雨の瀬戸内・四国巡りっ!前篇

みなさーん、こんにちは。
瀬戸内・四国ツーリングから帰って来ました
雨ガエルです。


今日は結構ヘロヘロですがツーレポを
妻に尻叩かれて書いてます!

そんな私にポチッとお願いですよ~

↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 バイクブログランキング
にほんブログ村 バイクブログランキング


はい、ツーリングレポート行ってみよ~!


すごーく長くなりそうなので、
ダラダラ書いてもつまらない。


今回、妻が実況中継してくれたので、
それ以外のところで書いていきたいと思います。
前篇・中編・後編の3回くらいで
まとめたいと思っています。


ではスタート!


今回は・・・天候がとっても不順で、
雨に降られなかった日は一日もありませんでした。


でも、しまなみ海道を走った日だけは、
雨に降られませんでした~。


これも神様のお蔭だね。
雨で挫けそうにもなったけど、
ポジティブに捉えればそういうことになります(笑)


【1日目】

10時ころ自宅を出発します。
朝からどんよりとした空は、
出発するころには泣いていました・・・


あー、早々に雨か~。
雨の大嫌いな私は、この先思いやられます。


旅の始まりです。
旅の始まりは、宮ケ瀬から・・・


道志みちから山中湖へ出ると、
待ってました60,000キロ達成!!
購入から約2年2か月です。


祝60,000キロ達成!
祝60,000キロ達成!


60,000キロを走ってみて、
色々思うところがありますが、
この件は近日中にお話したいと思います。


R469を富士市まで走り
R1を浜松へ向かいます。
富士市にはキャラの濃いカブ友さん達が
一杯いますね~(笑)


今回は、時間が無いので、
挨拶無しに抜けますがゴメンナサイ。
また今度、寄りますから~(汗)


R1の流れは速いです。
制限速度って何なんだろうね~。
そんな気持ちで走ります。


大海に舞う木の葉のようにもまれながら、
淡々と西に向かって走ります。


途中、原付二種の走れない区間が
多々ありますが、大分慣れましたので
なんとか切り抜け浜松まで来ました。


静岡にきたら「さわやか」ハンバーグです。
静岡にきたら「さわやか」ハンバーグです。


ここで切り株ライダーことノブゾーさんと
ご飯を一緒に食べました~。


ノブゾーさんとさわやかミーティング
ノブゾーさん登場!


先月、あぶくまカブ会の時に、
はるばるいらしてくれて、
大好物のうなぎパイをお土産にいただいたので
是非、さわやかでハンバーグを一緒にと思って、
お誘いしました~(笑)


ノブゾーさんと、ちょっと会うつもりが
2時間近くしゃべってしまいました・・・
しかも・・・
ご馳走するつもりだったのに、
ご馳走してもらっちゃいました(汗)


ノブゾーさんからのお土産
ノブゾーさんからのお土産


さらに、おみやげまで貰っちゃって
ああー、申し訳ありません。
「来てくれたことが嬉しい・・・」


そんなこと言われたら、
また来ちゃうでしょお~。
はい、また来ます、またお誘いします!
今度こそ私がっ!


名残惜しいのですが、今日中に姫路まで
行かないといけませんので、
ここでお別れです。


浜名湖を過ぎると日も落ちて暗くなりました。
夜のR1からR23へ入り走ります。
ここもすんげー速いペースです。


蒲郡辺りまで来ると雨・・・
夜の雨中走行は、前が見にくくて怖いですね~。
でも、シールドに撥水剤を塗っておいたので、
大分違います。


もうどうなっても良い状態で
トラックの波をかいくぐり、
R23を四日市まで無事切り抜けまして、
ここから再びR1へと戻ります。


夜間で雨と霧の鈴鹿峠を越えます。
うーん、楽しくないっ!


我慢して走り、滋賀県まで来ましたよ~。
この付近にはもブ友さん達が
一杯住んでいるんだよな~。
こんな時間じゃ寄れないし会えません(泣)


淋しさに拍車がかかり始めたので、
R9からR372へ入るところで
コンビニ休憩です。


夜も深まってまいりました。
夜も深まってまいりました。


R372は、カブ友さんに教えてもらったルートです。
こりゃー良いですね~。
昼間だったらかなり走りやすくて、
楽しいルートだと思いました。


ずーと降ったり止んだりで、
疲れは無いけどつまらない・・・
午前4時ころ姫路に着いて、ネカフェへIN。


最大の難関をパスしましたので、
明日からちょっとゆっくり走れます。
お休みなさい。


1日目ルートマップ。
1日目ルートマップ。
相模原~姫路。



【2日目】

朝からムシムシと暑いです。
雨は降っていないのですが、
安定している感じではないですね~。


今日は、移動日ですからサラッと済ませましょう。
朝ゆっくり目に起きます。
昨日というか今朝までの疲れをチェック!


うーん、大丈夫そうだね。
思ったより体にダメージは来ていません。
身支度を整えて出発です。


今日は、目的の一つである
平成の大改修が終わったばかりの
姫路城を見ることです。


ネカフェから10分も走らずに着きました。
おおー、まさしく白鷺のごとく真っ白です。
こりゃー素晴らしい!!


真っ白な姫路城とクロスカブ
真っ白な姫路城とクロスカブ


しばしその勇姿に感激をしておりました。
さて、中に入って見ちゃおうかな~。
なんて思っていましたら・・・


某国の団体観光客が凄い!
ちょっと迫力負けをしてしまい、
中に入るの止めました(汗)


また来ればいいや。
そんな感じで次行きます。
さて、お次は岡山ブルーラインを目指します。


姫路からR2は原付2種走れませんので、
R250へ行った方が良かったかな~、
とにかく迷いましたよ~。


暑くて道がわからなくなって、
心が折れかかりました。
ダメージを受けた私に追い打ちをかけるように
煽ってくる車が1台・・・


お前に俺の気持ちがわかるかよ~。
バ○野郎!
と心の中で叫び、道を譲ります。


それでも右往左往しながら、
岡山ブルーラインに入れました~。
ブルーラインと言われても、
どんよりと厚く垂れ込めた雲のお蔭で
青くありませんでした。


しょうがないですよね~。
そんな気持ちで降ったり止んだりの中、
R2岡山バイパスを走ります。


しか~し!


何だ、この道は?
めっちゃくちゃ流れが速い。
絶対これおかしいよ?


原付二種走っちゃダメなところなのかな?
でも、進入路には125cc以下進入禁止の札は
無かったと思うのだけど・・・


んっ、ここって制限速度70キロなの?
ひぇ~マジですか~。
確か新潟バイパスもそうだったな~。


後ろからバンバン突かれまくりで、
生きた心地がしませんので、
モードを切り替えます。


ハイパーモードオン!


はい、やる気になれば僕ちゃんのカブだって
ちゃんと走れるんですよ~。


流れに乗って走ります。
時には流れをリードさせてもらいながらの
岡山バイパスでした。


世の中には、とんでもないところを
カブで走って良いのですね~。
2号さんには走らせたくないな~。


はい、福山到着です。
汗をかいたし、スーパー銭湯で
さっぱりして、ネカフェでお休みします。


なんかここまで来れただけで
満足してしまいますね~。
明日からやっとツーリングという感じになにります。
楽しむぞ~。
いよいよしまなみだ~!


2日目ルートマップ。
2日目ルートマップ。
姫路~福山。



続く


当ブログは下記2つのブログランキングの
カブ系・バイク系カテゴにリに参加中~。

  ひぇー、書くのに必死です。
  明日は中編行きますよ~。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


FC2バイクブログ ランキングへ
ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: