カブでタンデムツーリング、初秋の山中湖へ。

先日のタンデム月見に気を良くした妻の雨ガエル2号さん。
今度は、初秋の景色が見たいとリクエスト(゜o゜)ゲッ!!


タンデムは、嫌いじゃないのですが、
バイクに乗りなれていない2号さんを乗せての
ツーリングは。少々心配です。


でも、妻の理解あってのカブライフ!
一緒に楽しめれば、こんなに良いことはありません。
休み休み行けば大丈夫だろうと思って、
いつもの山中湖畔へと向かいました。


タンデム仕様カブ、宮ケ瀬にて
タンデム仕様カブ、宮ケ瀬にて。


今日は、往復で100キロ以上走る予定です。
2号さん、疲れないでもってくれるかな~、不安。
なぜなら、以前大型バイクでタンデムツーリングへ行った時、
帰りの高速道路で居眠りすること数回・・・ヽ(  ̄○)ゞ。O○ファ~~♪
いやー、落ちてしまいそうでヒヤヒヤでしたよ┐(‘д’)┌


いつものように道志みちを山中湖方面に向かって走ります。
神奈川県から山梨県に向かう時は、緩やかに登っています。
でも、我がスーパーカブは、制限速度プラスαまでなら、
タンデムライディングでも実に良く走ります。
天気も良く、暑くなく寒くなく気持ちよいですねー。


2号さんも実に楽しそう・・・
妻の機嫌が良いと、まったくもって心が休まります(´▽`) ホッ
所帯持ちのおじさん達、そんな経験ありますでしょ!!


道の駅道志で軽く休憩、豆腐アイスを食べて血糖値をあげる。
土産は、帰りに寄って買いましょうネ。


ここから先は、ちょっと登りもきつくなります。
スーパーカブ110と言えども、タンデムでは厳しい!
でも、制限速度出ますよ。

車の邪魔にならずに無事峠越えを終えて、
一気に山中湖へ向かいます。
正面に富士がドーンと現れて素晴らしい!!
と叫びたいところですが、
( ̄― ̄?)…..??アレ??富士だけが雲で見えない。
こんな日もあります。


自宅を11時ころ出たので、お腹空いてきました。
いつものうどんやさんでお昼食べます。
相変わらず美味しいねーヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ


富士こだわりうどんのお店「天めん」さん!


お腹も一杯になりましたので、
初秋を感じに三国峠へ向かいます。
山中湖が一望できるこの場所は、
平日でも沢山の方が訪れていました。
私達は、人混みを避けて静かな場所でボケーっ(*゜‐゜)ぼぉー・・っ
としていました。


若いススキの穂が風になびいている光景は、まさに秋。
まだ、青いススキですが、これからどんどん涼しくなっていき、
黄金色のじゅうたんの様になって行くのでしょうね。
その時、また来たいと思いました。


雨ガエル2号さんと秋の景色
雨ガエル2号さんと秋の景色。


さてさて、帰りの2号さんはどうなったか?
途中、とても静かなので声を掛けると・・・
やっぱり居眠りこいていました。┐(‘д’)┌


次は寝ないから、また連れていってね!!だそうです。
もちろん、一緒に行っていただけるなら何処でも行きますよ~!

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: