BRDチューン劇場!

BRDレーシングさんでのパーツ取り付け状況の動画を掲載します。
短いですが(~~;)、良かったらご覧下さい。


・エアー吸入音の大きさ
・パワーフィルター装着時の吸気音軽減状況
・パワーボックス取り付けのコツ!
など、少しでも伝わればと思います。


エアー吸入音の大きさ



パワーフィルター装着時の吸気音軽減状況



パワーボックス取り付け方法



詳細説明は・・・


スーパーカブ110・ウルトラカブチェンジ(1)

スーパーカブ110・ウルトラカブチェンジ(2)

スーパーカブ110・ウルトラカブチェンジ(3)


を参考にご覧下さい。


走行音は、こちらBRDウルトラカブでタンデムツーリング!
走行シーンの動画がありますので、聞いてみて下さい。

BRDウルトラカブでタンデムツーリング!

GWの初日、空気が少し冷たく感じますが天気が良くて気持ち良い。
朝一番でタンデムシートに付け換えて、
雨ガエル2号さんと久しぶりのタンデムツーリングです。


ダブルシートを装着したカブ君
ダブルシートを装着したカブ君(愛川町の服部牧場にて)。


しかも、BRDチューン後、初のタンデム走行ですので、
ノーマルと比較したフィーリングの違いが楽しみです。


いつもの宮ケ瀬湖北岸道路に向かいました。
同じコースを走ることによって、バイクの調子や違いがわかりやすいのです。
ソロでライディングしているときに登りきれた登坂路を
3速にしないと登りません・・・
さすがのBRDチューンもタンデムでの急な登板路は
高回転域を多用しないと厳しかったです。


小排気量車ですから仕方ない。
急なアップダウンが終われば、
タンデムでも交通の流れに十分対応していけます!感心感心。


出かける前、武川製リアショックのスプリングロードを
4段目まで上げたので、しっかりコシが保たれており、
コーナーリング中の姿勢変化はごく僅かで安定しています。


2号さんがBRDウルトラカブの走行排気音を記録してくれました。
私も初めて聞きました。


スーパーカブ110・BRDマフラーサウンド(その1)



スーパーカブ110・BRDマフラーサウンド(その2)



動画が短くてスイマセンm( ̄ー ̄)m
思ったより静かでした。皆さんどう思われますか?


結論!
BRDウルトラカブは、全域でトルクの向上が見られますので、
ノーマルカブでタンデムする時よりも扱いやすく乗り易いと感じました。
またタンデムで出かけたいと思いましたよ。

DHC「赤沢日帰り温泉館」露天風呂付き個室。

私達、雨ガエル1号・2号は温泉好きです。
出かける時は、日帰り温泉施設に良く立ち寄ります。
仕事で疲れた体を癒してくれますよー!
日帰り温泉施設で心も体もリフレッシュです。


今回は、スーパーカブでも何度か訪れている、
東伊豆の「DHC赤沢日帰り温泉館」に車で行ってきました。


DHC赤沢日帰り温泉館HP 
DHC赤沢日帰り温泉館のHP。
(クリックするとHPが開きます)



「DHC赤沢日帰り温泉館」は、東伊豆の国道135号線を
伊豆急行「伊豆高原駅」から下田に向かって走ると、
左手に見えてきます。


とても綺麗な施設で初めて訪れた時は感動したものです。
併設されている赤沢温泉ホテルに宿泊すると、
日帰り温泉館にも入浴し放題。
2号さんは宿泊したことありますが、私はないです・・・
あれ、何故?(TT )仲間はずれ~


ガソリンが高いので本当はカブ君で来たかったのですが、
家から伊豆半島まで2号さんとタンデムの日帰りは
少々厳しく、車利用となりました。
とても天気良くて、バイクだったら
さぞかし気持ち良いんだろうなーと思いながら・・・。


伊豆スカイラインを走行中、大島がよく見えました♪
大室山を通り、伊豆ぐらんぱる公園の信号を右に曲がって、
国道135号線を下田方向へ数キロ進み、温泉館に到着。


今回の目的は、以前から気になっていた「露天風呂付き個室」、
いわゆる貸切露天風呂に入ることです。
出発前に、電話をして予約を入れておきます。
その場で空きがあれば問題ないですが
、休日など混んでいる時は、 まず空いてないと思われますので、
前もって予約してから行かれることをお勧めします。


「露天風呂付き個室」には、
岩風呂、陶器風呂、檜風呂及び樽風呂の4種類があります。
今回は、岩風呂を選びました。


到着してから予約の時間まで1時間半位あったので、
まずは大浴場の方へ・・・
平日入館料1,200円を支払って受付を済ませ、
いつもどおり大浴場でのんびりとします。


あー気持ち良い!


貸し切り露天風呂を借りなくてもこれで十分だなー。
なんて思いながら、大露天風呂を味わいます。
風呂から上がり、無料休憩室で冷たいお茶を飲みながら太平洋を眺める。
奥の方でおっちゃんがイビキをかいている┌(* ̄0 ̄)┐
気持ち良いんだろうなあ・・・


そろそろ予約の時間です。受付で鍵をもらって岩風呂へ。
大浴場とは異なるフロアで静かです。
広々とした廊下のつき当たりが今回私達のお借りした部屋。


ドアを開けて入ると、目の前に伊豆半島からの太平洋が
ドーンと飛び込んできます。 一面ガラス張りで、
そこから見える太平洋の見晴らしが素晴らしい!
室内は清潔感があって、一見の価値ありです。


赤沢DHC露天風呂付き個室。
赤沢DHC露天風呂付き個室。


洗面所も広く、休憩のみの割には宿泊も出来そうな程、
アメニティーが充実しています。
1時間という限られた時間ですので 、
あまりゆっくりしていられないなーと思いつつ、
オーシャンビューを堪能しながら露天風呂に浸かります。


露天
赤沢DHC露天風呂付き個室、岩風呂。


あまり乗り出すと漁船の猟師さんから
見えてしまいそうな感じ・・・ドキドキ。
by雨ガエル2号


それにしても天気が良くて、最高な気分で入浴できました。
欲を言うと、姥子温泉の「秀明館」さんのように
3時間くらい時間があるとゆっくり出来ますねー。
連続で借りることも可能だと思いますが、少々高くなります。


いやー、今日はオーシャンビューを満喫させて頂きました。
お土産コーナーの試食も気前良く食べさせて頂いたので、
しっかり買ってきましたよ。


いつ行っても満足できます。
「DHC赤沢日帰り温泉館」また来ます。

本栖湖から見る、千円札富士!

関東の平野部では桜も終わりですね。
朝晩は少々寒いですが昼間は暖かくなりました。
おかげでバイク乗っても寒くないから嬉しいです。
スーパーカブの距離が益々伸びてしまいます┐(-。―;)┌ヤレヤレ


河口湖からの富士
河口湖畔からの富士。


富士の景観はいつ見ても絵になります。
河口湖から精進湖、本栖湖と巡る富士五湖周遊の
ツーリングコースでは、様々な富士の表情を
見る事が出来るのでとても楽しいです。


また、同じ場所で富士を見ても、
季節によって様々な表情が見られます。


以下は、本栖湖湖畔から眺める
春先の富士と夏の終わりの富士です。


千円富士
春、本栖湖からの富士。


夏の終わりの富士
夏の終わり、本栖湖からの富士。


この富士をよく見て下さい。
皆さん見たことありますよー。
そうです、千円札の図柄です。
千円札を手にとって比べて見て下さい・・・ヾ(^▽^*


国道138号線から身延山方向へ向かって
本栖湖の湖畔に沿って走ると、左手にご覧の景観が開けてきます。
展望台もありますよ。


暇をみつけて出かけましょう。

富士こだわりうどんのお店「天めん」さん!

私は、山中湖方面に行った時、よく寄るうどん店があります。
富士吉田周辺はうどんが有名で、うどん店がたくさんありますねー。
ここが一番!なんてことは言えませんが、数あるうどん店から、
私的に価格と味が納得のお店を紹介します。


こだわりうどんのお店「天めん」さんです。
こだわりうどんのお店「天めん」さんです。


店主自家製の手打ち麺とお出汁がとても美味しくて満足できます。
昼時ともなると、地元の方から観光客まで沢山のお客でお店が一杯。
場合によっては並ぶかもしれませんが、並んでも食べる価値ありです。


天めん入口
天めんさんの入口。


駐車場は、店の前に十台くらいと奥にも駐車できます。
場所は、山中湖から5分程度ですが、
初めての方はわかり難いかもしれません。


山中湖明神前交差点を基点に国道138号線を
河口湖方面へ進んで最初の信号機である山中湖西交差点を
右に曲がり、左側の林の中です。


左に入る路地に小さく「天めん」の標識がありますが、見逃すかも・・・
地図を載せておきますので、興味ある方は頑張ってたどり着いて下さい。


天めん案内図
名刺の裏に案内図ありましたよ。


店内は、かつてどこかの会社の保養所だったそうで、
座敷にテーブルが置かれ、20人ほど座れる広さです。


天めんメニュー
天めんさんのメニューです。


店内はセルフサービスで、注文もテーブルごとの注文表に自分で記入し、
カウンターまで持って行きます。お茶もお水も当然セルフです。


注文表
注文伝票に数量と合計金額を記入してカウンターまで持って行きます。


麺は、吉田のうどん程固くない、讃岐うどん系と聞きました。
もっちりシコシコ、汁と良く絡んで、食べやすくて美味しいです。
ダシ汁もしょっぱくないので、たいてい飲み干します。
私のお勧めは、肉うどん500円とちくわの天ぷら100円です。


天めんさんの肉うどんです。
天めんさんの肉うどんです。


肉うどんのお肉は、豚バラ肉です。
程よく脂がのっていますから、うどんとの相性抜群。
テーブルにある「すりだね」という、この地域独特の辛味の素を
少し入れて食べると、うどんの美味しさ倍増ですよ。


テーブルに置いてある「すりだね」
テーブルに置いてある「すりだね」。


店主お勧めのちくわ天ぷらは、えびのすり身が入っているそうで、
とにかく香ばしくて美味い!1本では足りないです(笑)


天めんさん名物ちく天。
天めんさん名物ちく天。


今回は、妻の雨ガエル2号さんとお邪魔しました。
肉天うどん550円、肉うどん500円、ちく天2本200円で合計1250円。


天めん
肉天うどんは雨ガエル2号さんの注文です。


何度食べても美味しいです。
また来ようとおもいます。


納車から半年間で1万1000キロ走りました。

昨年10月にスーパーカブ110が納車されてから
約半年間で1万1000キロほど走りました。


これまでに・・・
リヤショック「SP武川製」
タイヤ前後「ミシュランM45」
排気系&吸気系「BRDステンレスマフラー&スーパーエアBOX」
ドライブチェーン「RK-GS420MRU」
を交換しました。


コンセプトは、見ためが派手にならない、
音がうるさくない、気持ち良く走るです。
お陰で、見た目ノーマルで気持ち良く静かに走れるようになりました。


気持ち良さとは、個人でそれぞれ違うと思いますが、
私の場合は、速いとかパワーが凄いとかではなくて、
のんびり走ってもちょっとスポーティーに走っても
ストレスなく走れる事が楽しいと感じることです。


例えば、パワーが出ても低回転域が著しく犠牲になるチューニングは、
今の私には向いていないと思います。
気軽に乗れて、それでいて思ったよりバイクとしての基本性能が
しっかりしているスーパーカブ110が今一番合っているのです。


カブのフロント周り
カブのフロント周り。


大型バイクを所有していた時は、今のように気軽には乗れなかったし、
出かける回数も著しく少なかったです。
スーパーカブでツーリングをするようになるとは思ってもみませんでした・・・(笑)


これだけ乗ることが楽しいカブ君に対しても、
人間様の飽くなき欲求は留まる所を知らないのです。
楽しさを、あと一歩踏み込みたい!


スーパーカブ110で後一つ触っていないところがあります。
それは・・・フロントサスペンションです。


カブのフロント周り
カブのフロント周り。


せっかくテレスコピック式のフロントフォークが採用されているのだから、
カブ君の前足、もう少し踏ん張ってもらえると嬉しい。
何か良い対策ありますか?


硬さは、今のままでも良いのですが、
フォークの沈み込みに腰が欲しいです。
フルボトム付近の突き上げがもう少し和らいでくれると嬉しいのです。


フォークオイルを少し硬くしてみようか?
フォークスプリングは何かあるかな?
油面調整で少しは変わるかな?


無理な注文なのでしょうねえ。わかっているけど言ってしまう。
なぜなら、それだけカブ君が素晴らしいからです。


ホンダさん罪ですよ・・・

ツーリングで昔を思い出す・・・RG250E&Z250FT。

スーパーカブ110に乗るようになって、
のんびり走るせいか、景色を見ながら走るようになりました。
すると不思議なことに、昔のことを思い出すことが多々あるのです。
先日も奥多摩へツーリングに行き、周遊道路を走っていると、
料金所を見てまたまた思い出していました。


奥多摩周遊道路・奥多摩湖側料金所跡。
奥多摩周遊道路・奥多摩湖側料金所跡。


奥多摩へ初めてバイクで行ったのは、高校生の時。
バイト先の大学生のお兄さんと2台で行きました。
当時の奥多摩周遊道路は有料道路で、料金所でお金払っていたんです。
いくらだったかなー?忘れてしまいましたが、
ガソリン代すら頑張って捻出していたので、
有料道路の代金が懐に優しくなかった記憶があります(笑)


あの頃、400ccのバイクがとても人気があり、
各メーカーから様々なバイクが続々リリースされていました。
私は、雑誌の広告を見ながら心がときめいたものです。
でも、実際は車検のある400ccは、維持費も含めて
とても高価な乗り物で遠い存在でした。
・・・今の方が遠い存在かもしれないo(;△;)o エーン


当時250と400は、共通のシャーシーを使用していましたので、
250は重くて、お世辞にも良いバイクとは言えなかったかなー?
そんな時、250専用設計でスズキのRG250Eと
カワサキのZ250FTがリリースされていたのです。


スズキ・RG250E
車両重量  126kg
エンジン  2ストローク空冷・2気筒
最高出力  30PS/8,000rpm
最大トルク 2.9kg-m/7,000rpm
車両価格  295,000円


RG250Eのパンフレット。
RG250Eのパンフレット。
オオーw(*゜o゜*)wー懐かしいGPの押しがけスタートシーンです。



RG250Eパンフレットの中身。
RG250Eパンフレットの中身。


カワサキ・Z250FT
車両重量   153kg
エンジン   4ストローク空冷・2気筒
最高出力   27PS/10,000rpm
最大トルク  2.1kg-m/8,000rpm
車両価格   338,000円


Z250FTのパンフレット。
Z250FTのパンフレット。
シンプルですねー、美しい!今でも欲しくなる・・・



Z250FTパンフレットの中身。
Z250FTパンフレットの中身。


あの頃、とても素晴らしいバイクが出てきたなーと感動したものです。
あれから数十年、元気に走っている姿を1度だけ見ました。
素晴らしいですね。大切に乗ってあげてください<(_ _)>


今のバイクと比べても数字だけは劣っていない!
でもRGは煙モクモク、オイルピチピチ飛んで後ろを走りたくなかったなー。
Z-FTは良くできたバイクだと思いましたが、少し地味だった?


先日、ニンジャ250のエンジン音を聞いた時、
妙にFTと似ているように感じましたよ。


以上、昔の思い出でした。

スーパーカブ110・奥多摩周遊道路二輪車規制解除ツーリング!!

先週、ドライブチェーン「RK-GS420MRU 」を交換してから数日間、
通勤に使用した感想ですが、ノーマルのチェーンより静かですねー。
でも、フリクションが少ないとか走りがスムースになったとかは、
残念ながら感じとることが出来ません。


そこで、ツーリングに行ってチェーンの感じを
もっとしっかり確かめたいなーと思っていました。
だって、ゴールドチェーンなんですよぅ!
カバーで覆われて見えないけど・・・「粋」なんです!


外から見えないゴールドチェーン「RK-GS420MRU 」
外から見えないゴールドチェーン「RK-GS420MRU 」。


今日は、冬の間凍結が心配で行けなかった奥多摩方面へ。
奥多摩周遊道路の二輪車規制も解除されたようなので、
様子を見に走ってきます。


まずは、自宅を出ていつもの宮ケ瀬ダムへ・・・
途中の愛川町にある服部牧場さんでカブ君と一緒に記念撮影。
お馬さんが気持ち良さそう。


服部牧場
服部牧場。


宮ケ瀬湖を起点に国道20号線藤野駅から佐野川を抜け、
県道33号線の甲武トンネルを通って、
桧原街道から奥多摩周遊道路へ向かいました。
相模原市緑区付近を走行中は天気が良かったのに、
甲武トンネルを抜けて東京都の桧原街道へ出る頃には
曇りがちになり、少々肌寒い!


桧原街道を奥多摩周遊道路までトコトコと走ります。
ゆっくり走っていると、シングルエンジンのトルク感が心地良いです。
このように緩やかな登りが長く続く場面では、
低回転域でもトルクの増したBRDチューンの恩恵を感じます。


春を感じたいと願いながらも寒くて感じられない(泣)
ソメイヨシノは終わりかなー・・・しだれ桜が綺麗です。


奥多摩周遊道路に入り、都民の森駐車場でトイレ休憩。
あー寒い!ウェアのチョイスを誤りました。
バイクって季節を肌で感じられるから最高ですね゜゜・o(iДi)o・゜゜


寒いなーと思いながら景色を眺めていると、
センス良くカスタムされたカブ君2台が駐車場に入ってきました。
私の隣に駐車したので「こんにちは!」と軽く会釈。
綺麗なカブを見ると自然と挨拶がでます。


さてさて、奥多摩湖に向かって出発です。
都民の森から周遊道路最高地点を過ぎると、
奥多摩湖までは下りです U ̄― ̄U ニヤリ
車に突かれることもなく、大型バイクの邪魔にならず、
BRDウルトラカブの本領発揮で気持ち良く走らせてもらいます。
・・・気持ち先行型ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


路面補修が実施されたのかなー?
アスファルトがとても綺麗で走りやすい!
奥多摩周遊道路は、コーナーが適度なアールで私は昔から好きです。
若い頃は、お金を払って走ったものです。
あー、またまた昔の話をしてしまいました。


下りのコーナーを3速・4速でシフトアップ&ダウンを
繰り返しつつ乗っていると、実に気持ち良い!
カブ君独特のシフトテクニックに磨きをかけるべく練習です。


アールの大きめなコーナーで後輪に荷重を意識して
スロットルを開けていくと、腰骨から背中にかけて
縦方向に重力が感じられ、車体の安定が増します。
この感覚がバイクなんですよねー。
カブ君、相変わらず良い仕事してくれる!


下りの直線からヘアピン状のコーナーへのアプローチ・・・
少々強めなブレーキングと2段落としのシフトダウンで進入・・・
フロント周りからブルブルと振動が・・・ひぇー怖い!
寝かしこみ失敗で加重をかけられず、バイクは寝れども曲がらない状態!
いたずらにステップだけガリガリと擦っている・・・
失速して立ち上がりメロメロ・・・カッコ悪い(´~`ヾ) ポリポリ
今日は、この辺で許してやるか~。


「奥多摩周遊道路」奥多摩湖側の入口。
「奥多摩周遊道路」奥多摩湖側の入口。


おっと、ドライブチェーンの状況を確認しながら走らないといけません。
・・・確かにノーマルのドライブチェーンに比べると静か。
スロットル全開時のバイクフィーリングがマイルドになったように思う。
チェーンのジャーッという作動音と振動が少なくなって、
あきらかにストレスが軽減します。
カブ君でツーリングされる方には超お勧めかと思います。


やはり気になるのが、この静粛性はどれくらい続くのかなー?
耐久性は・・・?です。
ノーマルチェーンは1万キロ使用したので、
シールチェーンを1万キロ使用した時に結果がわかります。


シールチェーンだからと言って手を抜かず、
こまめなメンテナンスを心がけながら使って行きたいと思います。


今回の燃費は、約220キロで、3.1リットル入りました。
約70キロ・・・素晴らしい!
I LOVE CUB.


今日は奥多摩湖の水位が低かったですよ。
梅雨に向けてダムの水を少なくしているのかなー?
梅雨に雨が少なかったら水不足にならないの?
心配をしてしまった雨ガエル1号でした。


水の少ない奥多摩湖
水位の低い奥多摩湖。


平日の奥多摩周遊道路は、
春を向かえ新緑が気持ち良くお勧めです。
今回は、寒かったけど・・・

カブ君で下見しています!箱根仙石原「ソロピッザ 」さん。

お風呂の後は、お腹が空いてしまいましたので、
仙石原にある「ソロピッザ」さんでピザを食べて帰ります。


「天山湯治郷」から国道1号線へ戻り、宮ノ下から
国道138号線箱根裏街道を仙石原へ向かいます。
仙石原交差点手前を右に入り、
静かな別荘地のような登坂路を登って行き・・・
Y文路が見えてきたら、右側がお店の駐車場です。
店の外観からは、落ち着いた雰囲気を感じますよー。


ソロピッザ 入口
ソロピッザさん入口。


店内は、木製のテーブルと椅子が置かれ、
店の奥にはレンガで詰まれた暖炉があり、とても良い感じです。
私達がお邪魔した時は、オープンしたばかりの時間でし、
まだお客さんはいませんでした。
でも、食事が運ばれるころには沢山入ってきて盛況でした。


箱根仙石原・ソロ・ピッツァ店内の様子
店内の雰囲気。


ピザ専門というだけあって、厨房の奥には大きなピザ釜があり、
気分が盛り上がってきます。


ピザといったら、私はやっぱりマルゲリータ!
何処のピザ屋さんに行っても、まずはマルゲリータを注文します。
マルゲリータが美味しいお店は、他のものも美味しいはずと思うから。
そんなに美食家ではないのですが、一応ブログですので、
それらしく書いておきますヾ(@^▽^@)ノわはは


妻の雨ガエル2号さんはというと、
メニューを見ながらサクサク決めている・・・(―’`―;)ムムッ
私は料理良くわかんないし、お任せします。


ということで、今日の注文は、
ピザ・・・マルゲリータ、プロシュート(生ハム)
サイドディッシュ・・・ジャガ芋と新玉ネギのポタージュスープ
飲み物・・・ジンジャーエール
にしました。


ジンジャエール
はい、ジンジャーエール登場。


ジンジャーエール、値段忘れましたm( ̄― ̄)m ゴメン
濃い色の辛口です。ウィルキンソンかなー?
レモンが添えられています。


新じゃがと新玉ねぎのポタージュスープ
ジャガ芋と新玉ネギのポタージュスープ登場。


ジャガ芋と新玉ネギのポタージュスープ(800円)。
揚げた玉ねぎがトッピングされていて香ばしく、
クリーミーなジャガ芋のポタージュのアクセントととしてグー。
2号さんが好みそうな味です(笑)


マルゲリータ登場。
マルゲリータ登場。


マルゲリータ(1600円)。
唐辛子入りのオリーブオイルをサラリとかけていただきます。
うん、美味しい!やはりピザはマルゲリータです♪


プロシュート
プロシュート(生ハム)登場。


プロシュート(2200円)、生ハムのピザです!
たっぷり乗せてあるのですが、私には少々しょっぱかったかな~。
でも、ルッコラの葉っぱは好き。


さて、お腹も一杯になったし、ゆっくり帰りましょうね。
ごちそう様でした。


こんどは、カブ君で出掛けたいな~。



カブ君で下見しています!箱根温泉「天山湯治郷」。

さて、お腹も一杯になってのんびりしたくなりました。
そこで以前から気になっていた・・・
箱根温泉「天山湯治郷」へ寄りました。


小田原から、国道1号線を湯本へ向かい、
箱根新道を須雲川ICで降ります。
降りた所が箱根旧街道なので、
湯本方向へ戻る感じで左に曲がり、
数キロ進むと、左に天山湯治郷の看板。
急な下り坂を行くと、駐車場が見えてきます。


天山駐車場
箱根・天山湯治郷の駐車場。


敷地内には、宿泊湯治の「羽衣」と、
お風呂のみの「一休」も併設されていますが、
今日は、日帰り温泉施設の「天山」にお邪魔します。
庭園内の桜が綺麗な感じで迎えてくれます。


天山入口。
天山入口。


階段を登ると券売機が設置されており、
お一人様1200円の入館料です。


天山券売機
券売機。


天山門
階段上の門。


入口
玄関。


さらに階段を登り門をくぐると、立派な玄関が見えてきます。
打ち水がされており、おもてなしの心が感じられます。


館内は右、左と曲がりながら進むので、
少々わかりにくいような感じでしたが、
とても綺麗で、清掃が行き届いているようです。


無料休憩所は、平日だというのに満員で
立ち入れませんでした。休日はどうなってしまうのだろう・・・
貸座敷が有料でありますが、今回はパス。
天気も良いので、中庭を見てみました。


天山中庭
中庭の状況。


風もなく、日差しが穏やかで気持ち良い!
樹木の新緑が目に優しいです。


天気が良ければまったり出来ますよ。
天気が良ければまったり出来ますよ。


さあ、お風呂へ行く事にしましょう。
湯船は、基本露天で源泉かけ流し。
泉質は、塩化物泉と美肌効果の高い
PH9.7のアルカリ性単純泉だそうですが、
洗い場も露天でしたので、真冬は寒くないかな?


風呂上りにもう一度中庭で休憩。
穏やかな春を堪能ですヽ(  ̄○)ゞ。O○ファ~~♪


天山パンフ
天山パンフ。


パンフレットによると・・・
入館料  大人1200円
      子供 630円(1歳~小学生まで)
入館受付 朝9時~夜10時 閉館11時
定休日  無し


とても綺麗でおもてなしの心を感じました。
なかなか良い日帰り温泉でした。
人気があるのもうなずけます。


で、雨ガエル2号さん、夕飯食べて帰るんでしょ!


続く

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: