨となっていました。


雨のツーリングはとても辛いので、
観光を取りやめて早々に帰って来ましたが、
今朝の神奈川は朝から晴れです。


しかも、ポカポカ陽気で
最高のツーリング日和となっています。
うーん、やっちまった感一杯ですな~。


お母ちゃん、スマン・・・


しかも帰路では、疲れている中
渋滞を走らせるのは気の毒と思い・・・


道志みちを選択したら、
いつこんなに雪が降ったの?状態。
路側帯には除雪された雪がたっぷりあって、
路面も凍結箇所が多々ある状況。


さらには、深い霧の中を走ることとなり、
超~エクストリームでした。
判断を誤ってばかりでダメダメ父ちゃんですね・・・


さて、反省はそれくらいとして、
ツーリングレポートしましょうね~。


今回は、初めにツーリングデータを
載せてみましょう。
人によって捉え方は様々ですが、
へぇ~と思う方もいると思います。


参考までに、私のクロスカブは、
エンジンをボア・アップしてハイオク仕様。
ドライブスプロケットを14T→15Tとロングに振っています。
妻の07丸目カブは、ノーマルです。


ツーリングデータ

         クロスカブ   07丸目

総走行距離  1,137キロ   1,141キロ

燃料使用量   17.7リットル  19.4リットル

燃費       約64キロ/ℓ  約59キロ/ℓ

燃料代      2,125円    2,064円

フェリー代    2台分 11,120円
 
宿泊       ネットカフェ2泊分 8,400円
          川湯温泉・山水館みどりや 11,300円

お風呂      3,200円

食事       14,000円

お土産      2,500円

費用総額    54,709円



今回はこんな感じでございます。


さて、本編をお送りしたいと思います。


【1日目】
午前中に用事がありましたので、
出発は昼過ぎでした・・・


いや~、浜松まで行くんだぞ~。
妻と一緒で着けるのか・・・?(汗)
そんな不安をよそに一人ルンルンな奴は
もちろん2号さんです。


2号 「浜松までなら楽勝だよね?」


1号 「いや~、結構遠いよ~。」
     ずいぶんお気楽じゃないか・・・(汗)


道志みちは凍結の恐れたあるので避けまして、
R246を三島まで行き、R1へ乗る
オーソドッスなルートを選択します。


道の駅「富士おやま」 今日も富士は見えません。
道の駅ふじおやま、今日も富士は見えません。


2号さんにとっても何度も走ったことがあるルートですから、
ここまでは余裕のはずでしたが、
やはりそこは天下のR1バイパスです。


大型トラックに翻弄されながら、
走るスペースを見つけながら走ります。
時には、全開走行も余儀なくされますね~。


2号 「お父さん、こんな中走っていたら
    原付2種通行禁止の標識なんて目に入らないね~。」



1号 「でしょ~。何度も失敗してるよ(汗)」


2号 「えっ、そんな時はどうするの?」


1号 「そん時は、ゴメンナサイと思いながら
    走り抜けるしかないっ!」



2号 「・・・」


1号 「停まっても駐停車禁止区間だから危険。
    仕方ないけど走り抜けちゃうのが安全だよ。」



インカムでそんな会話をしながら、一生懸命走る2号さんです。
お陰で、この区間の燃費は過去最低の
47キロ/リットルを記録してしまいました。
もちろん夕方の浜松バイパス渋滞走行も含まれます。


さて、たいして休むこともなく、
7時間かからないで浜松入りすることが出来まして、
今夜のお目当てであります
浜松餃子の名店・「喜慕里(きぼり)」さんで夕食です!


浜松餃子 「喜慕里」きぼりさん
浜松餃子「喜慕里(きぼり)」さん。


餃子なんて何処で食べたって大して変わらんよ~、
などと思っていましたが・・・
一口食べたら(⌒▽⌒;) オッドロキー


餃子定食 大
餃子定食の大(20個)、1,280円です。


これは、美味すぎるっ!


何だろう、ほのかに芳ばしくて甘い。
それでいてしつこくない。
キャベツの甘み?
うーん、わからないけど、美味しいからいいかっ!


ラー油の旨みが素晴らしく餃子を引き立てます。
ラー油の旨みが素晴らしく餃子を引き立てます。


これは良いよ~!
餃子定食(大)をペロっといただきました。
また、行きたいと思いました~。



その後、近場の温泉施設「和合の湯」へ行き、
体を温めます。
こちらもなかなか良い感じで温まりましたよ~。
冬場のロングツーリングでは温泉が欠かせませんね!
さて、ネカフェへ行ってのんびりしましょう。


紀伊半島夫婦ツーリング・一日目ルートマップ(相模原~浜松)
紀伊半島夫婦ツーリング・一日目ルートマップ(相模原~浜松)


【2日目】
今日は、いよいよ紀伊半島ですよ~。
あっ、伊良湖岬から伊勢湾フェリーで鳥羽に渡ります。
陸路を走り、R23で紀伊半島入りも考えましたが、
夜中のR23を2号さんと伴走するのは厳しいかと・・・


朝6時、出発します。
朝6時、出発します。


でっ、8時10分出航の始発フェリーで鳥羽へ渡ります。
逆算しますと、浜松を6時には出たいので、
朝5時半起きです。


妻の準備・・・ちょっと時間が押しました。
それでも早朝ですから1時間30分ほどで到着。
真っ先にチケットを購入します。


伊勢湾フェリー 伊良湖岬 乗船待機
伊勢湾フェリー、伊良湖港にて乗船待機。


ここで帰路のことも考えて往復で購入しますと、
運賃が20パーセントほど割引されます(笑)
何だか得した気分v(^^)vルンルン


乗船して甲板員の方が挨拶をしてくれます。
うーん、良い感じっ!
カブの固定もご覧の通り・・・(笑)
「お世話になります。」


クロスカブ 固定状況
伊勢湾フェリー、クロスカブ 固定状況。


出航から約1時間、ついに紀伊半島へ上陸です。
2号さんも気分が盛り上がりっ!
朝からテンション高いっ。


2号さんの07丸目カブ 固定状況
伊勢湾フェリー、2号さんの07丸目カブ固定状況。


もう鳥羽港を降りた瞬間から、
ヘルメットの中は音楽流れてます・・・
(1/6の夢旅人、水曜どうでしょうテーマソング)


テンションアップ!
紀伊半島上陸、テンションアップ!


走り出して間もなく、2号さんが狂います。
水曜どうでしょうでお馴染みの赤福コールそのままに・・・


2号 「あーかふくっ、あーかふくっ、あーかふくっ!」


1号 「わかったから、落ち着いてくれ~。」


2号 「だって、赤福看板が出迎えてくれてんのよ~。」


1号 「宣伝用の看板だから・・・」
    よっぽど見たかったのね~。


燃料を補給して、伊勢志摩パールロードに向かいます。
昔、ここを通ろうと思ったのですが、
R260が接続されていなかったような・・・


いずれにせよ、私も初めて通ります。
日本の名道50選にも選ばれているほどの
ワインディングロードですから素晴らしいでしょうね~。


いやー日差しが冬じゃありません。
いやー、日差しが冬じゃありません。


気持ち良い道に差し掛かって間もなく、
本日のブランチスポット到着。
地元で評判のカキ小屋、「かき太郎」さんで
生ガキと焼ガキを食べようかと思います(笑)


かき太郎さん
かき太郎さんです。


10時開店なのですが、
ちょっと早く着き過ぎました~。
お店のおばちゃんに、
この上に素晴らしい景色が見える場所があるから、
見て来てご覧と教えて貰って見てきました。


カキ太郎さんに教えてもらったビュースポット養殖場が一望できます。
かき太郎さんに教えて貰ったビュースポット。


勾配を歩いて上ること10分、カキの養殖場が
一望できる素晴らしい場所でした。
気象状況によっては富士山も見えるそうですよ~(笑)


白梅の花が咲きだしていましたよ~。
白梅の花が咲きだしていましたよ~。
我が家の梅はまだ固いツボミなのに・・・



さて、ちょうど良い運動となりました(笑)
お腹も空いて食欲旺盛です。
生ガキ・焼ガキ・カキフライ・カキ飯をいただきます。


かき太郎さん、お店の様子
かき太郎さん、お店の様子。


生カキ
生ガキです。一個120円。
カクテルソース付のを一個サービスしてくれたみたい♪



生カキは地元の湾で朝収穫したものを剥いてもらって食べます。
生ガキは地元の湾で朝収穫したものを
剥いてもらって食べます。



焼きカキです。
焼ガキです。一個120円。
こっちも一個サービスしてくれたみたい♪



焼きかき。
プリンプリンの焼ガキ。


カキフライです。
カキフライです。700円。


炊きたてかき飯
ホッカホカ炊きたてのカキ飯。350円。


もうね、それぞれ美味すぎて、説明の必要はないですね!
特に生ガキは、朝収穫されたものなので新鮮そのもの。
プリプリで何もつけなくても自然の塩分で美味かったです!
いやー、また来たいと思いましたよ~。


カキが美味しいよ~。
カキが美味しいよ~。


2号さんの幸せ
2号さんの幸せ。



さて、お腹も満たされましたので、
やっと景色を落ち着いて見ることができます(笑)
走っていても日差しが冬じゃない感じで、
とても強くて眩しい位です。


パールロード鳥羽展望台 鳥羽一郎さんの歌詞が刻まれた記念碑
パールロード鳥羽展望台にて。
鳥羽一郎さんの歌詞が刻まれた巨大な記念碑。



鳥羽展望台によって絶景を堪能します!
鳥羽と言えば鳥羽一郎さんでしょうね~。
空と海の青さが半端なく綺麗です。


鳥羽展望台からの景色
鳥羽展望台からの絶景。


パールロードを気持ち良く走っていると、
鳥羽展望台で撮影をしていたバイク情報番組、
Like a windのクルーさん達が手を振ってくれました~。
どうも~、気持ち良いですね~。


綺麗な日差しの中、Like a windの撮影クルーさんが手を振ってくれました~(笑)
綺麗な日差しの中、Like a windの撮影クルーさんが手を振ってくれました~(笑)


日差しが眩しくて、素晴らしかったですよ~。
日差しが眩しくて素晴らしかったですよ~。


さてさて、志摩市からR260、R42と走り、
尾鷲市の海鮮市場「おとと」さんでお昼です。
ここは地元でも人気の海鮮スポット。


尾鷲市で評判のお魚市場「おとと」さん
尾鷲市で評判の良いお魚市場「おとと」さん。


平日にも関わらずお客さんが沢山います。
私達はそれほどおながが空いていなかったので、
パックの握り寿司をいただきました~。


おととさんで握り各種をいただきました。安くてうまし
おととさんで握り各種をいただきました。
これがなかなかどうして、安くてウマし!




さてさて、尾鷲からはR311を走り、
熊野市を経て川湯温泉へ向かいます。
私は2年前にもカブで来て泊まっています(笑)


川湯に到着後、まずは有名な仙人風呂を見学・・・
さすがに2号さんには無理ですね~。
ワイルド過ぎますし、男子が一杯入っています。
撮影もはばかられましたので画像はなしです。


ちょっとがっかりしながらも
本日のお宿「山水館みどりや」さんに到着です。
いい感じの旅館ですが、なんでも2号さんたら
1万円分のクーポン券をゲットしていたそうです。
お陰で夕飯無しの朝食のみでした(笑)


川湯温泉「みどりや」さんのお部屋です。和室は落ち着きますね~。
川湯温泉「山水館みどりや」さんのお部屋です。
和室は落ち着きますね~。



十畳のお部屋は眺望良好!
大塔川と露天風呂が一望です(笑)
トイレ(ウォシュレット)とお風呂(使わなかった)付きで、
前日ネカフェ泊の私達にはとても快適でした。


さて、温泉ですよ~。
川湯温泉は、目の前の大塔川の河原から
温泉が湧き出る珍しい温泉。
温度は65度。泉質は・・・
ナトリウム-炭酸水素塩、塩化物泉です。
エントランスに源泉飲泉所もありますよ~。


山水館みどりやさんの源泉飲泉所。
山水館みどりやさんのエントランスにある源泉飲泉所。


一番の売りは、河原にあるワイルドでオープンな
露天風呂に内湯から直接出られることでしょうかね。
一応、湯船は男女別なのですが、本当にオープンなので…(笑)
2号さんは暗くなってから入るとのこと。
(女性は脱衣所に湯あみ着が用意されているので安心ですよ。)


でっ、私は失礼しまして・・・チャポン。
いやー、極楽、極楽。
この開放感がたまらんですな~。


ワイルドな露天風呂です。左 男湯  右 女湯
部屋から撮影、大変ワイルドな露天風呂です。
左:男湯、右:女湯。



上からも丸見えですが・・・ナニカ?


見る方が悪いと言うことで・・・
私は、露出狂ではありません。


そんなこんなで夜は更けて行くのでした。


つづく。


明日は、【後編】3日目と最終日をお届けします。


紀伊半島夫婦ツーリング・二日目ルートマップ(浜松~川湯温泉)
紀伊半島夫婦ツーリング・二日目ルートマップ(浜松~川湯温泉)


当ブログは下記2つのブログランキングの
カブ系・バイク系カテゴにリに参加中~。
一日一回バナーをポチッと押して頂けたら嬉しいです!

雨ガエル2号さんの紀伊半島初体験ツーリング、
いかがですか!?続きは明日っ!


ブログ村 バイクブログ カブ系
ブログ村 バイクブログ カブ系


FC2バイクブログ ランキングへ

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: