古都鎌倉を散策。

正月も終わり、世間は普通の生活に戻りましたね。
街を歩く人も祝いムードは無く、正月疲れを我慢して
黙々と働いている感じがしてしまうのは、私だけでしょうか?


皆さんも職場のペースにイマイチ乗れず、
正月気分が抜けないな~なんて思っていませんか?


私は、そんな一人です(泣)


そこで精神を穏やかに癒すため、
鎌倉に散策へ行こうと思い立ちました。
しかし、カブでタンデムは寒いかもしれません。


私は、いつもカブに乗っているので寒くても大丈夫ですが、
妻の雨ガエル2号さんは、鎌倉まではちょっと厳しいかも。
今回はで行くことにしましょう・・・


鎌倉駅近くに車を停めて、
長谷駅方向へ大仏さんを目指して歩きます。
う~ん、外国人が多い。さすが文化都市ですね~。


街には、落ち着いた感じの茶処が見受けられます。
麩まんじゅうを売っている茶屋の前に、
私と同じプコブルーのカブ110が駐車されてるのを発見!


麩まんじゅうのお店とタンデムカブ
麩まんじゅうのお店とタンデムカブ。


しかも、タンデム仕様じゃないですか。
お近くの方みたいですねー。


私達も近場なら「タンデムカブで来たかったね~」と話しました。
勝手に写真を撮っちゃってゴメンナサイ!!
でも、鎌倉の街とカブがとても素敵に見えましたよ。
カブでタンデムを楽しまれてる方いるんですね。


プコブルーのタンデムカブ
プコブルーのタンデムカブ。


高徳院の大仏様を見るのは何十年ぶりだろうか…
昔、見たときより大きく感じます。
年をとって自分のスケールが小さくなったのかもしれません(汗)


鎌倉の大仏様
鎌倉の大仏様。


さて、鎌倉のハイキングコースを歩きます。
このコースは、鎌倉に幾つかあるハイキングコースの一つで、
「大仏ハイキングコース」と呼ばれています。
1時間半くらいの行程でしたが、この日は天気が穏やかで、
稜線から葉山方面の眺めが美しく、
気持ち良かったです。


大仏ハイキングコースの標識
大仏ハイキングコース内の標識。


ハイキングコースから「銭洗い弁天」へ向かい、
お金を洗って浄めます。


銭洗い弁財天
銭洗い弁財天でお金を浄める2号さん。
いくら洗っても増えないと思うよ(笑)



銭洗い弁天を後に源氏山公園を経て、
化粧坂(けわいざか)を下り、寿福寺へ向かいました。
古いお寺さんを見に行くなんて、昔はなかったな~!
やっぱり年齢を重ねると、こういう所に癒しを求めるのかな?


寿福寺でポーズ・1号
癒されるな~!寿福寺参道でポーズ。雨ガエル1号です。


最後は、鎌倉駅前で名物鳩サブレを買って帰りました。


寿福寺でポーズ・2号
寿福寺参道でポーズ!雨ガエル2号。
何で私までやらせるのよ(`´メ)



今日のように暖かいなら、タンデム出来そうだね!!
暖かめの日を見つけて真冬のタンデムカブしてみようと思いました。


[大仏ハイキングコース] ブログ村キーワード

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: