1万5千キロも走っちゃいました。BT390編。

ハイグリップタイヤ!


この魔力に取り付かれてしまったライダーは、
元の世界には戻れない・・・


昔は、ハイグリップタイヤに頼るライディングは、
自分のスタイルじゃないっ!
走るなら、標準タイヤで走ってこそ、
スキルが上がるってものよ~。
なんてツッパッテいましたが・・・


今では楽に走れるのが一番∬´―`∬ウフ♪


スライドコントロール・・・危なくて出来ません。


タイヤの限界が高い・・・限界が高過ぎて届きません。


スキルが上がる・・・スキルが下がらないようにするので精一杯。



最近は、努力・根性・忍耐は敵です。
やる気・体力・向上心はありません。
わずかな体力をいかに温存しながら遊ぶのかが大切なのです。


そんな私が楽しく走るための手段がハイグリップタイヤであり、
今回のブリジストンBT390なのです。


交換前のフロントタイヤ
交換前のフロントタイヤ。


BT390といえば、ライフが短いことで知られています。
このタイヤを前回5月11日の交換から、
1万5千キロも走ってしまいました(^^;)


巷では、数千キロでボウズだよーなんて声も耳にします。
確かに、リヤタイヤの減りは顕著ですよねー・・・


そこで、タイヤの減りを前後で均一にするために、
3千キロ位でタイヤのローテーションを実施していました。
タイヤマネジメントをすることで、
かなり均一に保つことが出来ました。


交換前のリヤタイヤ
交換前のリヤタイヤ。


カブ110のタイヤサイズは、F2.25-17・R2.50-17です。
しかし、BT390には2.50サイズしか用意されておりませんので、
フロントにワンサイズアップの2.50サイズを入れざるを得ません。


前後サイズが同一になることで、前後のローテーションが
可能になったという副産物ではあります。


タイヤ交換作業
タイヤ交換作業。


余談ではありますが、フロント2.25サイズの方が
素直なハンドリング特性のように感じます。


タイヤの価格が大型バイクの10分の1程度なので、
磨耗してきたら、新しいタイヤに
どんどん入れ換えれば良いのでしょうが、
貧乏性が手伝ってなかなかそうもいきません。


BT390・新旧比較
BT390・新旧比較。


今回1万5千キロを走破したタイヤは、
ご覧の通り、新品とは雲泥の差ですねー。


タイヤは、生モノですから、ここまで使用すると、
性能劣化は相当なものだと思います。
良く見ると、細かい亀裂も生じています┐(‘д’)┌


まぁ、これだけ使えれば、充分過ぎるほどですねー。
皆さんも、ハイグリップタイヤ如何ですか?


↓下記2つのブログランキングに参加してます。
 このところ相手をしてあけなかったプコブルーの110・・・
 たまには手入れをしてあげないと、いじけてしまいます。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村・カブ系ブログ一覧へ




ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: