スーパーカブ110で行く房総半島ツーリング。

1月の中旬に愛車カブ110で
千葉の房総半島をツーリングしてきました。
2泊3日で行って来たのですが、
感想から言わせていただきますと寒い!の一言でした。
でも、天気は最高でしたよ!


朝5時半に目を覚まし、顔を洗って、
雨ガエル2号さんを起さぬよーにそーっと出発。
昨日の晩に、準備は万端整えておいたのでスムースな出発でした。
遊びと言うと抜かりがない!我ながら呆れてしまいます。


太陽が昇るころには都心を抜けて稲毛のマグドナルドで朝マック。
1時間ほど体を温めていざ出発。


国道14号線から16号線へ入り、袖ヶ浦へと至る。
平日の国道は大型車が多いものの、
原付2種のカブ君も順調に走ってくれています。
なるべく仕事中の車を邪魔しないようにしないとね。
木更津を過ぎ、富津岬へ到着しました。


富津岬展望台。
富津岬展望台。


初めて来るこの場所は、対岸の観音崎から
何度か見ていて気になっていたのです。
この展望台、とてもユニークな形です。
近代的と言うかとにかく目立つ。
さっそく上まで登って見る事にしました。


富津岬、第一海堡。
富津岬、第一海堡。


展望台からは、東京湾越しに横須賀がよく見えました。
さすが世界有数の貿易港の入口です、
大型船がひっきりなしに往来していました。
船が好きな人にはたまらないのでしょうね。


金谷の東京湾フェリー。
金谷の東京湾フェリー。


富津岬を後にして、国道127号線内房なぎさラインを南下、
フェリーでおなじみの金谷フェリーターミナルに来ました。
丁度、久里浜からの船が入港するところでした。


対岸の横須賀。
対岸の横須賀。


横須賀が本当に近く見えます。
向こうにいる人が歩いているのが見えました。
空気が澄んでいるとこんなに良く見えるんですね・・・嘘です。


続いて、訪れたのが洲崎。
房総フラワーラインに入り突端まで行くと、
高台に立つ洲ノ崎灯台が見えて来る。
標識を見ながら進むと、灯台の登り口がありました。
車の人は駐車場が少ないので、奥まで行かずに
手前の駐車場に止めることをお勧めします。


洲ノ崎灯台。
洲ノ崎灯台。


階段を登りきると視界が開け、灯台が現れます。
洲ノ崎灯台からは大島が目の前に見えています。
あまりにも大きく見えていたので三浦半島かと思っていました。
方向音痴ですいません。


大島。
大島。


今夜は、館山のペンションに泊まるので場所を確認します。
まだ時間が早いなー。
少し先まで行ってみようと、房総フラワーラインから
野島崎灯台へ向かいました。
この灯台は、数百円を払って灯台に登ることが出来ます。


野島崎灯台。
野島崎灯台。


灯台から海に歩いて行くと、
突端の岩の上にベンチが設置されています。
夕日を見るには最高の場所ですねー
ちなみに、大島、新島、三宅島まで見えましたよ。


さてさて、今夜のお宿へ向かいます。


野島崎のベンチ。
野島崎のベンチ。


翌日・・・今朝も良い天気で寒いです!
今日は、九十九里の白子まで行く予定。
まずは、昨日行った野島崎灯台を見ながら、
国道410号線を鴨川方面へひた走ります。


鴨川がもう少しというところで、魚見塚展望台の標識が・・・
聞いた事もないので行ってみる事に???


狭い住宅街の上り坂をトコトコとカブは登って行きます。
駐車場にカブをとめて歩くこと15分、林の中に階段が現れる。
登りきった先に展望台がそびえたっていました。
魚見塚展望台です。


魚見塚展望台。
魚見塚展望台。


展望台からは、太平洋が一望でき、
鴨川の町並みと海岸線がとても綺麗に見られました。


魚見塚展望台からの太平洋。
魚見塚展望台からの太平洋。


うーん、こんな場所を見つけられるから
カブでのツーリングはやめられないんです。


魚見塚展望台からの鴨川市街。
魚見塚展望台からの鴨川市街。


鴨川から養老渓谷に向かって
迷いながら何とか白子までたどり着きました。
余裕のない時というのは写真もとれません。
みなさん、旅はしっかりとした地図かナビゲーションを利用しましょう。


今夜の宿は、国民宿舎です。
九十九里からの海を眺めてお宿に向かいます。
温泉で体を温めたい・・・
明日は、のんびり帰るとします。


九十九里浜。
九十九里浜。


房総半島は、広い!
大型のバイクに乗っていたころは
あっという間に通過していましたが、
カブでゆっくり走るとその大きさに気付かされます。
天気に恵まれて良かったです。


今回は、詳しい走行データを記録しておかなかったので
正確な燃費データをお伝えできませんが、
おおよその燃費はリッター65キロ位走っていると思います。
凄いですねスーパーカブ!


房総半島また来たいと思いましたよ。

スーパーカブ110・BRDチューンでツーリングインプレッション。

BRDウルトラカブにチューニング後、
初のツーリングに行ってきました。
今回は、宮ケ瀬ダムの鳥居原の館を出発して、
県道64号鳥屋から国道413号線(道志みち)を
山中湖に向かってみました。


真冬に比べると暖かくて、ウキウキしてきます。
道路は空いていてインプレするには最良の状況です。


いつものように、宮ケ瀬湖畔の北岸道路を気持ち良く流す。
まるで排気量が違うバイクに乗っているようです。
ノーマルだと、4速で速度が低下してしまう登板路を
4速ホールドのまま普通に登って行く・・・素晴らしい!
トルクアップしているのですねー。


湖畔のコーナーは、時折3速にシフトダウンしながら、
立ち上がりでスロットルを開けてみる。
オオーw(*゜o゜*)w―オートバイのような動きです。


スロットルを開け気味でトンネルに進入すると、
ノーマルより明らかに力強い排気音が響いています。
振動は全体的に多いように感じます。
でも、不快なものではなく、バイク特有の鼓動と感じられます。


春の蛭ケ岳・跳ね馬
鳥居原の館で少し休憩・・・
蛭ケ岳の跳ね馬がだんだん消えて行きます、春ですね!



さてー、山中湖に向かってスタートです。


9のぞろ目
9のぞろ目。


1万キロ達成
1万キロ達成。


山梨県境の両国橋付近で、9のぞろ目パーティーと
1万キロ記念式典をとり行う運びとなりました。
パチパチパチ o(^―^)o☆o(^―^)oパチパチ
昨年10月に納車されてから半年での達成でした。


のどかな山間部のコーナーを3速、4速で
トコトコと走ってきましたが、
ノーマルよりトルクが増して、乗りやすくなっています。
少し回転を上げてみましょう。


2速、3速とスピードメーター内に表示された
許容回転域まで全開にしてみました。
ノーマルの時よりパワフルで、高回転域のピックアップが良くなっている。
でも、パワーが物凄くあるとか高回転のパンチが凄いとかではなくて、
エンジンの持っているパフォーマンスが解き放たれた感じで、
ストレスなく気持ち良いエンジンなんです。


立ち上がりでスロットルを開け気味にすると、
ノーマルに比べると明らかに曲がっていこうとする挙動が感じられます。
この感じ嬉しくなります。
心の中で「こいつはカブなんだ!」と唱え続けないと、
スポーツしてしまいそうです。


山中湖から三国峠へ登ってホッと一息!
山中湖から三国峠へ登ってホッと一息!


富士山と山中湖をバックにしばしボーっとします。
お昼に、吉田うどんを食べて帰路につくことに。


帰りも、道志みちを流します・・・
つい気持ち良いので走りに没頭してしまう。
先日交換したミシュランM45も良い感じで剥けてきたので、
本領発揮しています。とても走りやすい。


自然とペースも上がってきたところで、
リアサスの落ち着きが悪いかな?


武川製リヤショック。
武川製リヤショック。


せっかく武川製リヤショクを装着しているのだから、
スプリングレートを2段目にあげてみました。
オオーw(*゜o゜*)w―ちょっと良い感じです。


コーナーの立ち上がりでグィーンと縦に重みを感じる時に
とってもオートバイになっています。
って、抽象的な表現でわからないですね。
ごめんなさい。


各コーナーで、ことごとく私の想像を超える
走りをするカブ君に脱帽です。


流している自動二輪車にはついていけますねー。
飛ばしている自動二輪車は、カブ君を抜きにくそうですねー。
お先にどうぞ!
4輪車は、特に気になりませんでした。


調子が上がり始めたので、ブレーキを強めにかけるようになる・・・
フロント周りからブルブルと振動が・・・
構わずもっと強めにかけていくと、ちょっと怖い!


カブの主張が始まりました。
「おいおい、ビジネスバイクなんだぜ!」
了解、のんびり帰ります。


要するに、異次元のスピードではなくて、
普通の速度域でも楽しく走れてしまうのがスーパーカブ110で、
BRDのウルトラカブにすると、
その傾向がもっと顕著になるように感じますヾ(@⌒▽⌒@)ノ


帰りに、いつものスタンドに寄って燃料補給をしました。
今回約200キロで3リットル位でしたから、
66キロ強という感じです。


おー、相変わらず良い燃費ですこと。
信号が少ないし、後半はゆっくり走ったので、
燃費の落ち込みが少なかったのかもしれませんね。


結論です。
BRDのウルトラカブは最高です。
この価格でこの変化は大満足。
ポン付けですから、簡単にノーマルに戻せます。


これ以上のパワーアップは、
車両の寿命を短くするかもしれません。
正直なところ、ノーマルよりエンジンをマックスまで
回す機会が増えましたので、
カブ君には優しくないでしょうね。


ノーマルの超静かで、振動の少ないマイルドな特性を
好む方には、BRDチューンはお勧めしません。
ノーマルは、膨大なデーターと沢山の実験で
最大公約数的な仕上げだと思っています。
もちろん耐久性に関しても同じでしょう。


チューニングすることによって、
全てが良いことばかりではないことを理解して、
ウルトラカブを楽しめる方には、
とても良い選択になると思いますよ。


BRDレーシングのビトッチさんに感謝、感謝です。
これからも頑張ってマフラー作って下さい。

スーパーカブ110・箱根ショートツーリング。

BRDチューンをしてから、
用事も無いのやたらとカブに乗りたくなる。
天気も良いので、次の休みに雨ガエル2号さんと
出掛けるための下見を兼ねて、
箱根までちょいとツーリングしてきました。


国道1号線を小田原から真鶴へ向かい、
湯河原から椿ラインを抜けて箱根を回ってきました。


相変わらずカブ君は、絶好調で気持ち良く走ってくれます。
西湘バイパス無料化の影響か?
国道1号線が空いているように感じます。
小田原港の早川から左折し、真鶴方向へ向かいます。
海岸線の道路は、風もなく穏やかなオーシャンビューが気持ち良い。


真鶴道路を避けて旧道を走ります。
民家も沢山あり道も狭いので、
トコトコとゆっくり走っていると、黒いカッコ良いカブ君と
すれ違いました。(こんにちは!・・・ポポポポーン♪)


湯河原から椿ラインへ入ります。
椿ラインの登坂路を苦も無く登る・・・(‥ )ン?
そんなわけありません。
いくらBRDチューンしたとは言え、
椿ラインの登りを100ccちょっとのバイクが
鼻歌で登れるわけがありません。


4速では辛い!
でも、3速と2速を使えばビンビン登りますので、
4輪車の邪魔にはなりません。
さすがに大型2輪の邪魔にはなります。ヾ(@^▽^@)ノわはは!
先に行ってくださいm( ̄ー ̄)m


ノーマルで走った時の記憶をたどると、
確か、エンジンをあまり回さなかったと思います。
というより、無理して回っているような感じがして、
回す気にならなかったと言うのが、適切な表現かもしれません。


大観山に着くと、富士山と芦ノ湖が綺麗に見えます。


大観山と富士。
大観山と富士。


たしか、2号さんと来た時は、見えたためしが無い・・・雨女~
寒くなく暑くなく、風も少なめでしたので、
ベンチで30分ほどボーッとしていました。


大観山からの富士。
大観山からの富士。


次に、大観山山頂から県立駐車場(箱根駅伝往路のゴール)へ下り、
芦ノ湖湖畔でまたまた休憩・・・
富士山が綺麗だー!富士は日本一の山。


芦ノ湖と富士とカブ。
芦ノ湖と富士とカブ。


ではでは、帰路に付きましょう。
今日は平日、箱根旧道の畑宿を通って帰ります。
コーナーを楽しむぞーと思って旧道へ・・・
お玉が池前のゆるいS字を3速でビューンと抜ける。


うーん、この感じがノーマルと違って顕著なんですよねー。
なんて表現しよう・・・
バンクしている状態からアクセルを開けていくと、
荷重がジワーとかかって来て、
安定性と旋回性が増してくるって感じです。


ノーマルより、僅かに高回転が良く回るだけで、
こんなにコーナー特性が違うと感じられるのは、
小排気量車ならではと思います。
楽しいですねスーパーカブ!


凄くカッコ良い隼君が峠茶屋付近を走っていましたので、
後ろに付きました。
ヘアピン2つ抜けたら道を譲ってくれた・・・?
ふぇー、ここで譲られても期待に応えられるかどうか。


この先なだらかに下る直線です。
隼君だったらスロツトルちょっと動かすだけでバビューンです。
まずい、邪魔になってしまう・・・!
一生懸命走って、七曲りへ進入。


相変わらず下りのハードブレーキは厳しい。
箱根旧道名物七曲ではステップがカリッ!
右コーナーではもっと速くブレーキペダルがカリッ・・・怖い!
一生懸命走ってはいけません。


隼さん、譲ってくれてありがとうございました。
でも次回は、遠慮しておきます。m( ̄ー ̄)m


そんなこんなで小田原からまたまた1号線を帰ります。
早川の信号待ちで、アドレス君が横から抜けて前で止まりました。
オオーw(*゜o゜*)wー音が凄い!!
社外のマフラー付けてますねー。サスペンションも変えてます。


ちょっと一緒に走りたくなっちゃったので付いて行きます。
シグナルチェンジ!


1速:スタートダッシュはさすがアドレス君。カブ君2車身くらい離されます。
2速:まだアドレス君先行です。さらに差が開く3車身くらい。
3速:差が開かなくなる。後半スピードが乗り、差が詰まりだす。
4速:どんどん差がつまり並んでしまいました。


アドレス君と並んだところで次の信号です。
信号待ちでアドレス君のライダーはカブ君を見ています。
どうぞどうぞ見てください。


ノーマル然としているからわからないでしょ!
何故そんなに速いの?って思ってくれると嬉しいんだけど。
カブは遅くないんだよーと心の中で話しかけていました(笑)


BRDチューンは本当に気持ち良い。
ものすごくパワフルになったというのではなく、
全体的にトルクフルになって、
高回転域がスムースに回るような感覚です。


だからついついマックスまで回してしまうのです。
こんなに回して大丈夫かなーといつも思っています。
ビトッチさんのウルトラカブは、バンバン回して
3万キロ超えてもトラブル無いそうです。
実際乗せていただきましたが、
エンジンがバテている感じはありませんでした。


でもオイル管理だけはしっかりしましょう。
私もそろそろ交換です。


今回の燃費は、約220キロで3.8リットル位入りましたので、
57キロちょっとです。
まったく良い燃費ですこと。

ブログランキングバナー
カウンター
ツイッター
@amagaeru_1ツイッター
インスタグラム
雨ガエル1号
@amagaeru1インスタグラム


雨ガエル2号
@amagaeru2インスタグラム
ブログ内検索
プロフィール

雨ガエル1号・2号

Author:雨ガエル1号・2号
2010年に大型バイクからスーパーカブ110丸目に乗り換え、現在はクロスカブに乗っているバイク大好きおじさん雨ガエル1号(私)と110丸目に乗る雨ガエル2号(妻)の二人三脚ブログです。

雨ガエルってどんな奴?
雨ガエルってどんな奴?


雨ガエルってこんな感じです
雨ガエルってこんな感じです

記事一覧
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
雨ガエル1号が乗っているクロスカブ
RCR HANG OUT
コンプリートクロスカブ119


↓ハングアウトカブの雨ガエルレポート↓
SUGOのレース結果とカブの可能性。
Youtube動画

雨ガエル2号、開田高原走る
雨ガエル2号、開田高原走る

雨ガエル1号の八の字走行
雨ガエル1号の八の字走行

BRDパワーボックス取付け方法
BRDパワーボックス取付け方法

最新コメント
管理画面
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
頂いたメールには全てご返信していますが、
たまにその返信が届いていない、もしくは、
迷惑メールフォルダへ 入ってしまう場合が
あるようです。
当ブログはYahooメールを使っております。
ご利用のメール受信設定によっては
このような現象が起こりますので、
恐れ入りますがご了承下さいませ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: