抜きつ抜かれつ・・・疲れたよ~♪

サーキットで繰り広げられる
抜きつ抜かれつのレースは、
最高にエキサイティングで面白いですね。


でも、一般公道で思わず
抜きつ抜かれつの走りになってしまい、
気を遣いました。


先日、暖かくて気持ちが良かったので、
ちょっと三浦半島方面まで走ってきたんですよ~。


観音崎から房総半島を望む。
観音崎から房総半島を望む。


湘南江の島から鎌倉方面へ
R134を走ってきました。
流れはちょっと悪かったです。


江の島を過ぎたあたりで、
信号で大型バイクに追いつきました。
信号が青に変わり、発進です。


もちろん大型バイクが先行しますよ~。
私も後ろを追従する感じで走りました。


七里ヶ浜の信号で再び止ります。
この時、私は左側を抜けて先頭に出ました。
3台くらい後方に大型バイクがいます。


稲村ケ崎の信号でちょっと広くなったので、
大型バイクが先頭に抜けてきました。
また、大型バイクが先を走ります。


すると今度は、工事渋滞・・・
カブなら左側抜けられるけど、
大型バイクは無理そうだな~。


ゴメンナサイねー。
左から先に行かせてもらいます。


で、先行すると、由比ヶ浜の信号で停車。
大型バイクが再び先頭に。


何だか気を遣っちゃうな・・・


鎌倉入口の信号が赤です。
先行する大型バイクさん、左側を抜けるようで
進路を左に寄せました。


がっ、しかし・・・!
この辺は、路側帯に砂が吹き溜まっているのです。
気を付けないと、転倒しますよー。


大型バイクのライダーさん、
砂にハンドルとられてバランスを崩しちゃいました。
危なかったですねー。ドキドキ!


私はカブですから、意外と走れてしまいます。
ここでまた先に行かせてもらいます。


観音崎展望公園。
観音崎展望公園。


なんだか妙に気を遣っちゃいます。
挨拶をして左側を抜けてくるのですが、
こう何度も抜きつ抜かれつを繰り返しますと、
バツが悪いやらなんやらで・・・


先行するならドンドン行きたいですが、
所詮はカブなので、直線が見えると
あっという間に差を詰められちゃいます。


大型バイクのライダーさんも、
気を遣ったかも知れませんね。


車両特性が違いますからね。
たまにはこんなこともあります(汗)


当ブログは下記2つのブログランキングに参加中!
カブ系・バイク系ブログが沢山参加しています。
 
 お互い気を遣いながら走ってたのですが、
 逆に気疲れしてしまいましたね~。


にほんブログ村カブ系ブログランキングへ
にほんブログ村カブ系ブログランキングへ


FC2バイクブログ ランキングへ

駆動系がスムースでチョー気持ちイイ!

駆動系のリニューアルから、
1,500キロほど走りました。
お陰で大分馴染んだ感じです。


ドライブ&ドリブンスプロケットに
ドライブチェーンを交換したのですよ~。


フロントアルミリムとハブ。
フロントアルミリムとハブ。


同時期に交換したアルミリムですが、
新品のハブを組み込みましたので、
こちらもハブベアリングが新品でした。


リアアルミリムとハブ。
リアアルミリムとハブ。


交換直後は、こんなもんかな~?
なんて思っていましたが、このところ
凄くスムースに動くようになってきました。


センタースタンドを立てて、後輪を手で回すと、
シャーッと気持ち良く回ります。
交換前より明らかにスムースです。


シャーッと気持ち良く回ります。
シャーッと気持ち良く回ります。


これだけスムースに回ってくれれば、
駆動系の抵抗も相当軽減され、
走っててもパワーアップしたかのように感じますよ~。


ヤバイ、チョー気持いい!


カブのように限られたパワーの小排気量車は、
駆動系の抵抗が走りに与える影響は大きいです。
皆さんも駆動系のチェックをしてみて下さいねー。


RCRハングアウト・119ハイパークロスカブ。
RCRハングアウト・119ハイパークロスカブ。


私も今回、チェーンがダメになるまで
使用してしまったので、もう少し早めの
交換でも良かったのかなと反省しました~。


当ブログは下記2つのブログランキングに参加中!
カブ系・バイク系ブログが沢山参加しています。
 
  いやはや、とてもスムースに走ります。
  これは気持ちいいです!走りにいこーっと。


にほんブログ村カブ系ブログランキングへ
にほんブログ村カブ系ブログランキングへ


FC2バイクブログ ランキングへ

ビギナー向け雨天走行講座!

こんにちは。
周期的に天候が変化していますね~。
3日おきに雨が降ります(泣)


雨の日は、視界は悪いし、
路面は滑りやすいし、
乗っていても楽しくありません。


雨の中カブで通勤です・・・
雨の中カブで通勤です・・・


なので、雨の日は、カブに乗りたくありませんね~。
でも、通勤では乗らなくちゃいけません。
ということで、本日はネガティブにお届けしましょう。


私が雨の日に気を付けていること・・・!


ベテランライダーさんはご存じでしょうが、
路面は、雨の降り始めが一番滑りやすい
って、ご存知でしたか?
実は、路面の塵や埃が雨によって
表面に浮いて来るから、とても滑りやすいんです。


油が路面にテカテカと浮き出てくることもありますねー。
雨が降り出して路面が濡れ出したら、要注意です。


うーん、汚れてしまいました、洗車しないとね~。
うーん、汚れてしまいました、洗車しないとね~。


汚れが流れてしまうほど雨が降れば、
路面の状態も落ち着いてきます。
でも、滑りやすい個所はまだあります・・・


マンホールや路面表示には注意です。
特に交差点を通過しながら曲がる時は、
マンホールや路面表示は避けて通りましょう。


油断して気持ち良くバンクさせて通過していると、
スッテンコロリンと転倒してしまいますよっ!


交通量の多い交差点内のマンホールなど、
鏡面加工されたようにピカピカに摩耗してる
ひどいものも見かけたりします。


雨の日のマンホールは滑ります。
雨の日のマンホールは滑ります。


路面表示も油断大敵です。
一応、滑止め処理をされているものもありますが、
処理をされていないものは、凄く滑ります。


遠目からは見分けがつきませんから、
滑るものと思って避けた方が無難ですね~。


やむを得ず通過する際も、
滑ると思って通過するのと、
滑らないと思って通過するのでは、
対応の速度に大きな違いが生じます。


バイクに乗っていて
何度か経験されてるかも知れませんが、
タイヤがズリッと滑ったことありませんか?


滑るととても怖いと思います。
特に前輪が滑ると、即転倒しちゃいますね。
後輪が滑っても怖いですが、
運が良ければ立て直せます。


立て直せなければ、やっぱり転倒です。


最悪は・・・ハイサイド!


ズリッと滑った後に、急激にタイヤが喰いついた反動で、
アウト側に飛んでしまいます。


雨天の転倒でハイサイドまでいく方は、
それほど多くないと思います。
私の友人は、やりましたが(汗)


でっ!結局のところ、雨天走行は、
晴天時より視界が悪くて滑りやすいので、
危険が一杯であるということ。


だから、無理して乗らない。
乗ったとしても、晴天時より危険であると認識を持って、
スピードを控え、防衛運転に徹する。
そんなところですかね~。


何としても、事故だけは、避けたいですよね。
お互い気をつけて乗りましょう。
皆さんは、他に気を付けていることありますか?


当ブログは下記2つのブログランキングに参加中!
カブ系・バイク系ブログが沢山参加しています。
 
 明日、天気良くなるの?
 軽く掃除したら、遊び行きたいな!


にほんブログ村カブ系ブログランキングへ
にほんブログ村カブ系ブログランキングへ


FC2バイクブログ ランキングへ

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: