職場の仲間と雪中ハイキング!

昨年の秋、職場の仲間と神奈川県の最高峰、
蛭が岳に登りました。
今回は、その仲間と雪の残る
山梨県の西沢渓谷へハイキングに行って来ました。


職場の仲間と西沢渓谷
職場の仲間と西沢渓谷


西沢渓谷は、春、夏、秋と観光客の絶えない
景勝地として有名ですが、冬場は滝が凍結し、
氷瀑となり氷の芸術を見ることが出来るのです。


氷の芸術・・・
氷の芸術・・・


その氷の芸術を見ようと思い計画をしたのですが、
このところの気温上昇で氷の芸術が溶け出して、
見れなくなってしまうのではと心配でした。


雪の西沢渓谷からの警告
雪の西沢渓谷からの警告


しかも、西沢渓谷は、この時期、靴に滑り止めを装着しないと、
滑りやすく歩きにくいですねー!

朝8時過ぎから歩き始めました。
午前中は、渓谷の雪面は凍っており
硬くて歩き易いです。


水の色がとても綺麗です。
水の色がとても綺麗です。


渓谷内は、マイナスイオンが一杯で気持ちが良いです。
川を流れる水が幻想的な緑色をしています。
氷瀑と雪と川の流れの中、素晴らしい景色に圧倒され歩きます。


氷瀑です、いやー綺麗だよー。
氷瀑です、いやー綺麗だよー。


たまに雪と氷に足をとられ(◎_◎;) ドキッ!!とします。
落ちたら川にドボンです。
お水は冷たそうですねー死んでしまうかも・・・( ̄o ̄;)ボソッ


カエル岩・・・見えねー!わかりますか?
カエル岩・・・見えねー!わかりますか?


慎重にかつ景色を堪能しながら、歩くこと2時間
七ツ釜五段の滝に到着です。
冬季はここから先は通行止めです。


七つ釜五段の滝で昼食タイム。カップラーメンの美味しいこと!
七つ釜五段の滝で昼食タイム。カップラーメンの美味しいこと!



「ここを休憩地とする。」

お湯を沸かして、カップラーメンとおにぎりのお昼。
雪景色の中で食べるカップラーメンの美味しいこと・・・
生きてて良かったーと思う瞬間です。

デザートには、後輩手作りのバナナケーキと紅茶で
至福の一時を過ごしましたー。(⌒^⌒)b うん
自然の中でゆっくり休憩・・・最高の贅沢です。

さーて、撤収し、帰路につきます。


お腹も一杯になり元気にカエル。jpg
お腹も一杯になり元気にカエル。


エネルギーが補給されて元気復活ですが
午前中より雪が緩みますので、
より一層の注意をしながら歩く必要があります。

気温も手元の温度計で18℃、
これでは氷も雪も緩みます。

暖かくて気持ち良いのですが、
非常に危険ですねー。┐(‘д’)┌
それでも全員無事に、
西沢渓谷入口まで戻ってこれましたー。

来年は、もう少し早い時期に来ようと思いました。


下記2つのブログランキングに参加しています。
  カブネタじゃなくてゴメンナサイ。
  山の道具は、キャンプツーリングでも使えますから良いですねー。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村



ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: