アウトローな爺様と兄ちゃんのバトル!!

先日、道志みちを走っている時、
初老の男性が運転するワンボックスカーに
かなりの時間、煽られ続けました。
初老のご夫婦でそんなにアウトローな感じは
しなかったのですが・・・


制限速度+αで走っていましたし、
前走車もいたので、何でそんなに嫌がらせを
するのだろうと不思議に思っていましたが、
あまりにもしつこかったので、譲りました。


私の前を走っていたスクーターの兄ちゃんは、
頑張って走っていましたよー。
ワンボックスの爺様ったら、右に出たりしながら、
煽りまくっていました。


こりゃー、スクーターの兄ちゃんにぶっ飛ばされちゃうかもなー・・・
なんて思いながら、後ろから見ていました。


道路工事の信号で停車すると、
ワンボックスがスクーターを被せるように前へ出ました。
あまりにも露骨な抜き方に、スクーターの兄ちゃん、
爺様に文句言いに行ってしまいました。


兄ちゃん 「何故、そんなに煽るのよ?」

爺様    「小さいバイクが車の前を走ると危ないだろー!
        車が来たら道を譲らなきゃダメじゃないか。」


兄ちゃん 「それは間違ってるぞー。
       車間を取るってことは考えないの?」


爺様    「昔からずっとそうなっているだろー。」



信号が青になり、爺様は兄ちゃんに構わず、
ご機嫌に発進して行きました。
呆然とその場に取り残された兄ちゃんは、
走る気力が失せたのか、そのまま停まっていました。


私もショックだったなー。
こういう人が、車の運転してるんですねー・・・
免許証を返納したほうが良いと思いました( ̄o ̄;)ボソッ


郊外の国道を煽られながら走るのは、カブにとって厳しいです、
そんな時は、左に寄り、速度を落として進路を譲ります。
ところが、ギリギリのところを抜いて行ったり、
被せてきたり、前に出た途端に速度落としたり・・・


優しさのかけらも無いドライバーがいるのも事実です。
結局、カブが前を走るのを快く思っていないだけなんです。


私だって前方視界が悪くなるような、
トラックやフルスモークの車の後ろは、
走りにくいので、極力走りたくありません。


そのような時は、気持ちを切り替えて休憩を取るとかして、
先に行ってもらうよう努力します。


バイクに乗るには、ライディングスキルを高めることも大事ですが、
常に余裕が持てるようにならないといけませんねー・・・┐(‘д’)┌
まだまだ人間として修行しないとなーP(´∇`)q ファイトォ~♪


今回、このような人も車を運転しているんだと、
改めて認識した次第です。


あまりにも酷い運転だったので、写真を撮ろうかと思いましたが、
なんとなく・・・今回は写真無しです。

↓下記2つのブログランキングに参加してます。
 みなさん、暑いですから無理しないでくださいねー。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村・カブ系ブログ一覧へ




ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: