カブ110のシフトフィール復活!

先日、カブのシフトフィールに違和感がある話をしました。
1速から2速の変速が上手くいかず、
クラッチ調整をマニュアル通り実施したのですが、
今度は、シフトダウンが渋くなってしまいました┐(‘д’)┌


皆さんから沢山のコメントをいただきましたが、
その中に一つ、クラッチ調整のコツが隠されていました。
ブログ仲間のシャコタンさんのコメントです。


シャコタンさんのブログはこちら。
カブだらけっ!!


通常のクラッチ調整は、
14ミリのメガネレンチでロックナットを緩め、
マイナスドライバーでアジャストスクリューを右に1回転、
左に重くなるまで回転し、その位置から右に1/8回転し、
ロックナットを締めて終了するのですが・・・


ある程度、クラッチが磨耗してくると、
マニュアル通りでは上手く行かないようです。


微調整
重くなった位置から右に1/16回転(今回の位置)と1/8回転の位置。


シャコタンさんのアドバイスは・・・
重くなった位置から右に1/8回転ではなく、
その半分の1/16回転くらいでやってみると良い感じになる
とアドバイスをもらったのです。


早々に実施してみました。
ふむふむ・・・早速試乗へ行くと・・・素晴らしい!!
シフトアップもダウンも自由自在。
スコンッスコンッと、以前より良くなってしまいましたヾ(@^▽^@)ノわはは


いやはや、シャコタンさんありがとうございますm(_ _”m)ペコリ


皆さんも沢山の情報ありがとうございました。
いやー、ブログやってて良かったなー。
これからもよろしくお願いします。

I LOVE CUB!



↓下記2つのブログランキングに参加しています。
  よろしかったらポチッとお願いします。( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村・カブ系ブログ一覧へ





カブ110のシフトフィールに違和感…。

先日、カブ110が1速から2速へ変速しにくくなりました。


信号待ちから普通に発進し、2速に変速したところ、
いつもならカチャッという当たりが感じられ、
シフトアップできるのに、その時は、
当たりが感じられなかったのです。


んっ?と思いながらも、そのままつま先を
シフトペダルから離したところ、
2速に入らず…1速のままです。
あれれ~!と思い、再度シフト操作をするも
2速に入らない(汗)


3回目、じっくり落ち着いて、駆動力がかからないように
アクセルを戻した瞬間を狙って、
シフトペダルを素早く踏み込みます。


カシャッ、よし決まった!無事2速に変速完了です。
その後の3速4速は、何事もなく変速出来ました。


カブ110右側
カブ110右側。


それ以降、何となく1速から2速への変速に違和感が伴います(泣)
シフトペダルが最後まで踏み切れない感じでカチャッといわない…
う~ん、こんなの初めてだな~。


オイル交換は、ひと月前に実施しているし、オイル量も大丈夫。
とりあえずクラッチ調整でもしてみましょう。
メガネレンチでロックナットをゆるめ、マイナスドライバーで
右に1回転、左に重くなるまで回して、
右に45度回してロックナットを締める。


クラッチアジャスター。
クラッチアジャスター。


はい、試乗します。
おお~っ!シフトアップがスムースになったじゃないか~。
な~んだ、クラッチの調整が必要だったのね。
調整して良かった!


クラッチの調整は、下記を参考にして下さい。
スーパーカブ110・チェーン交換とクラッチ調整。


しかし、後日通勤時に走っていると…


ガチャッ!!んっ、シフトダウンが重くないか?
ガッ、ガシャッ!
う~ん、明らかにシフトダウンが硬くて渋いです(汗)


これってどういうこと!?
上手く調整出来なかったのかな~。


仕方ない、また調整してみましょう。
以前のシフトフィールが戻ると良いな~。



↓下記2つのブログランキングに参加しています。
  よろしかったらポチッとお願いします。( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村・カブ系ブログ一覧へ




カブで雪中出勤敢行!

またまた雪が降ってしまいました。
カブで通勤してる人、そうでない人も大変でしたね~。
公共交通機関のダイヤは乱れ、
道路は大渋滞と本当にお疲れ様でしたM(_ _”m)ペコリ


私は、前回の降雪時、軟弱にもカブで出勤を断念しました。
今回も断念しようかと思ったのですが・・・


爽やかな雪景色
爽やかな雪景色。でも寒いんですよ!


前日の夜から、天気予報で積雪は予想されてましたねー。
寝る前に外を見ると、路面が真っ白になるほど積もっていました。
明日は仕事へ行くのが大変だなー。
早く起きようと床に着きましたヽ(  ̄○)ゞ。O○ファ~~


5時に起床して外を見ると、やっぱり一面銀世界!
こりゃーどうしたらいいの・・・


我が家の車は、夏タイヤなので不可!
例年道路が真っ白になるほど積もると、
大渋滞が発生しバスも動かない・・・
歩くにしても職場までは厳しい距離である。
自転車は一昨年盗られてしまってありません・・・


お昼休みとカブ
お昼休みとカブ。


まぁ、とりあえず新聞でも読んで、コーヒー飲むか!!と
新聞をポストへ取りに行くと・・・
新雪に一本、バイクの車輪跡が目に止まりました。
オッ、やっぱり新聞屋さん大したものだ~!!
こんな雪の日でもカブで配達しているんだと感心しました。
(本当は、最初からタイヤの跡を調べに行きました。)


タイヤの跡を見ると・・・
種類はわからないけどチェーンは巻いてなさそう。
俺のカブでも走れそうだなー。
よしっ!カブで行ってみようと思いました。


そうとくればゆっくりはしていられません。
車が出てくる前に出発しましょう・・・


まだ、薄暗いなー。


愛しのカブ君、今日も一発でエンジン始動です。
グリップヒータースイッチオンッ!!発進。
・・・と、気持ち良く出発したまでは良かったのですが、
思ったより滑る。一瞬にして後悔が走りました。


いやー、これで職場まで走っていけるんだろうか、
しかし、ここで引き返しても出勤する手段が他に無いから、
どうしたものか・・・


カブと雪ダルマ
誰かが私のカブに・・・
可愛いいたずらは癒されますね。



よし、広い場所にカブを停めて、
リヤサスのイニシャルを最弱にしてみます。
さらに、空気も少し抜いてみよう。
プシューっとバルプの先を爪で押して、様子を見ながら空気を抜きます。
タイヤを指でグィッと押して、凹むくらいまで抜いてみました。


再出発!


どうだ?少しは乗れるようになるか?
シートの前方に座るように心掛けながら慎重に走ります。
オオーw(*゜o゜*)w―意外なほど乗り易くなったじゃないか。
ブカブカの雪なら結構行けるし、
踏み固められた所でも何とか走れます。


車が増える前に職場までまっしぐらーだ!!


・・・いかにも乗り易くなったかの表記ですが、
これはブログ用の表現ですから鵜呑みにしないで下さいm(_ _"m)ペコリ


雪の中のカブ
駐車場の端の新雪・・・気持ち良い!


実際は・・・
道中、転倒するかも知れないと思ったこと数回。
やっぱり止めれば良かったかなと思ったこと数回ありました。
それでも何とか遅刻せず、無事出勤できました。


こんなに頑張ったのに、他の人が軒並み遅刻で、
午前中は仕事になりませんでしたヾ(@^▽^@)ノわはは



↓下記2つのブログランキングに参加しています。
  よろしかったらポチッとお願いします。( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村・カブ系ブログ一覧へ




ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: