ガシャガシャ音は、私だけじゃなかったのね(´▽`) ホッ

昨日、クロスカブのエンジン始動直後に
発生する異音について記載したのですが、

私の他にも、沢山の方が同じような状況で
異音が発生していることに
正直、驚いています。(⌒▽⌒;) オッドロキー

がっ!しかし・・・

ガシャガシャ音は、
私だけじゃなかったのね(´▽`) ホッ


と言う安堵の気持ちもあります。

だって、慣らしもろくにしないで
新車時からバンバン回していたから
エンジン調子悪くなったかなーと心配でした。

でも、これってクロスカブ特有・・・
それともJA10系特有の症状なのか?

またまた、カブ全般の症状なのか
良くわからなくなりまして、
とりあえず、少し確かめて見ようと思います。

今朝の気温は氷点下ではなく、3℃くらいありましたが、
寒いことには変わりありません。
この気温の中、他のカブのエンジンを始動して見ました。


まずは、妻2号さんのJA07緑カブを始動します。
うーん、相変わらずセル一発で目覚めます。
ノーマルの静かな排気音がとてもカブらしさを主張ます。
エンジンからの異音は・・・静かなものです。


JA07丸目110ノーマル
JA07丸目110ノーマル


続いて、JA07プコカブ始動します。
こいつもセル一発で始動です。
妻のカブよりカムチェーン周りのシャラシャラ音が
目立ちますが異音と呼べるような音は発生していません。


JA07丸目110改
JA07丸目110改


続いて、クロスカブです。
エンジン始動・・・明らかに賑やかです。
ジャラジャラ・ガシャガシャ出ています。


クロスカブ・エンジン
クロスカブ・エンジン


ついでと言っちゃー何ですが、
昭和カブ90カスタムも始動して見ましょう。
ありゃー、こちらの方が静かなくらいだよ!


昭和カブ90カスタム
昭和カブ90カスタム


昨日、コメントをいただいた方の中には、
本格的にショップでチェックをされている方が
いましたが音が治まらなかったようですねー。

うーん、こりゃー困った!

音がしなくなるまで、暖機運転をしてから
発進すれば良いとの意見もあるでしょうが、
今のご時勢、カブとは言え、エンジンがしっかり暖まるまで
暖機運転をするのは気が引けますねー。

私は、壊れなければ良いと思っていますが、
正直、この音はとても不安になる類の音質ですので、
出来ればしない方が嬉しいです。

JA07プコカブの時、テンショナー交換したけど
カタカタ音はあまり収まらなかったなー。
今回は、自分でいじる前に、
ドリームさんに持って行って見ようかな?


下記2つのブログランキングに参加しています。
   沢山の方に同じような症状が出ていたのですね。
私だけじゃなかったのでなんとなく安心しました。(´▽`) ホッ


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村



ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: