50ccの思い出!

先日、原付二種の話をしていて、
ふっと、初めて50㏄に乗ったときの
ことを思い出しました。


今では普通に走っている通勤経路の
緩やかなコーナーも、
昔、初めて50㏄で走った時は、
感激していたことを思い出します。


それまで自転車しか知らなかった少年が
初めてエンジンのついた乗り物を
運転するのですから、感激でした。


それは自転車とは別次元の世界で、
エンジンという内燃機関の凄さを
まざまざと思い知らされたものです。


思い出の中の50cc達・・・


新聞配達でヤマハのメイトに乗って、
バイクの細かい動作を沢山勉強させて
もらいました。
今の私に繋がる原点です。


ヤマハ メイト50
ヤマハ メイト50


友人のヤマハTY50を借りて
三浦半島へツーリングへ行って、
クラッチ操作の素晴らしさを経験しました。


ヤマハTY50
ヤマハTY50


当時、リリースされたばかりのゴリラに乗って、
燃料無給油でどこまで行って来れるか
挑戦しましたねー。


ゴリラ&モンキー
ゴリラ&モンキー
ゴリラが派生車種としてリリースされましたー。



友人の新型ダックスに乗せてもらって
乗りやすかった記憶があります。


新型のダックス覚えてますかー?
新型のダックス覚えてますかー?
乗りやすかったなー。



原付最後の思い出は、
友人のRZ50がメチャクチャ速くて、
びっくりしたのを思い出します。


ヤマハRZ50 こいつは速くて参りましたー。jpg
ヤマハRZ50
こいつは速くて参りましたー。



いやー、楽しかったなー。


私も、もう少し50㏄が走りやすい環境であれば、
乗ってみたいと思いますねー。


30キロの規制や2段階右折、
立体交差の通行制限など考えると、
どうしても二の足を踏んでしまいます。


都市部を車と一緒に走ったり、
郊外の国道を大型車両と一緒に走るのは
怖いと感じてしまいます。


それでも、自宅周辺や交通量の少ないところを
トコトコ走るにはとても良いですねー。
幸せ感じる時もあります(笑)


追記

いつもお世話になってます、雨ガエル2号です。

お邪魔します(^^)
電車でblog見ていたらコメントに懐かしい車種が…
母がパッソーラで走り回っていた30ウン年前?のノスタルジーが蘇りました。
確か八千草薫さんがCMで、
パッソル&パッソーラなんてやってた。

坂の多い町で原付おばちゃん率高く、
子供心に羨ましかった…楽そうで(笑)
学研のおばちゃんは、ロードパルに
ボテ箱つけて来てました。ナウいっ。


当ブログは下記2つのブログランキングに参加中!
カブ系・バイク系ブログが沢山参加しています。

  原付だって素晴らしいです。
  私の原点は、50㏄から始まっています。


にほんブログ村カブ系ブログランキングへ
にほんブログ村カブ系ブログランキングへ



ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: